UFC ファイトナイト:マチダ vs. ムニョスの試合後記者会見

土曜の夜にマンチェスターで開催されたUFC ファイトナイト大会でボーナスを獲得したのは...?
マンチェスター大会の試合後会見はUFCプレジデントのデイナ・ホワイトが欧州マネージング・ディレクターのゲリー・クックとともにホストしいくつかのビッグニュースをアナウンスした。来年の3月8日、UFCがロンドンに再上陸が決定し、この大会ではアレクサンダー・グスタフソンアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラの一戦が行われることが発表された。さらにこの試合でグスタフソンが勝利し、ジョン・ジョーンズも予定されているグローヴァー・テイシェイラ戦に勝利した場合、グスタフソンとジョーンズが再度ライトヘビー級のタイトルを巡って激突することになることを明言した。

会見にはメインイベントで勝利したリョート・マチダ、その対戦相手にして友人のマーク・ムニョスロス・ピアソン、そしてUFC マンチェスター大会で勝利したルーク・バーナットノーマン・パーク、そしてジミ・マヌワが出席した。またゲストファイター、アレクサンダー・グスタフソンも登壇した。

ポストファイト・ボーナスはノックアウト・オブ・ザ・ナイトがマチダへ、サブミッション・オブ・ザ・ナイトがニコラス・ムソークへ、そしてファイト・オブ・ザ・ナイトはバーナットとアンドリュー・クレイグに支給された。ボーナスの金額はそれぞれ5万ドル。

また、会見後半にクックはピアソンメルヴィン・ギラードの再戦についても言及した。好勝負が期待されながらも偶発的なアクシデント性の高い反則によりノーコンテストとなってしまったこの一戦が3月8日のロンドン大会で再度行われる可能性が高いことを明らかにした。また、クックは2014年内にアイルランド、スウェーデンのマルメ、ポーランドのウィッチ、トルコのイスタンブール、そしてドイツのベルリンでUFCを開催する計画が進行中であると語った。

試合後会見のハイライトはこちら
会見のノーカット映像はこちら

メディア

最新
今回のMetroPCSムーブ・オブ・ザ・ウィークではUFC 175でアレックス・キャセレスを相手にユライア・フェイバーが見せたサブミッションをフィーチャー。
2014/11/26
インヴィクタFC 9大会のメインイベントでミシェリー“ザ・カラテ・ホッティ”ウォーターソンが挑戦者の玉田育子と対戦。ウォーターソンはUFCファイトパスを通じてライブ中継されるインヴィクタFC 10でブラジルのサブミッションの名手、エルシア・チブルシオを相手にタイトル防衛戦に臨む。
2014/11/28
フェザー級ランキング13位のチャールズ・オリヴェイラが日沖発をサブミッションで下した最初の男になると共に高いテクニックを持つ新生代ブラジリアンの強さを見せつける。オリヴェイrはUFN:ア・チャンピオン・ウィル・ビ・クラウンド大会でランキング10位のジェレミー・スティーブンスと対戦。
2014/11/28