マチダ、ムサシに完勝! UFCファイトナイト ジャラグア大会メインカード結果

UFCファイトナイト ジャラグア大会メインカードの結果は以下の通り。
元UFCライトヘビー級王者のリョート・マチダが、ミドル級タイトル挑戦に向けて大きくアピールしてのけた。マチダはブラジルのジャラグア・ド・スルのアリーナ・ジャラグアで開催されたUFC ファイトナイトにて、 ゲガール・ムサシと5ラウンド戦い、3-0の判定で完勝を収めたのだ。採点は二者が50−45、一者が49−46だった。

1ラウンド、様子見が続いた後に重いミドルを叩き込んだマチダ。さらに左のカウンターもヒットさせたものの、それ以外はあまりアクションのないままラウンドが終了した。

2ラウンドもムサシを揺さぶり続けたマチダ。ムサシは臆せず前に出るものの有効打を当てられず、逆にマチダのハイキックが炸裂。ムサシもローをヒットさせたものの、マチダが何かするたびに大歓声が沸く場内も、ムサシには逆風となっていた 。

3ラウンドに試合はヒートアップした。さらに攻撃の手を強めたムサシに対し、マチダも打ち返してムサシの鼻を切り裂き、さらに左の蹴りを当ててみせた。ラウンド後半、ムサシはとうとうマチダをケージ際に追い詰めて連打を放つことに成功するが、マチダは素早く距離を取った。

4ラウンド、展開を変えたいムサシはテイクダウンに成功。しかしマチダはすぐに立ち上がる。中盤にはマチダが逆にテイクダウンし、ムサシを押さえ込むことに成功する。しかしムサシは下からスイープに成功! そこからパウンドで攻め立てていった。その後マチダが上を取り返すと、ムサシは膝を付いたマチダに反則のアップキックを当ててしまい、反撃の勢いを削がれてしまった。

最終ラウンド。大きく試合をリードしたマチダだが、攻撃の手は休めない。そこにムサシは強いジャブを当ててマチダに鼻血を流させてみせた。残り2分のところで試合がグラウンドにもつれ込む。上を取ったマチダは、ムサシのバックに付くことに成功!フィニッシュこそ逃したものの、そこから攻め立てて勝利を明白なものとした。

この勝利でマチダは21勝4敗に。ムサシは34勝4敗2分となった。


ジャカレ vs. カーモント

この日の共同メインイベントのミドル級戦において、リオ出身のホナウド・"ジャカレ"・ソウザが フランシス・カーモントから3−0の判定で勝利し、カーモントの連勝を11で止めてみせた。採点は30−27、29−28、29−28だった。

試合開始後しばらくは蹴りを使って距離を保つことができていたカーモント。しかしジャカレは右のショートを当ててからテイクダウンに成功! さらにバックに付くとチョークでフィニッシュ狙い! しかしフランスのカーモントはラウンド終了まで凌いでみせた。

2ラウンドはカーモントのテイクダウンディフェンスが冴え、ジャカレはスタンド戦を余儀なくされた。カーモントは時間が経過するごとにペースを掴んでいった。

3ラウンド開始早々テイクダウンを取ったジャカレは、そのままバックに付くことに成功! カーモントに立ち上がることを許さないジャカレは、またしてもチョーク狙いで追い込んでみせる。極めることこそできなかったジャカレだが、この攻勢によって勝利を明らかなものとした。

この勝利でジャカレは20勝3敗1ノーコンテストに、カーモントは22勝8敗となった。

ジャカレの試合後インタビュー


シウバ vs. 佐藤

ブラジルのウェルター級戦士 エリック・シウバが、日本から来た新顔の佐藤豪則に打撃の雨を浴びせ、僅か52秒で仕留めてみせた。

試合開始早々、シウバは強烈なミドルを佐藤にヒット! 効かされた佐藤はすぐさま片足タックルへ。それを受け止めて片足で立ったシウバは、その軸足でジャンプしてカカト蹴りを佐藤の顔面に! さらに足にしがみつく佐藤のテンプルに強烈な打ち下ろしパンチの連打! 一挙に試合を決めてみせた。

これでシウバは16勝4敗1ノーコンテストに、佐藤は17勝9敗7分となった。

シウバの試合後インタビュー


ムソーク vs. アンドレイジ

この日がウェルター級復帰戦となったスウェーデン人ファイターのニコ・ムソークは、サンパウロのヴィスカルディ・アンドレイジを判定3−0(三者とも29−28)で下し、UFC二連勝を飾った。

ムソークはこれで12勝2敗1ノーコンテストに、アンドレイジは17勝7敗となった。

1ラウンド、強烈な右を当ててダウンを奪ったアンドレイジは、勝ったと思い両腕を高々と上げるミステイク。これがムソークに回復の時間を与えてしまった。その後反撃を開始したムソークは、2ラウンドは打撃を中心に攻め、さらにテイクダウンまで奪ってみせた。そして3ラウンドもムソークはグラウンドで主導権を奪い、逆転勝利を飾った。


オリヴェイラ vs. オグル

プレリミナリーファイトで7試合連続判定決着が続いた後、 チャールズ・オリヴェイラアンディ・オグルから3R一本勝ちを収めてみせた。

試合開始と同時に前に出た英国のオグルだが、地元の声援を背にしたオリヴェイラはテイクダウン! バックを奪ってチョークを狙ってゆくが、オグルは固いディフェンスで凌ぎ切った。

2ラウンド、もつれて上を取ったオグルはパウンドを当てる。立ち上がったオリヴェイラはがぶってチョークを仕掛けるが、オグルはそれも逃げてみせる。オグルはさらにグラウンドでの打撃を当て、オリヴェイラも反撃するなど一進一退の攻防が続いた。

3ラウンド、オリヴェイラは左のショートを当ててダウンを奪う! しかしTUF15で活躍したオグルもひるまず、ケージ際で上のポジションを奪う。しかしここでオリヴェイラが下から強烈な三角締め! 2分40秒で見事にタップアウトを奪ってみせた。

この勝利でオリヴェイラは17勝4敗1ノーコンテスト、オグルは9勝4敗となった。

メディア

最新
インヴィクタFC 9公式計量を、日本時間11月1日朝の6時からライブで視聴しよう。
2014/10/27
ミドル級9位のコンテンダー、マイケル“ザ・カウント”ビスピンがUFCベテランのブライアン・スタントUFC 152で真っ向勝負。ビスピンはUFNシドニー大会でルーク・ロックホールドと対戦!
2014/10/31
かつてはテネシーのフットボールスター、現在はUFCライトヘビー級のコンテンダー、オヴィンス・サンプルーがニキータ・クリロフをヴォン・フルー・チョークで眠らせる!サンプルーはUFNウベルランジア大会でマウリシオ“ショーグン”フアと対戦。お楽しみに!
2014/10/31
UFCミニッツのホスト、リサ・フォイルズが10月31日金曜日の要チェックニュースを解説。
2014/10/30