鎖から放たれたマッドドッグ。マダディ、ジョンソンから一本勝ち! UFC on FUEL TV 9(ストックホルム大会)、プレリミナリー・バウト結果

UFC on FUEL TV (ストックホルム大会)、プレリミナリー・ファイトの結果を見てみよう。
土曜日、ストックホルムのエリクソン・グローブ・アリーナで開催されたUFC on FUEL TV 9 大会。レザ・マダディマイケル・ジョンソン の両者は、試合開始前の数日からお互い罵り合っていた。そして迎えた決戦の日、3Rに見事に一本勝ちしたのは地元スウェーデンのマダディだった。

試合前からいきり立っていた両者の対決。先制したのはテイクダウンを奪ったマダディ。パウンドから足関節を狙ってゆくが、ジョンソンは逃げて上を取り返す。下から攻撃を繰り出すマダディだが、やがて立ち上がる。ここでジョンソンがハイキックでマダディをなぎ倒す! しかし素早い回復を見せたマダディは、なんとかラウンド終了まで凌ぎ切ってみせた。

「ジョンソンのキックは効いたよ。100パーセントではなく99パーセントね」と試合後にマダディは、自らをKO寸前に追い込んだ蹴りについて語った。

2R、マダディはテイクダウンからバック、さらにサイドポジションを奪って肘の連打をみせてペースを取り返す。凌いで立ち上がったジョンソンだが、マダディはまたもやテイクダウンを奪取し、ラウンド終了まで肘で猛攻を仕掛けていった。

3R、またもやジョンソンをテイクダウンしたマダディは、今度はアナコンダチョークに。これががっちり入って1分33秒、ジョンソンはタップ! マダディは歓喜のあまり客席に飛び降りて観客と抱き合った。

この勝利でマダディ は13勝3敗、ジョンソンは13勝8敗となった。

トゥロエング vs. セラ

地元スウェーデン、ウメオ出身のミドル級戦士、トール・トゥロエングが、TUF17のハウスメイトだったアダム・セラ から見事に1ラウンド一本勝ちをきめてみせた。

試合開始後から経験の差を見せつけたトゥロエングは、打撃からテイクダウンを決めてみせた。そこからサイドに移ったトゥロエングは、さらにセラのバックに付くとチョークを極めて勝利。3分11秒の出来事だった。

トゥロエングはこれで16勝4負1分に。セラは 4勝1敗となった。

トゥロエングの試合後インタビューはこちら


アマゴフ vs. スパング

ストライクフォース出身者同士の対決となったこの一戦。この日初のウェルター級戦を迎えたアドラン・アマゴフが、 地元スウェーデンのストライカー、クリス・スパングから完封勝利を挙げた。

3人のジャッジは全て30-27でアマゴフの勝利を支持した。

試合開始後に主導権を握ったのは、サイドキックで相手を突き飛ばしてのけたアマゴフ (12勝2敗1分)だった。 スパングもカウンターを狙うものの、アマゴフの多彩な打撃に手が出せないまま。チェチェン出身のアマゴフは、テイクダウンも奪って有利にラウンドを終えた。

2ラウンドにとうとう攻撃を開始したスパング(5勝2敗)。しかしアマゴフはテイクダウンで切り返し、スパングの地元スウェーデンの観客を黙らせてしまう。スタンド後もアマゴフは変幻自在の蹴りと肘を繰り返して、スパングを寄せ付けず。

3ラウンド。後のないスタンザは前に出てゆくが、アマゴフは足を使いながらカウンターを当てて行く。残り2分の時点でまたもやテイクダウンを取ったアマゴフは、さらにスープレックスまで繰り出して試合を支配し、MMAファイターとしての完成度の高さを見せつけた上で170パウンド級デビューを飾った。

マグレガー vs. ブリメージ

前評判の高かったアイルランド人ファイターのコナー・マグレガーが、噂通りの強さを見せつけた。マグレガーはマーカス・ブリメージ を1ラウンドKOに葬り、UFC初敗北を味合わせたのだ。

試合前の舌戦を受けて、試合開始直後からパンチで前に出たブリメージ。しかしマグレガーは冷静に受け止め、アッパーカットと右を入れて行く。さらにマグレガーの左アッパーが痛烈にヒットすると、たまらずブリメージはダウン。マグレガーが追撃すると、レフェリーは1分07秒で試合をストップした。

この勝利でマグレガーは13勝2敗に。ブリメージは6勝2敗となった。

マグレガーの試合後インタビューはこちら

ライアン・ラフレア vs. ベニー・アロウェイ

非常に見応えのある攻防が展開されたこの試合、主導権を握ったのはラフレアのほうだった。テイクダウンから上のポジションを奪うラフレアに対して、アロウェイは何度も立ち上がるが、そのたびにまたグラウンドに持ち込まれてしまう。

最終ラウンド、後のないアロウェイはハイキックを放って行くが当たらず。果敢なサブミッション狙いも、結局極まらずに終了のブザーが鳴った。

判定は三者ともに30-27でラフレアに。アロウェイの連勝は6で止まった。

トム・ローラー vs. マイケル・クイパー

序盤は柔道のバックグラウンドを活かした大外刈りを連続できめたクイパーが、ローラーのレスリングを圧倒! しかし2R、自信を持ちすぎたクイパーが両足タックルに入った時、ローラーが必殺技のギロチンへ。そのままガードに飛びついたローラー。一分近くに渡って締め上げて、1分05秒ついにタップを奪ってみせた!

パピー・アベディ vs. べサム・ヨウセフ

ストックホルム大会のオープニングを飾ったスウェーデン人対決、見事に勝利したのはパピー・アベディだった。

これまでストライカーとして鳴らしてきたアベディだが、この日はテイクダウンからのコントロールに重点を置いた試合展開に。これが効を奏して、常に上をキープしたアベディが優位なまま試合は進んでいった。膠着の多い展開に終始した試合は判定2-1(29-28、29-28、28-29)でアベディが勝利した。

メディア

最新
日本時間4月19日土曜日午前5時から開始されるUFC on FOX:ヴェウドゥム vs. ブラウン大会の公式計量ライブを楽しもう。
2014/04/14
UFC on FX 1でメルヴィン・ギラードと対戦したジム・ミラーが3連続フィニッシュ勝利を披露する。
2014/04/16
天才ジョン・ジョーンズは強豪ヴィトー・ベウフォートを粉砕し8連勝、4度目のタイトル防衛に成功。
2014/04/18
ブラジル全土から集まった、ブラジルで最もゴージャスな女性達がTUF ブラジル 3 フィナーレでのオクタゴン・ガールの地位を巡って競い合う。毎週日曜日に投稿される最新エピソードを楽しめるのはUFC ファイトパスだけ!
2014/04/18