「ジョビワン」ことベナヴィデス、フォースを用いてエリオットから一本勝ち

UFC 172プレリミナリーカードの結果は以下の通り。

4月26日、ボルチモア:土曜日にボルチモア・アリーナで行われたUFC 172 にて、フライ級トップランカーのジョセフ・ベナヴィデスがティモシー・エリオットから一本勝ちし、昨年12月にデミトリアス・ジョンソンに敗れて以来の復帰戦を飾った。

試合開始からラッシュを仕掛けたエリオットは、何度もテイクダウンを奪って攻め込む大健闘を見せた。しかしそれを凌いだベナヴィデスは逆にグラウンドで反撃。オリジナルのギロチンチョークをがっちりと極めた。エリオットは限界まで耐えたものの4分08秒でタップした。

この勝利でベナヴィデスは20勝4敗に、エリオットは10勝5敗1分となった。

五味 vs. ヴァリーフラッグ

五味隆典とイサーク・ヴァリーフラッグという二人のライト級戦士が派手な打ち合いを展開して観客を沸かせた。その結果、PRIDEの英雄五味が判定3−0(三者とも29−28)で接戦を制した。これで五味は35勝9敗1ノーコンテストに、ヴァリーフラッグは14勝5敗分けとなった。 



1ラウンド、常に自分から仕掛けてゆくヴァリーフラッグは、この日もパンチとキックを繰り出しながら前進してゆく。しかしヴァリーフラッグが足を滑らせたところに乗じて五味は上に。そこからパウンドを当ててさらにバックを奪ってチョーク狙いに。それをヴァリーフラッグが振りほどいて両者はスタンドに戻ると、ヴァリーフラッグはまたしても打撃で前に出ていった。

2ラウンドもヴァリーフラッグは前進を続ける。しかし徐々に距離を掴みはじめた五味は強烈な打撃を打ち返す。激しい打撃の交換の中で打ち勝った五味は、ヴァリーフラッグの右目を腫らしてみせた。

3ラウンド、ヴァリーフラッグの強烈なボディがヒット。しかしファイアボールキッド(火の玉ボーイ)こと五味は決して下がらず打ち返す。日本と違って「五味」コールこそ起きないものの、五味が容赦のないパンチの連打を放つごとにボルチモアの観客は大きく沸くように。顔面血まみれになったヴァリーフラッグは終盤テイクダウンに成功するが、ポイントを挽回するには至らなかった。

コヘイア vs. デューク

女子バンタム級の有望株、ベッチ・コヘイアがジェサミン・デュークに3−0の判定勝利(30−27、20−27、29−28)。全勝を守るとともにデュークにプロ初黒星を付けた。これでコヘイアは8戦全勝、デュークは3勝1敗1ノーコンテストとなった。

1ラウンド、ジャブでうまく距離を取ったデュークだが、コヘイアもローや強烈なパンチで反撃。2ラウンド、コヘイアがだんだんペースを握るかに見えたが、TUFシーズン18における激闘で鮮烈な印象を残したデュークは見事な柔道の投げ技で観客を沸かす。しかし3ラウンドは常にコヘイアが前に出て、打撃の正確さで上回ることで優勢に試合を進めた。

カスティーリョ vs. ブレネマン

ライト級の強豪、ダニー・カスティーリョは、チャーリー・ブレネマンから2ラウンド鮮烈なKO勝利を収めた。これでカスティーリョは17勝6敗、ブレネマンは19勝7敗に。

1ラウンド、ブレネマンがグラウンドで猛攻を見せた。二度に渡ってカスティーリョをテイクダウンしたブレネマンは、さらに腕十字を極めかける。しかし冷静に対処したカスティーリョもスタンドで反撃をしていった。

2ラウンド。前ラウンドの猛攻を耐えたカスティーリョは右のスイング一閃! これがまともにアゴにヒットしてブレネマンは昏倒。追撃の必要すらなく21秒で試合は終了した。

ビール vs. ウィリアムス

TUFシーズン18に参戦したクリス・ビールが、パトリック・ウィリアムスを2ラウンドでKOし、鮮烈なオクタゴンデビューを飾った。これでビールは9戦全勝、ウィリアムスは7勝4敗となった。

試合開始と同時に激しく打ち合った二人のバンタム級戦士。序盤に強い打撃を当ててペースを握ったのはウィリアムスだったが、ビールも強烈な打撃で観客を沸かせる。そして迎えた2ラウンド、ビールは完璧なタイミングで飛び膝! ウィリアムスのアゴを打ち砕かれたウィリアムスはマットに沈んだ。1分51秒の出来事だった。

メディア

最新
フランキー・エドガーの素顔を紹介。元ライト級王者のエドガーが、ニュージャージーで育ったこと、地元のブルーカラー(労働者)環境が自分を強くしてくれたことについて語る。
2014/11/19
UFC weigh-in at The Frank Erwin Center on November 21, 2014 in Austin, Texas. (Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)
2014/11/21
日本時間11月22日午前7時からライブで中継されるUFCファイトナイト:エドガー vs. スワンソンの公式計量を楽しもう。
2014/11/13
Top featherweights and Fight Night Austin headliners Cub Swanson and Frankie Edgar hit the scale in anticipation of their bout Saturday in Texas.
2014/11/21