サンピエール、ディアスを完封 - UFC 158 メインイベント結果

UFC 158のメインイベントの結果は以下のとおり…。
3月16日モントリオール-ジョルジュ・サンピエールは土曜の夜にベル・センターでマット・ヒューズが保持していたUFC最多勝利記録(18勝)と並び、さらにホール・オブ・フェイマーのヒューズが保持していたウェルター級の最多タイトル防衛記録(8度防衛)を抜き去った。しかしこれらの偉業も、UFC 158で対戦した、一年半近くに渡る凝縮された因縁を持つ相手、宿敵ニック・ディアスを5ラウンドにわたり完全にシャットアウトし、ユナニマス判定での勝利を獲得したその満足感と比べれば、その色を失うたろう。

「個人的に受け止めたことはない。」サンピエールは時として白熱すくこともあった戦前の両者のやり取りをそう語った。「ニックはベテランだし、実際私はニック・ディアスの大ファンなんだ。それが私がこの試合を望んだ理由のひとつだ。」

三名のジャッジが同様に50-45と採点すると言う、失望すべき結末の後、ディアスは引退をほのめかした。

「これをまだやりたいのかどうか、俺は考えなくてはいけない。」ディアスは語った。「これ以上なにかある、とは考えていない。MMAはやりきった、そう考えている。」

サンピエールはこれまでの在位で、特別なファイターをまるで普通のファイターに見せてしまうことができると言うことをすでに証明してきており、今夜の試合もまさしくそんな試合だった。

ディアスを迎えたブーイングの大きさからすると、王者がそれ以上の大歓声で迎えられるとことを信じるのは難しいほどであったが、実際にGSPがオクタゴンへと向かうトンネルに姿を現し、足を進め始めると爆発的な歓声が沸き起こり、その後もGSPを歓迎する声援は一向に鳴り止むことを知らなかった。

サンピエールがオクタゴンにかけられた4段の階段を登る間もディアスは落ち着きなく動き回り、金網を揺らしながらGSPに近づくようなそぶりを見せた。ブルース・バッファーに名前をコールされた両者はグローブを合わせることなく即座に攻防を開始した。

サンピエールは試合が始まるとほとんど一瞬のうちにテイクダウンを奪った。ディアスはボトム・ポジションから得意の柔術ゲームで迎え撃った。ディアスの仕掛けをパウンドで潰しながら、攻防がスクランブルになると、GSPはディアスのバックを奪いかけた。再び相手の背中をマットに押し戻したサンピエールがさらに強烈な打撃を振り下ろすと、ディアスは背中を見せながら立ち上がった。しかし強烈なスラムを繰り出すなど、攻撃の手を緩めるそぶりを見せないサンピエールに対して、ディアスはこのラウンドに反撃の糸口を見出すことはできなかった。

サンピエールの手堅い構えを崩すべく、スタンスをスイッチしたディアスは落ち着きをとりもどしたかに見えた。しかしこれもサンピエールの狙い通りか、GSPは即座にディアスをテイクダウンしその背中をマットに押し付けた。ディアスは背中をマットに付けつつも積極的に動いて仕掛け続けたが、サンピエールがポジションを妥協することはなく、ディアスに覆いかぶさりながら無数のパンチを頭部に落とし、そしてヒザをボディにめり込ませた。残り時間1分、ようやくディアスは攻防をスタンドに戻すことに成功した。特筆すべきことに、ディアスはサンピエールを挑発したが、GSPがゲーム・プランを投げ出すことはなく、スタンドでの攻防でもポイントを稼ぎ続けた。

サンピエールを罵倒し、そして挑発しながらディアスはサンピエールがミスを誘ったが、王者はその誘いには乗らず、もはや習慣的とさえ言えるそのテイクダウンを奪うまで、挑戦者を小気味良い打撃でもてあそんだ。しかしディアスは今度はすばやく立ち上がることに成功すると、サンピエールのジャブは数発被弾したものの、そのテイクダウンを食い止めると数発の強打を相手に叩き込むことに成功した。再びGSPのテイクダウンを受け止めたディアスはGSPを罵倒し始めると、そこから今回の試合でディアスにとって最も効果的な打撃で追い討ちをかけた。しかし残り時間45秒、サンピエールが試合の流れを取り戻すと、再びディアスをテイクダウンすることに成功した。

4ラウンドに入ってもサンピエールのジャブの切れ味が鈍ることはなく、このラウンドの最初のテイクダウンの試みが失敗に終わると、すぐに鋭いジャブで試合を組み立てなおした。ディアスもようやく距離感を掴み始めたもののその左目の周囲からは出血が見られるようになり、その劣勢を一層際立たせる格好になった。しぶといストックトンの男、ディアスは数発のヒザを相手に叩き込んだが、突然何の前触れもなくオクタゴンにそって歩き始め、GSPはこれを追いかける形になった。残り時間2分、GSPはディアスを再びテイクダウンすることに成功。すぐに攻防をスタンドに戻した両者だったが、GSPが再びテイクダウンを試みると、ディアスはそれをキムラ・ロックで迎え撃った。しかしディアスはこのキムラを形にすることはできず、サンピエールに圧倒的に支配される形でこのラウンドも終えることになった。

第5ラウンドもこれまでの4ラウンドと同様の展開が繰り広げられ、サンピエールがそのポジションを、コントロールを、そして彼のタイトルを失うような危機に見舞われる事態は発生しなかった。

この勝利でサンピエールの戦績は24勝2敗。ディアスは27勝9敗1ノーコンテストとなった。

両者の対戦はこれまでに2度、2011年の10月に開催されたUFC 137、そして2012年2月に開催されたUFC 143で予定されていたが実現はされていなかった。

メディア

最新
Catch up with featherweight contender Conor McGregor on the beaches of Brazil and UFC 179 stars Jose Aldo, Chad Mendes, Phil Davis and Glover Teixeira in the days leading up to their bouts in an all-new episode of UFC Embedded.
2014/10/24
ブラジル現地時間2014年10月24日にマラカニャジーニョ・ギムナジウムで行われたUFC 179の公式計量の模様。(Photos by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)
2014/10/24
Megan Olivi sits down with UFC light heavyweight Phil Davis for an extended interview. Hear Davis discuss life growing up, his famous pink shorts and his bout against Glover Teixeira at UFC 179.
2014/10/24
人気者コナー・マグレガーがブラジルで行われたUFC 179 Q&A終了後に報道陣の取材に応じる。
2014/10/24