もう無名ではない ペペイ、栄光まであと一勝

「決勝では、語り継がれるような勝負を演じるつもりだ。見ててくれよ」 - ゴドフレイド・ペペイ
TUF Brazil finalist Godofredo Pepey  MMAで無敗にも関わらず、数ヶ月前までゴドフレイド・ペペイは無名の存在だった。

 しかしそれも過去の話だ。今ではTUFブラジルで高いポテンシャルを示し、フェザー級のファイナルまで駒を進め、UFCとの契約まであと一勝と迫った。

 まず彼はジョニー・ゴンサウヴェスを相手に危険極まりないトライアングル・チョークを繰り出してTUFハウスへの入場券を得ると、第2戦でヴァグネル・ガレト・カンポスを相手にスプリット・ディシジョンで勝利。そしてマルコス・ヴィニシャスを“キムラ”で下し、ロニー・“ジェイソン”・マリアーノ・ベゼーラと対戦するファイナルへと駒を進めた。

「期待は大きいよ」とペペイは語る。「UFCのメインイベントで戦うことは、すでに夢の実現だ。さらにこれがTUFのファイナルとあれば尚更だね。俺にはマネージャーもいないし、スポンサーもいない。家庭も貧しかった。ここにたどり着くのは簡単じゃなかった。ましてや、TUFハウスにはトップアスリートが揃っているとあってはね。決勝では、語り継がれるような勝負を演じるつもりだ。見ててくれよ」

 ペペイは兄を通じて格闘技に出会った。14歳の時から柔術を学び、過去にMMAでは6つのサブミッション勝利を収めている。ただ、サブミッションに強いのは、相手のロニー・マリアーノも同じだ。

 「ロニー・“ジェイソン”は素晴らしい柔術家だ。グラウンドでの攻防から逃げないし、俺と同じゴールを目指している。サブミッションでの勝利だ。ただし、MMAではすべての面で優れていて、あらゆる種類の技術を習得する必要がある。俺も色々と練習しているし、ムエタイも黒帯だ。スタンディングでパンチを交換する用意もできているし、当然グラウンドでも戦う。こだわりはないよ」

 ロニー・マリアーノはTUFにくるまでの13戦で10勝しており、そのすべて勝利が最後のゴングが鳴る前に決着。さらにそのうち九つが第1ラウンドで相手を仕留めている。彼はホドリゴとホジェリオのノゲイラ兄弟に師事する、強力な対戦相手だ。

 ペペイはこのシーズン、数奇な運命を辿った。当初、チーム・ベウフォートの一員だったペペイだが、チーム・ベウフォートが7勝1敗と大きくリードしたため、デイナ・ホワイト会長はチームのテコ入れに着手。ペペイはチーム・ヴァンダレイに移籍することになった。そして、最後の対戦相手であるロニー・マリアーノは、チーム・ヴァンダレイでのチームメイトにあたる。

 さらにペペイとロニー・マリアーノは、ブラジルの同じ州の出身で、同じような貧しい境遇から這い上がって来た。そのことはこの一戦に何か別の意味をもたらすのだろうか?

 「ロニーと一緒に俺たちのレベルの高さを披露できて光栄だ」とペペイは語る。「でも、相手が誰であろうと、オクタゴンに入れば、それは戦争だよ」

メディア

最新
Watch the pre-fight press conference with the stars of UFC 200 on July 6 at 3pm/12pm ETPT live from the KA Theatre at MGM Grand.
2016/07/06
UFCファイトナイト・ラスベガスで実現するハファエル・ドス・アンジョス対エディ・アルバレス戦の見どころをジョー・ローガンが語る!
2016/06/21
UFC 182で迎えたジョン・ジョーンズ対ダニエル・コーミエの初対戦はジョーンズがコーミエを下してライトヘビー級王座を防衛!
2016/06/20
日出づる国、日本にやって来たUFCフェザー級ランキング6位のカブ・スワンソンが名所観光や日本文化を体験!
2016/06/20