UFC 168 メインカード結果

UFC 168 メインカードの結果は以下の通り。
12月28日、ラスベガス。この日、ロンダ・ラウジーが5分間以上戦えることが証明された。デビュー以来7戦連続で一本勝ちを収めてきたラウジーは、土曜夜、MGMグランドガーデンアリーナで開催されたUFC 168の共同メインイベントの闘いにおいて、そのプロキャリアで初めて3ラウンド目を体験することとなった。しかしそれでも結果が変わることはなかった。ラウジーは因縁のライバル、ミーシャ・テイトを腕十字で仕留め、UFC 女子バンタム級王座を防衛したのだ。

「言い訳はしないわ」とテイトは言った。彼女は2012年にストライクフォース王座をラウジーに奪われ、さらにTUF18においてはラウジーとコーチ対決を行ったライバルだ。「今夜、彼女の方が強かったのよ。」

しかしこの日テイトは大健闘を見せ、ラウジーに苦戦を強いたのだ。

試合開始早々激しく打撃を交換した両者。ラウジーは距離を詰めてテイトに組み付く。テイトはテイクダウンこそ逃れたものの、フェンスに押し付けられて打撃を浴びてしまう。やがて試合がグラウンドにもち込まれると、下のテイトは三角締めを狙うがラウジーは防御。その後テイトが逆に上を奪うが、今度はラウジーが三角締めの体勢に入り、さらに下からパンチを繰り出してゆく。テイトが逃れて試合は再びスタンドに。テイトは何発かパンチを入れるものの、ラウジーが投げてテイクダウン! そこから必殺の腕十字を狙うが、テイトはエスケープして立ち上がる。しかしラウジーはまたもや豪快な投げを決めてみせた。やがて試合がまたスタンドに戻り、ラウジーが金網にテイトを押し付けているうちにラウンドが終了。これはラウジーがそのプロキャリアにおいて、はじめて1ラウンドを戦い切った瞬間だった。

2ラウンド開始前、ラウジーを未体験ゾーンに突入したことを知るテイトは微笑んでみせる。さらに、ラウジーにテイクダウンされても下からアップキックを当てたテイト。さらにラウジーは見事な投げから上を取るが、テイトもエスケープ。ラウジーがすかさず挑戦者を金網に押し付けたところで、観客からは「ミーシャ」の大チャントが。しかしラウジーはテイトの動きを止めて打撃を入れると、またしても投げてテイクダウン! ここからラウジーは再び必殺の腕十字狙いに行き、テイトの腕を伸ばしかける。しかし動き続けたテイトはエスケープに成功! それでも上をキープしたラウジーが打撃を落とすなかでラウンドが終了した。

3ラウンド。大きく口を開けているラウジーだが、ミーシャをまたもや金網に押し込んで、グラウンドに持ち込むことに成功。そこから素早く必殺の腕十字に入ると、万事休す。ラウンド開始後58秒、テイトはたまらずタップして試合は終了した。テイトはすぐにラウジーに握手の手を差し伸べたが、王者はそれに背を向けて立ち去った。こうして二人の遺恨がまだ収まっていないことを態度で示したラウジーは、大観衆からブーイングを浴びたのだった。

しかし重要なのはこのような態度ではない。彼女がこの夜に見せた闘いこそが説得力に満ちていた。

この勝利でラウジーは8戦全勝に、テイトは13勝5敗となった。

ラウジーの試合後インタビューはこちら


ブラウン vs. バーネット

ヘビー級コンテンダーのトラヴィス・ブラウンが、元UFCヘビー級王者のジョシュ・バーネットを僅か1分でKO、キャリア最大の勝利をあげた。これでブラウンは今年は無敗にして3試合KO勝利をマークすることとなった。

開始すぐに、激しい攻防が展開されたこの試合。バーネットがまず前に出て、ブラウンをフェンスに追い詰めて主導権を握ったかに見えた。しかしブラウンはそれを許さず、逆に強烈な膝を顔面にヒット! ここでタックルに入ったバーネットに対し、ブラウンは上から肘の雨! 開始後わずか1分でKO勝利を収めた。

この勝利で、今年すでにガブリエル・ゴンザガとアリスター・オーフレイムをKOしているブラウンは16勝1敗1分に。バーネットは33勝7敗となった。

ブラウンの試合後インタビューはこちら

ミラー vs. カモエス

ニュージャージー出身のライト級の強豪、ジム・ミラーがファブリシオ・カモエスを1R腕十字に仕留め、2012年12月以来の勝利を収めた。これでミラーは23勝4敗1ノーコンテストに、カモエスは14勝8敗1分となった。

試合開始後、二人の寝技の名手はスタンドで激しく打ち合う。優位に立ったカモエスだが、試合がグラウンドに持ち込まれるとミラーが上に。しかしリバーサルを決めて上になったカモエスはパウンドを浴びせてゆく。しかしこの一見ピンチの状態でも冷静なミラーはラバーガードから自らの左足首をフットチョークの要領でカモエスの首にこじ入れると、そこから腕十字へ! 腕を伸ばされたカモエスは3分42秒でタップした。

ミラーの試合後インタビューはこちら


ポアリエ vs. ブランダオ

ダスティン・ポイエが見事に1ラウンドでディエゴ・ブランダオからTKO勝利を収めた。ブランダオは計量を失敗したツケを払わさせることとなった。

1ラウンド。動き溢れる一進一退の攻防を展開した両者は、お互いに強打をヒットさせる。しかし時間が経過するにつれて、かねてから問題とされていたブランダオのスタミナが切れてゆく。チャンスと見たポアリエは近距離からボディを連打。ブランダオのガードが下がったところでポアリエは顔面を連打。打たれてもタフさを発揮して粘ったブランダオだが、ポアリエが一方的に打ち続けると4分54秒、レフェリーのマリオ・ヤマサキがが試合を止めた。

この勝利でポアリエは15勝3敗に。計量に失敗したブランダオは22勝9敗となった。

ポアリエの試合後インタビューはこちら

メディア

最新
アンソニー“ランブル”ジョンソンがUFCファイトナイト・サンノゼ大会で鮮烈な勝利を納める。試合後にジョー・ローガンのインタビューに答えるジョンソンの言葉を聞いてみよう。
2014/07/26
元オリンピック・レスラーのサラ・マクマンのトレーニング・キャンプにアルティメット・インサイダーが潜入。日本時間8月17日に開催されるUFCファイトナイト・バンゴー大会のオクタゴンで行われるマクマンの次戦をお見逃し無く!
2014/07/27
UFCファイトナイト・サンノゼ大会でマット・ブラウンとの5ラウンドの激闘を判定で制したロビー・ロウラーがジョー・ローガンに何を語るのかを聞いてみよう。ロウラーはUFCウェルター級王者のジョニー・ヘンドリックスへの次期挑戦権を手に入れる事になる。
2014/07/26
ファイトナイト・サンノゼ大会の試合後会見に登場したデイナ・ホワイト、ロビー・ロウラー、アンソニー・ジョンソン達の発言を聞いてみよう。
2014/07/26