クイパーの呪い、四人の対戦相手を食い尽くす

日本時間1月27日にシカゴで開催されるUFC on FOX 6: ジョンソン vs. ドッドソンの最新情報
4度にわたる対戦相手の変更も効を奏さず、マイケル・クイパーは4人の対戦相手を立て続けに失うことになった。

先週クイパーとの対戦を受諾したジョシュ・ジャノーセックが負傷し大会からの欠場を余儀なくされることになった。ジャノーセックはバディ・ロバーツの代打で急遽出場となったファイター。そのロバーツもカイオ・マガリャエスの代打選手であり、マガリャエスもまたクイパーの本来の対戦相手、チアゴ・ボダオンが負傷をしたためにその代役として浮上したファイターだった。

試合まで1週間を切った現状、この試合の為に新たな代役が検討されることは無い模様だ。

シカゴ大会、さらに二試合変更に
1月15日更新
1月19日に対戦を予定していた相手が立て続けに二人、負傷により戦線を離脱したため、オランダの柔道家、マイケル・クイパーの試合は1月26日に開催されるシカゴ大会へとずれ込む形となった。クイパーの新たな対戦相手は、同大会のヘッドライナー、ジョン・ドッドソンと、メインカードの人気選手、クレイ・グイダのチーム・メイト、ジャクソンズMMA所属のミドル級バディ・ロバーツとなった。

UFC on FOX:ランペイジ、グイダらがシカゴ参戦
11月6日更新

UFC 152でフライ級の初代王者に輝いたデメトリオス・ジョンソンとTUF14王者のジョン・ドッドソン、そしてドナルド・セラーニvs.アンソニー・ペティスという好カードが決定している1月のUFC on FOX 6。このほかにも多くの注目の試合が続々決定している。

17連勝中のグローバー・テイシェイラが元UFC王者であるクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンと対戦することになった。当初、両者はUFC 153で対戦する予定だった。

また、日本の日沖発の対戦相手は人気者のクレイ・グイダに決定。グイダはフェザー級に階級を落としてから初めての試合となる。また、フェザー級ではリカルド・ラマスエリック・コクと対戦することも決まった。勝者は2月のジョゼ・アルドvs.フランク・エドガーによる“スーパーマッチ”の勝者に挑むことが濃厚だ。

また、ライト級では“ハンサム”なマット・ウィマンがTJ・グラントと対戦することが決定。両者とも最後の試合で勝利しており、勝てば大きなステップアップとなる。

このほか、ヘビー級ではショーン・ジョーダンがシカゴ出身のマイク・ルソーと対戦する。

メディア

最新
カナダ初のアルティメット・ファイターとなったチャド・ラプリスが感想を述べる。
2014/04/16
新たにアルティメット・ファイターの称号を手にしたエリアス・テオドロウがケベックのファンと“人生で最高の瞬間”を分かち合う。勝利を手にし、自身の感情の激しい変化を隠せないカナディアン・ファイターのインタビューを見てみよう。
2014/04/16
UFCプレジデントのデイナ・ホワイトが試合後ボーナスの獲得ファイターをアナウンス。またティム・ケネディ、サラ・カフマン、パトリック・コーテ、そしてエリアス・テオドロウがジ・アルティメット・ファイター・ネイションズ・フィナーレ大会で披露した自身のパフォーマンスを振り返る。
2014/04/16
UFCプレジデントのデイナ・ホワイトがケベック・シティで開催されたアルティメット・ファイター・フィナーレ大会の終了後にメディアの質問に応じ、ジーナ・カラーノ、ミノタウロの勝利、UFCのメキシコでの開催、そしてなぜUFC 715でロンダ・ラウジーがアレクシス・デイヴィスと対戦するのか等について語る。
2014/04/16