UFC on FOX 10 メインカード結果

UFC on FOX 10 メインカードの結果は以下の通り。

1月25日、シカゴ発。ユナイテッドセンターに集まったファンの多くはこの判定に納得していなかったようだ。しかし、この土曜日に開催されたUFC on FOXのメインイベントにて2−1の僅差の判定をものにしたのは、ベンソン・ヘンダーソンだった。ジョシュ・トムソンとの5ラウンド戦を制したヘンダーソンは、昨年8月アンソニー・ペティスにライト級王座を奪われた後の復帰戦をなんとか白星で飾ることに成功した。トムソンは、おそらく2ラウンド途中からは拳が折れた状態でこの試合を戦い抜いたのだった。激闘の末の採点は49−46、48−47、47−48。それを聞いた多くの観客からは、ブーイングが巻き起こった。

1ラウンドから前に出たヘンダーソン。しかしそれが裏目に出て、トムソンにクリンチからマットに叩き付けられてしまう。さらにバックを奪ったトムソンは様々な方法で仕掛けながら極めを狙ってゆく。ヘンダーソンは立ち上がることに成功するが、トムソンはヘンダーソンのバックに付いたまま離れない。やっと振りほどくことに成功したヘンダーソンは、逆にテイクダウンに成功。トムソンが立ち上がるとヘンダーソンはスタンディングの肩固めを仕掛けて行く。それを逃れたトムソンは終了間際にまたしてもテイクダウンを奪ってみせた。

2ラウンド序盤、試合はケージ際の攻防が続く。やがてレフェリーのブレイクが入ると、打撃を放ってきたヘンダーソンを、またしてもトムソンがテイクダウン。なんとか立ち上がったヘンダーソンはスタンドで攻めてゆく。その多くを未然に防いだトムソンは、終盤逆に打撃のラッシュを仕掛けていった。

インターバル時、トムソンはセコンドに自分の右拳が折れたと告げる。そして開始された3ラウンド、ヘンダーソンがスーパーマンパンチからテイクダウンに成功。その後試合がスタンドに戻ると、逆にトムソンもテイクダウンを狙ってゆくが、負傷の影響か全て防がれてしまった。

4ラウンド序盤、トムソンはテイクダウンに成功するが、ヘンダーソンは逃れると逆にテイクダウンを奪い返す。トムソンが立ち上がるとフェンスに押してゆくヘンダーソン。再び両者が離れた後、トムソンはヘンダーソンを投げてバックを奪うことに成功。しかしヘンダーソンは立ち上がると、トムソンを背負ったまま髪を整える仕草をしてみせる。すると今度はトムソンが、ヘンダーソンの背中に乗ったまま観客に手を振ってみせた。そのままトムソンがチョークを狙ってゆくと観衆は大歓声を送った。

5ラウンド。序盤に強烈なボディブローと膝を入れたヘンダーソン。対してトムソンも右パンチからの足払いで逆襲してみせる。やがてヘンダーソンの足を取ったトムソンは、そのまま押し倒す。立ち上がった両者は、終盤スタンドの攻防を展開するが、どちらも有効打を入れることはできなかった。

この勝利でヘンダーソンは20勝3敗に、トムソンは20勝6敗となった。


ミオチッシvs. ゴンザガ

セミファイナルにおいて、急上昇中のヘビー級ファイター スティペ・ミオチッシが、ガブリエル・ゴンザガ相手に3−0の判定勝利を飾り、これで昨年のロイ・ネルソン戦に続き、ベテランコンテンダー相手に2連勝を飾った。採点は30−27、30−27、29−28だった。

試合開始後、しばらくローを交換し合った両者。やがてゴンザガが強烈な右をヒットさせるが、ミオチッシは意に介さず強いジャブを放って行く。対するゴンザガもローからパンチ、そして強烈なハイを放っては観客を沸かせてみせる。しかしそれらにうまく対処したミオチッシも反撃。終盤ゴンザガは一度テイクダウンを奪ったものの、柔術黒帯相手に寝技で戦う気は毛頭ないミオチッシはすぐに立ち上がってみせた。

2ラウンド、テイクダウンを狙ってゆくゴンザガだが、ミオチッシはディフェンス。やがて動きの落ちてきたゴンザガに対して、ミオチッシは前に出て有効なパンチを当ててゆく。ゴンザガのテイクダウンを切り続けては打撃で優位に立っていったミオチッシは、見る間に自信を増していった。

3ラウンド、だんだん試合が一方的になってゆくなか、ミオチッシがテイクダウンを奪いパウンドを入れてゆく。ゴンザガも立ち上がって必死で反撃を繰り出すが、結局会心の一撃を当てることはできずに試合は終了した。

この勝利でミオチッシは11勝1敗に、1ラウンドに拳を折ってしまったというゴンザガはこれで16勝8敗に。

ミオチッシの試合後インタビューを、UFC ファイトパスで見よう。


セラーニ vs. マルティンス

ライト級で長年トップの座にいるドナルド・"カウボーイ"・セラーニが、ベテランブラジル人ファイターアドリアーノ・マルティンスから1ラウンドKO勝ちを収めた。これでセラーニは22勝6敗1ノーコンテストに、マルティンスは25勝7敗となった。

試合開始から、強烈なローとミドルを当てていったセラーニは、さらにテイクダウンまで奪ってみせた。そしてラウンド終了前、セラーニは右のハイを強烈にヒット! マルティンスは昏倒し試合は4分40秒で決着した。

セラーニの試合後インタビューをUFCファイトパスで見よう。


ステフェンス vs. エルキンス

ジェレミー・ステフェンスダレン・エルキンスから3−0の判定勝ちを収め、フェザー級転向以来無敗を守った。採点は30−27、30−27、29−28だった。

序盤から一発狙いのパンチを振り回すステフェンスに対して、エルキンスはそれをかわして細かいパンチを入れてゆく。ステフェンスはエルキンスの蹴りを捕まえて倒すが、いくらかパウンドを入れた後にスタンドに誘う。エルキンスは果敢に打撃を繰り出していったが、距離を掴みはじめたステフェンスの打撃が当たりはじめたところでラウンドが終了した。

2ラウンド、ステフェンスはエルキンスのテイクダウンを防いでは強烈なパンチを当ててゆく。エルキンスも負けじと打ち返すが、ステフェンスのパンチを被弾して右目から出血し、劣勢を余儀なくされた。

3ラウンド、足払いでテイクダウンを奪ったエルキンスは、そのままギロチンチョークを狙ってゆくが逃げられてしまう。スタンドに戻るとステフェンスはまたもや強烈なパンチを当てるが、驚異的なタフネスを誇るエルキンスも打ち返し、最後にはチョーク狙いであわやの場面を作ってみせた。

この勝利でステフェンスは23勝9敗に、エルキンスは18勝4敗となった。

ステフェンスの試合後インタビューをUFCファイトパスで。

メディア

最新
ドミニク・クルーズ、セザール・フェレイラ、ギルバート・バーンズが今週末に開催されるUFNバルエリ大会に併せて開催されたファンイベントに集結したファンのサイン攻めとフォトセッションに応じる。
2014/12/18
UFC Fight Night Barueri Media Day and Open Workouts at Allianz Parque on December 18, 2014 in Sao Paulo, Brazil. (Photos by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)
2014年は乱気流に飲み込まれた元UFCバンタム級王者のヘナン・バラオ。バラオはバルエリ大会のミッチ・ゲイグノン戦で仕切り直しをする計画だ。ゲイグノン戦に備えるバラオのトレーニング・キャンプの様子を見てみよう。
2014/12/18
UFCミニッツのホスト、リサ・フォイルズがデレク・ブランソン vs. エド・ハーマン、マーク・ムニョスの対戦相手情報、そしてデイナのダウンロードの最新エディションに関する情報を解説。
2014/12/18