メンデス、連続KOを更新 - UFC on FX 6 プレリム結果

UFC on FX 6 プレリミナリー・バウトの結果は以下の通り…。
その優れたレスリングスキルで知られ、長らくフェザー級のコンテンダーとして活躍してきたチャド・メンデスがオーストラリア、ゴールドコーストのゴールドコースト・コンベンション・センターで開催されたUFC on FXに登場。ヤオツィン・メザを1ラウンドで粉砕し、2試合連続となるKO勝利を飾った。

1分55秒で試合を決した一撃は右のオーバーハンドだった。メンデスはこれで31秒殺を披露した7月のコーディ・マッケンジー戦に続くKO勝利となった。

「あのベルトは狙い続ける。」1月にフェザー級王者のジョゼ・アルドに敗北して以来の戦績を2勝0敗としたメンデスは語った。「俺なりのやり方で、一試合ずつ試合をこなして食い下がっていくぜ。」

カリフォルニア州ハンフォードのメンデスはこれで13勝1敗。ハクラン・ディアスの代役としてショート・ノーティスでUFCデビュー戦となるこの試合に臨んだアリゾナのメザは18勝8敗となった。

メンデスの試合後インタビューはこちら

ポクライェク vs. ベルトラン

ジョーイ・ベルトランはクロアチアのイゴール・ポクライェクを3ラウンドを通じてポイントアウト。印象に残るUFCライトヘビー級での初勝利を飾った。

判定はジャッジ3名共に30-27でベルトランを勝者として支持。ベルトランはこれで15勝5敗、ポクライェクは25勝10敗となった。

ベルトランの試合後インタビューはこちら

ピアース vs. バジンスキ

アーロン・シンプソンを10月にノックアウトしたのに続き、マイク・ピアースは得意のレスリングを駆使してシンプソンのチームメイトを3ラウンドのユナニマス判定でシャットアウト。セス・バジンスキの連勝を6で断ち切った。

ジャッジの判定は30-27、29-28、そして29-28だった。

この勝利でピアースは戦績を16勝5敗と伸ばし、バジンスキは17勝7敗となった。

ピアースの試合後インタビューはこちら

アロウェイ vs. ロドリゲス

荒れた試合展開が不穏な決着を予想させたウェルター級の一戦だったものの、スマッシュズのチームメイト、ベニー・アロウェイ(13勝4敗)とマニュエル・ロドリゲス(10勝4敗)の一戦は1ラウンド残り時間3秒でアロウェイが衝撃的なKOに成功。試合の結末は劇的なものとなった。

アロウェイの試合後インタビューはこちら

ウィルキンソン vs. ラフネーニ

負傷によりTUF スマッシュズからの撤退を余儀なくされたマイク・ウィルキンソンだったが、初めてのUFCでの試合では見事な復活を見せ、チームUKのブレンダン・ラフネーニとのライト級の一戦では3ラウンドをハードに戦い抜き相手をポイントで上回った。

29-28のユナニマス判定で勝利したウィルキンソンの戦績はこれで8勝0敗。ラフネーニは5勝2敗となった。

ウィルキンソンの試合後インタビューはこちら

ドノヴァン vs. ペナー

デンバーのコーディ・ドノヴァンにとってショートノーティスは問題がなかったようだ。エディ・メンデスの代役でUFCデビューを果たしたヘビー級のドノヴァンは第1試合に登場すると1ラウンドにニック・ペナーをTKOでしとめるとUFC初勝利を掴み取った。

ドノヴァンはこの勝利で8勝2敗、ペナーは12勝3敗となった。

ドノヴァンの試合後インタビューはこちら 

メディア

最新
UFC Fight Night Barueri Media Day and Open Workouts at Allianz Parque on December 18, 2014 in Sao Paulo, Brazil. (Photos by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)
2014年は乱気流に飲み込まれた元UFCバンタム級王者のヘナン・バラオ。バラオはバルエリ大会のミッチ・ゲイグノン戦で仕切り直しをする計画だ。ゲイグノン戦に備えるバラオのトレーニング・キャンプの様子を見てみよう。
2014/12/18
UFC Minute host Lisa Foiles updates fans on the Derek Brunson vs. Ed Herman fight, Mark Munoz's new opponent, and an all-new edition of the Dana Download.
2014/12/18
【今週のラインナップ】 UFC180の試合解説 (各試合ハイライト、ヴェウドゥム対ハント戦) 対ジョーンズ戦を控えたコーミエとの対談 ジョン・ジョーンズが語る王座への道