ファイト・フォー・ザ・トゥループス・FOXプレリミナリー・ファイト結果

ファイト・フォー・ザ・トゥループス・FOXプレリミナリー・ファイト結果はこちら。
11月6日、ケンタッキー州フォート・キャンベルーー 水曜日のファイト・フォー・ザ・トゥループス大会で行われたジェイムズ・クラウスボビー・グリーンの熱戦は、1ラウンドやや消化不良気味な形でのグリーンのTKO勝利に終わった。

両者激しく打撃を打ち合ったこの試合。3分50秒の時点でグリーンによる3度目のローブローがヒットすると、クラウスはダウン。リプレイを審査した上でグリーンのTKO勝利が決定した。

「最初に一発ローブローを入れてしまってからは、気をつけていたんだよ。最後の蹴りはベルトライン用の、合法のものだと思うよ。金的カップを蹴った感触もなかったし。レフェリーが止めた時、どうしてだか分からなかったんだ。どんな結果になるか分からなかったけど、あれが反則でないことは知っていた。だから反則負けにされなくてよかったよ。今日ここでみんなの前で戦えたのは大変光栄だ。軍の人々のためにももっと良い勝ち方をしたかったけど、こうなってしまったんだ」とグリーンは言った。これでグリーンは21勝5敗、クラウスは20勝5敗となった。

リヴェラvs. ループ

バンタム級の強打者フランシスコ・リヴェラは、 2ラウンドに打撃でジョージ・ループを葬り、その打撃力をまたもやみせつけた。 これでリヴェラは10勝2敗1NCに、ループは14勝11敗1分となった。

1R、前半強打を当てたリヴェラだったが、やがてループがテイクダウンを奪い、試合をコントロールした。しかし2Rにリヴェラはループのテイクダウンを切ると打撃のラッシュへ! ループに何発も有効打を入れ、ノックダウンを奪うと2分20秒で試合がストップした。

リヴェラの試合後インタビュー

ベルムデスvs. サイラー

TUF14参加者同士の対決は、 激闘の末にデニス・ベルムデスが3-0の判定で スティーヴン・サイラーから勝利、フェザー級での快進撃を続けた。採点は全員が30-27だった。

1R、豪快なテイクダウンをみせるベルムデスだが、サイラーも強烈なギロチンで対抗。それを防いだベルムデスがまたしてもテイクダウンを取ると、サイラーは三角締めに。しかしベルムデスはこれもリフトして叩き付けて脱出し、大いに観客を沸かせてみせた。

2ラウンド、打撃とテイクダウンを折り混ぜたベルムデスがまたしても優勢に試合を進めた。そして3ラウンドに入るとベルムデスはさらに激しく攻撃し、試合流量までペースを握り続けた。

ベルムデスはこれで13勝3敗に、サイラーは23勝11敗となった。

ヌネス vs. デランダミー

ブラジルのバンタム級ファイターのアマンダ・ヌネスが、ジャーメイン・デランダミーから1Rで見事なTKO勝利をあげ、UFC2連勝を飾った。

1ラウンド、デランダミーの強烈な蹴りを受けた"来オネス"ことヌネスは、テイクダウンへ。これで上のポジションを取ったヌネスはやがてマウントを奪い打撃の連打!3分56秒でTKO勝利をあげた。

ヌネスはこれで9勝3敗に、デランダミーは4勝3敗となった。

ヌネスの試合後インタビュー

この大会のさらなる情報と、イントレピッド・フォーリン・ヒーローズ基金のご協力のためのオークションに参加をご希望の方はここをクリック。

メディア

最新
カーロス・コンディット、チアゴ・アウヴェス、ニック・レンツ、そしてチャールズ・オリヴェイラ達がUFNゴイアニア大会オープン・ワークアウトで汗を流す。ハイライト映像をチェックしよう。
2015/05/28
“ザ・ナチュラル・ボーン・キラー”カーロス・コンディットが“ピットブル”チアゴ・アウヴェスと米国時間土曜日の夜に開催されるUFNゴイアニア大会のメインイベントで対戦。7pm/4pm ETPTからはUFCファイトパスで、そしてメインカードは8pm/5pmからFOX Sports 1によるライブ中継で楽しもう。日本国内からは8amJSTからUFCファイトパスで楽しもう!
2015/05/28
日本時間5月30日土曜日2:45amから女子バンタム級コンテンダーのベッチ・コヘイアとウェルター級のコンテンダー、エリック・シウバをゲストに迎えて行われるQ&Aセッションのライブ中継を楽しもう。
2015/05/29
立て続けに4度の手術を経験したウェルター級の人気ファイター、チアゴ・アウヴェスがついに復活。その目的はあうまでも王座の奪取だ。アウヴェスはUFNゴイアニア大会のメインイベントでカーロス・コンディットと対戦。お見逃し無く!
2015/05/28