UFN 24 プレリム結果

ワシントン州シアトルで行われたUFN24のプレリムの試合結果は以下の通り。
3月26日シアトル-土曜の夜に行われたUFCファイトナイトのプレリミナリー・ファイトで20歳の天才的バンタム級ファイター、マイケル・マクドナルドは急遽代打出場を果たしたエドウィン・フィゲロアに判定で勝利した。

マクドナルドvs.フィゲロア
ジャッジの判定は3者共に30-27。

「彼が俺がこれまで試合をした中で一番タフだったのは間違いないよ。」と戦後に語ったマクドナルドは戦績を12勝1敗と伸ばし、これまで無敗を誇り、1週間前の試合のオファーに応じたフィゲロアは戦績を7勝1敗とした。

セメルジエールvs.キャセレス
WECのベテランファイター、マッケンス・セメルジエールはTUF 12の出演者、アレックス・キャセレスのUFCデビュー戦のでその前に立ちふさがり、1ラウンドに関節技で勝利した。

セメルジエールはUFCデビュー戦で勝利し戦績を8勝3敗と伸ばし、っキャセレスは戦績を5勝3敗と落とした。

ラッソウvs.メドセン
ヘビー級のマイク・ラッソウはこれまで無敗のジョン・メドセンを2ラウンド終了時の負傷で退けUFC戦績を3戦全勝とした。

この勝利でラッソウは14勝1敗、1ノーコンテスト、メドセンは7勝1敗となった。

ハザウェイvs.マクレイ
英国のジョン・ハザウェイはウェルター級の一戦で厳しい3ラウンドを戦い抜き、スプリット判定でクリス・マクレイを下した。

判定はハザウェイに2名が29-28、1名が28-29を付けた。ハザウェイはこれで15勝1敗、マクレイは6勝3敗となった。

モアクラフトvs.マッコークル
ヘビー級の一戦でクリスチャン・モアクラフトはショーン・マッコークルを終始コントロール、24ラウンドにサブミッションでフィニッシュし、そのUFCデビュー戦を勝利で飾った。

「俺はアナコンダのように絞め続けたんだ、でごらんの通りさ。」と語ったモアクラフト、戦績を7勝1敗とした。片やマッコークルはこれで10勝2敗となった。

ヘンドリックスvs.ワルドバーガー
ウェルター級の有望株、ジョニー・ヘンドリックスは昨年の12月にリック・ストーリーに喫したキャリア唯一の敗北からの復帰戦で、1ラウンド95秒で”テキサス”ワルドバーガーをしとめて復活を果たした。

ヘンドリックスはこれで10勝1敗、ワルドバーガーは13勝6敗となった。

シンプソンvs.ミランダ
もとアリゾナ州立大の名レスラー、アーロン・シンプソンは地元の人気選手、マリオ・ミランダを相手にそのレスリング技術を余すところ無く披露、3ラウンドにわたり相手を支配し判定3-0で勝利。連敗から脱出を果たした。

判定は2名が30-27、残るひとりが30-28を付けた。

この勝利でシンプソンは8勝2敗、ミランダは12勝3敗となった。

レンツvs.ロウ
ライト級のニック・レンツはウェイロン・ロウを相手に後半で挽回、3ラウンドにサブミッションでロウをしとめてUFC無敗記録を守った。

この勝利でレンツは23勝3敗2分け、ロウは10勝4敗となった。試合終了の時点でジャッジの判定はロウに2名が20-18を付け、1名が19-19でイーブンを付けていた。

メディア

最新
ジョニー・ヘンドリックスとロビー・ロウラーの超待望のウェルター級タイトルリマッチ、そしてライト級のアンソニー・ペティスとギルバート・メレンデスの一戦の見所をじっくりと見てみよう!日本時間12月7日、ラスベガスで開催されるUFC 181でのウォリアー達の闘いをお見逃し無く!
2014/11/25
UFCの新コンテンツ、ランキング・リポートでUFCランキングの動向をチェック仕様。今週はマット・パリーノとフォレスト・グリフィンがフランキー・エドガー、エジソン・バルボーザ達のランキングでの動向を分析、さらにファンからの質問にも答える。
2014/11/25
リサ・フォイルズがTUF19の優勝者、コーリー・アンダーソンのUFC 181での対戦相手、そしてニュージャージーのプルデンシャル・センターで開催されるUFCに関する最新情報を解説。
2014/11/25
UFC 168にて、前2戦で見事な勝利をあげたトラヴィス・"ハパ"・ブラウンはジョシュ・バーネットを1ラウンドKOに仕留めて連勝記録を伸ばしてみせた。ブラウンはラスベガスで行われるUFC 181にてブレンダン・シャウブを相手にタイトル戦線への復帰を目指す。
2014/11/25