UFC、2017年にヨーロッパ大陸で3大会を開催へ

UFCは、2017年にグラスゴー、ロッテルダム、グダニスクで行われる3つのイベントのスケジュールを発表している。
UFCは、2017年にヨーロッパで行われる3つのイベントのスケジュールを発表した。

まず、現地時間7月16日(日)にスコットランドのグラスゴーで、そして、9月2日(土)にはオランダのロッテルダムでイベントを開催。そして、10月21日(土)には、ポーランドのグダニスクで初のイベントを開催することになった。

この発表により、2017年にヨーロッパで開催されるUFCのイベントは5つに増えることになった。

2015年7月にグラスゴーで行われたイベントでは、満員のファンが会場を埋め尽くす中で、イギリス出身のマイケル・ビスピンがブラジルのターレス・レイチを接戦の末に判定で勝利を収めており、再び同じ会場であの熱狂を巻き起こすことになるだろう。

さらに、昨年9月に行われたオランダ・ロッテルダムでのイベントの1週間前には、ジャーメイン・デ・ランダミーがオランダ人としては初となるUFC女子フェザー級のチャンピオンのタイトルを獲得したが、オランダ出身の選手ではミドル級ランキング5位のゲガール・ムサシ、そしてヘビー級ランキングでは10位以内に、アリスター・オーフレイム、そしてステファン・ストルーフェもおり、もともと格闘技の歴史のあるオランダで行われるこの大会は間違いなく盛り上がることが予想される。

そして、2015年4月に初めてポーランドで開催したイベントで行われた、ミルコ・クロコップ対ガブリエル・ゴンザーガ戦のヘビー級マッチは伝説となっている。そして、現在は女子ストロー級で4度の防衛を果たしているヨアンナ・イェンドジェイチェク、そして同級ランキング2位のカロリーナ・コバルケビッチ、さらにはヘビー級では15位以内に入っている、ダニエル・オミランチェクがいるように、再びポーランドで伝説が作られる可能性がある。

UFCの国際コンテンツ部シニア・バイス・プレジデントであるジョー・カーは、「ヨーロッパはUFCのビジネスにとって重要なマーケットであることは変わりなく、ここ数年で大きく成長を遂げているマーケットでもあります。したがって、2017年に3つのイベントをこのヨーロッパ大陸で開催することは当然のことであります。以前にグラスゴーとロッテルダムで行われたイベントは、完売になっただけでなく、2015年と2016年に開催されたイベントの中でも最も成功したイベントの一つでもありました。したがって、この2つの都市でのイベントの開催は当然の結果であり、またポーランドでのイベント開催については、すでに多くの熱狂的なファンがいることに加えて、素晴らしい才能を持ったポーランド選手がUFCにいるということも大きな影響を与えています。現在、UFCには4人のヨーロッパ出身のチャンピオンがいますが、それに加えて、このマーケットにおいてここ数年でのUFCの成長は、ヨーロッパにおけるMMA全体の将来を約束するものであると思っています」と語っています。

メディア

最新
2008年12月13日、ケビン・バーンズを相手にオクタゴンで好試合を披露したアンソニー・ジョンソン
2017/03/17
UFC 200でチアゴ・サントスに勝利したゲガール・ムサシがUFC 210でクリス・ワイドマンと激突!
2017/03/27
UFC 187でビトー・ベウフォートを下してミドル級王座を防衛したクリス・ワイドマン(当時)
2017/03/24
2016年1月に対戦したライアン・ベイダーをノックアウトに下したアンソニー・ジョンソン
2017/03/22