ワンダーボーイ・トンプソン復活!:UFC 165 プレリミナリーファイト結果

UFC 165 プレリミナリーファイトの結果を見てみよう。
9月21日、トロント—— 土曜夜、エア・カナダ・センターで行われたUFC165のプレリミナリー・ファイトにおいて、ウェルター級の有望株・ステファン・"ワンダーボーイ"・トンプソンがクリス・クレメンツを2ラウンドKOし、再びその世界レベルの打撃力を見せつけた。

お互い予測困難な打撃スタイルを持つ両者だけに、1ラウンドは見応えのあるものとなった。クレメンツが後ろ回し足払いでトンプソンに尻餅を付かせれば、トンプソンもテイクダウンを奪うと、グラウンドで主導権を握ってみせた。そして2ラウンド、トンプソンの右が痛烈にヒット! ダウンしたクレメンツにトンプソンがパウンドを浴びせ、1分27秒で勝負を決めた。

トンプソンはこれで8勝1敗に。クレメンツは11勝5敗1分となった。

ジュリー vs. リッチー

ライト級有望株のマイルズ・ジュリーはこの日、以前の試合のような派手な勝利をあげることはできなかった。にもかかわらず、彼はモントリオールのマイク・リッチーに判定2-1で辛勝し、その無敗記録を守った。

採点は29-28が二人、 28-29が一人だった。ジュリーはこれで13戦全勝。リッチーは9勝4敗となった。リッチーに強烈なパンチを当てるジュリー

お互いが様子見で動きのなかった1 ラウンド。やや手数で勝ったのはリッチーだったが、ジュリーは終盤でテイクダウンを奪い、やや採点上有利な状態でラウンドを終えた。

非常に採点の難しいものとなった2ラウンド、手数はリッチーだが、強い打撃を当てたのジュリーか。

3ラウンド、テイクダウンを奪ったジュリーが採点上有利に立ったように見えたが、動きの少ない試合であることは変わらなく、観客も不満を露にし、試合終了までカウントダウンが起こるほどだった。

ヘイス vs. メンジヴァー

ブラジルのヴェテランウィルソン・へイスが、モントリオールのアイヴァン・メンジヴァーに判定3-0で勝利し、UFC初白星を得た。.

メンジヴァーにミドルを当てるヘイスジャッジは三者とも29-28でヘイスを支持。ヘイスはこれで17勝4敗に、メンジヴァーは25勝11敗となった。

1ラウンド、柔術家のヘイスは延々とスタンド戦につき合い、前に出るヘイスとカウンターを狙うメンジヴァーの攻防が続いた。しかし残り40秒のところで、ヘイスがテイクダウンを奪って見せた。

2ラウンド、相変わらず積極的に前に出るヘイスは、またもやテイクダウンを奪い自分のテリトリーで試合を進めていった。

3ラウンド、メンジヴァーは何度かヘイスのテイクダウンを防ぐものの、結局は倒されてしまう。ヘイスはそのまま試合終了まで上のポジションをキープしてみせた。

ゲイグノン vs. キムラ

バンタム級の二人の有望株、ミッチ・ゲイグノンダスティン・キムラは非常に見応えのある試合を展開し、1R4分05秒に地元のゲイグノンが一本勝ちを奪った。 キムラに左ストレートを当てるゲイグノン

「僕の行く手を阻む者はみんな倒すよ」と勝者は語った。ゲイグノンはこれで10勝2敗に、キムラは11勝1敗となった。

最初から激しい攻防となったこの試合、ホノルル出身のキムラが強い蹴りを放てば、地元カナダ、オンタリオのゲイグノンもパンチを返す。やがてキムラが強烈なボディがヒット! 効かされたゲイグノンだが、突っ込んできたキムラからテイクダウンを奪う。キムラも立ち上がるが、そこにゲイグノンは強烈なギロチン! キムラを落としてみせた。

ミッチ・ゲイグノンの試合後インタビューはこちら


マクデッシー vs. フォート

マクデッシーがフォートをKO モントリオールのライト級ファイター、ジョン・マクデッシーレニー・フォートを1ラウンドKOし、カナダ人としてこの日初勝利をあげた。

試合開始後、フォートはマクデッシーの打撃に恐れずスタンド戦を挑んでゆき、いくつか有効打を当ててせる。しかしリズムを掴んできたマクデッシーが反撃に移ると、フォートの強引な攻撃が目立つように。やがてフォートの大振りに合わせたマクデッシーのパンチがテンプルにヒット!倒れたフォートに追い打ちをかけたマクデッシーが2分01秒で勝利を飾った。

これでマクデッシーは12勝2敗に、フォートは8勝3敗となった。

マクデッシーの試合後インタビューはこちら

プラゼレス vs. ロンソン

接戦の末、ベレン出身のマイケル・プラゼレスが地元オンタリオのジェシー・ロンソンに判定2-1で勝利した。

スコアは29-28、29-28、28-29だった。

プラゼレスはこれで17勝1敗、ロンソンは13勝3敗に。

大声援を受けたロンソンだが、1ラウンドから苦境に立たされた。柔術家のプラゼレスにテイクダウンを奪われ、バックからチョークを極められかけたのだ。チョークを狙うプラゼレス

2ラウンドもテイクダウンを奪ったプラゼレスが優勢に進めたが、終盤ロンソンも打撃で反撃して観客を沸かせた。

3ラウンド、後のないロンソンは打撃で攻めたてる。しかしプラゼレスもテイクダウンで反撃。残り少なくなった時、ロンソンは気合いもろともプレゼレスをリフトしスラム! そのままパウンドを放っていったが、時すでに遅しの感が強かった。


キャセレス vs. デローム

バンタム級の新鋭アレックス・キャセレスが判定2-1で ウィニペグのローランド・デロームに勝利し、4連勝を記録した。

アッパーカットを当てるキャセレス採点は29-28、29-28、28-29だった。

これでキャセレスは9勝5敗1ノーコンストに、デロームは9勝2敗1ノーコンテストとなった。

1ラウンド、スタンドで主導権を握ったキャセレスだが、デロームの左でダウンを奪われてしまう。その後はグラウンドでデロームが優位に立った。

2、3ラウンドは軽いフットワークを見せたキャセレスが打撃で再び優勢に。TUF12の人気者のキャセレスは、そのままペースを握り続けて試合を終えた。

オミェランチェク vs. ゲルミーノ

 ヘビー級の新規参戦者二人、 ダニエル・オミェランチェクナンドール・ゲルミーノは激闘を展開した、最後はオミェランチェクがKO勝利を飾った。

試合開始と同時に、豪快な蹴りを交換する二人のヨーロッパの巨人。 オミェランチェクとゲルミーノの打撃戦そしてポーランドのオミェランチェクは、さらにグラウンドでも力を発揮し、優勢に立った。

2ラウンドも蹴りを交換する両者。オミェランチェクはここでもグラウンドで優位に立ったが、キムラロックを狙って自ら下になりオーストリアのゲルミーノに反撃を許してしまった。

両者に疲れが見えはじめてきた3ラウンド。力を振り絞ったオミェランチェクは左フックをヒット! ゲルミーノは崩れ落ち、オミェランチェクは追い打ちをかけて3分18秒、勝負を決めた。

この勝利でオミェランチェクは16勝3敗1分1ノーコンテストに、ゲルミーノは11勝5敗1分となった。

メディア

最新
ジョニー・ヘンドリックスとロビー・ロウラーの超待望のウェルター級タイトルリマッチ、そしてライト級のアンソニー・ペティスとギルバート・メレンデスの一戦の見所をじっくりと見てみよう!日本時間12月7日、ラスベガスで開催されるUFC 181でのウォリアー達の闘いをお見逃し無く!
2014/11/25
UFCの新コンテンツ、ランキング・リポートでUFCランキングの動向をチェック仕様。今週はマット・パリーノとフォレスト・グリフィンがフランキー・エドガー、エジソン・バルボーザ達のランキングでの動向を分析、さらにファンからの質問にも答える。
2014/11/25
リサ・フォイルズがTUF19の優勝者、コーリー・アンダーソンのUFC 181での対戦相手、そしてニュージャージーのプルデンシャル・センターで開催されるUFCに関する最新情報を解説。
2014/11/25
UFC 168にて、前2戦で見事な勝利をあげたトラヴィス・"ハパ"・ブラウンはジョシュ・バーネットを1ラウンドKOに仕留めて連勝記録を伸ばしてみせた。ブラウンはラスベガスで行われるUFC 181にてブレンダン・シャウブを相手にタイトル戦線への復帰を目指す。
2014/11/25