コリアン・ゾンビ、ポアリエを仕留めて王者アルドを指名 - UFC on FUEL TV、メインイベント結果

UFC on FUEL TV 3、メインイベントの結果は以下の通り…。

 現地時間5月15日、バージニア州フェアファックス。もし韓国がMMAのスーパースターを必要としているなら、彼らはその男を手に入れた。

 この業界では親しみを込めて“ザ・コリアン・ゾンビ”として知られる25歳のジョン・チャンソンは火曜日の夜にパトリオット・センターで開催されたUFC on FUEL TVダスティン・ポアリエとスリリングなメインイベントを戦い、4ラウンドにダスティンをチョークで失神させて勝利。この一戦はまさにファイト・オブ・ザ・ナイトの名に恥じぬ激闘であり、そして2012年の最もエキサイティングな試合の最右翼に躍り出た。 

 「今日、私を応援しにここにきてくれた全ての韓国のファンと韓国コミュニティの皆さんに感謝したいと思います」3連勝を成し遂げながらも疲労の色が隠せないフェザー級は語った。「3ラウンドの序盤にかなり不味い状況に追い込まれました。諦めの気持ちも一瞬脳裏をよぎりましたが私はただ戦い続けました…」

 3ラウンドに入るとポアリエが試合の支配権を握り始め、ほとんど立っているのがやっとと言った状態のジョンに何度となく左の強打を叩き込んだが、それ以外の場面でこの試合で印象に残るシーンを作り出したのはジョン(13勝3敗)であった。序盤にポアリエの蹴り足を捕えてテイクダウンを成功させたジョンは相手に飛び掛り、一発のヒジで即座にポアリエの額を切り裂いた。2ラウンドに入っても絶え間ないパンチとテイクダウンでジョンはポアリエ(12勝2敗)に圧力をかけて窒息させ、評判の高いルイジアナ・ファイターをパンチでぐらつかせもした。ドキュメンタリー映像、“ファイトヴィル”にも登場したスター選手をジョンが飛びヒザで破壊し、そしてアームバー、さらにトライアングルでガッチリと捕えると観客達は「ゾンビ!ゾンビ!」と大声援を送った。

 3ラウンドに入り、ポアリエが蘇生の兆しを見せると、だれもがジョンにこれまでのリードを守るのに十分なスタミナは残っているのかと疑問を感じることになった。しかし4ラウンドに入るとジョンはポアリエをパンチでぐらつかせるとグラウンドでのダース・チョークでポアリエをフィニッシュし、4ラウンド1分07秒で試合を決めてしまった。果たしてファンの疑問は全盛期のヴァンダレイ・シウバを思わせる戦いぶりに戦慄のグラウンド・ゲームも兼ね備えたこのカリスマ的な韓国人の次の相手はいったい何なのか、と言うことに取って代わられた。

 ジョンのプランは?

 「私はジョゼ・アルドとやりたい。」

メディア

最新
UFC復帰を決めたニック・ディアスがUFC.comの独占インタビューに応じた。ニックがアンデウソン・シウバとのスーパーファイトの可能性、どのように格闘技にかかわる様になったのかなど、様々なことについて語る。
2014/07/28
アンソニー“ランブル”ジョンソンがUFCファイトナイト・サンノゼ大会で鮮烈な勝利を納める。試合後にジョー・ローガンのインタビューに答えるジョンソンの言葉を聞いてみよう。
2014/07/26
ライトヘビー級の有望ファイター、ライアン“ダース”ベイダーがUFC 144で対戦したランペイジ・ジャクソンをその動きとスピードで圧倒。ベイダーはUFCファイトナイト・バンゴー大会でオーヴィンス・サンプルーと対戦。
2014/07/28
元オリンピック・レスラーのサラ・マクマンのトレーニング・キャンプにアルティメット・インサイダーが潜入。日本時間8月17日に開催されるUFCファイトナイト・バンゴー大会のオクタゴンで行われるマクマンの次戦をお見逃し無く!
2014/07/27