イエス、ヒー・ケイン -ヴェラスケス、レスナーを止めヘビー級タイトルを獲得

誰しもが小柄すぎる、と考えていた。土曜の夜にホンダ・センターで行われたUFC 121のメインイベントで戦ったケイン・ヴェラスケスは異なる考えを持っていた。20ポンド以上の体重差に屈することなく、ケインは265ポンド、63敗のレスナーの最初のラッシュを寄せ付けずに、ミネソタンをテイクダウンし、殴り倒し、そして1ラウンドでフィニッシュしてUFCヘビー級タイトルを勝ち取った。

1023日アナハイム-誰しもが小柄すぎる、と考えていた。土曜の夜にホンダ・センターで行われたUFC 121のメインイベントで戦ったケイン・ヴェラスケスは異なる考えを持っていた。20ポンド以上の体重差に屈することなく、ケインは265ポンド、6フィート3インチのレスナーの最初のラッシュを寄せ付けずに、ミネソタンをテイクダウンし、殴り倒し、そして1ラウンドでフィニッシュしてUFCヘビー級タイトルを勝ち取った。

「想像した通りの強さだった。」レスナーは潔く認めた。「彼は偉大なファイターだ。他に何が言える?彼は今夜、俺よりも優れていたんだ。」

ホンダ・センターを埋め尽くした観客は試合開始のブザーがなる前からすでに総立ちだった。そして彼らはその後の試合の間ずっと総立ちのままでい続けた。

レスナーはすぐさまテイクダウンを試みたがヴェラスケスはこれにパンチで応戦し、レスナー動揺させた。レスナーはこれに果敢に応戦し、なんと飛び膝蹴りまで繰り出し観客を騒然とさせた。30秒間に近い狂気のような攻防が落ち着くとレスナーはテイクダウンに成功する、がヴェラスケスはほとんど瞬間的に立ち上がり、更なるパンチでレスナーの顔面を血で染め上げた。253秒、今度はヴェラスケスがテイクダウンに成功、それに驚いた観客は一層の歓声を揚げた。レスナーは立ち上がることに成功するがバランスは悪く、ヴェラスケスは一層精度の高いパンチでレスナー顔面からマットに転がした。王者は最初の猛攻はなんとか凌いだものの、再び立ち上がった時にはヴェラスケスはもはやレスナーに彼を拒むことが出来ないことを確信し、再びレスナーの腰を落とすパンチを叩き込んだ。そしていよいよサンノゼから来た謙虚な青年は数年前に彼がレスリングマットの上で始めたことを終わらせた。集中砲火のような打撃のあと、412秒レフリー、ハーブ・ディーンは試合をストップ、ケイン・ヴェラスケスがヘビー級の頂点に新たに君臨した。

この勝利によりヴェラスケスは戦績を90敗とし、コンバット・スポーツにおけるメジャータイトル、またはヘビー級のタイトルを獲得した最初のメキシコ系ファイターとなった。レスナーはその戦績を52敗と落とした。

メディア

最新
UFC 183で輝きを見せたファイター達の試合後会見での言葉を聞いてみよう。
2015/02/01
UFCベテラン、ティム・ボーシュにフィニッシュ勝利を収めたターレス・レイチがUFCリポーターのミーガン・オリヴィのバックステージ・インタビューに応じてくれた。
2015/02/01
活躍目覚ましいライト級のアル・アィアキンタがUFC 183でベテランのジョー・ロウゾンを撃破。勝利後のバックステージでミーガン・オリヴィのインタビューに応じた。
2015/01/31
UFC 183でケルヴィン・ガストラムを下したウェルター級のタイロン・ウッドリーにUFCリポーター、ミーガン・オリヴィがインタビュー。
2015/01/31