ボナー、ホームのオクタゴンへ

「イゴールと戦う準備はできている。僕はなにか詩的な正義感を感じている。これまでに無く飢えているんだ。試合は戦争になるだろう、楽しみにしていてくれ。」

ステファン・ボナー(157)は彼のファイターとしての人生の難しさを周囲に見せることはない。

おそらくそれは彼がほとんどのファイターがその人生で味わう数倍もの間、深い水の中でもがき苦しんできたからだ。またおそらくそれは彼がブラジリアン柔術の本当の素晴らしさを知ることができる カーウソン・グレイシーやセルジオ・ペンニャのような人々とトレーニングを行ってきたからだ。

そしておそらくそれは彼が余りにしばしばジャッジの判定、レフリーのストップ、そしてヒザの負傷によりチャンスがその手から滑り落ちそうになることを経験し、辛うじてそういった事から逃れる分別を持つようになったからだ。

その答えが何であれ、ステファン・ボナーは土曜日に再びTUFのフィナーレでタフなクロアチア出身のファイター、イゴール・ポクラヤック(227敗)と対戦するために彼の生まれ育った土地で金網に歩を進めることには不安を持っていないようだ。

「大きなイベントで試合をするのは本当に気分が良いんだ。」ボナーは語る。「好カードの中で試合をする意味は大きいよ。良いかい、FC史上でもっとも大きなイベントの一つであった7月の大会でクリストフ・ソジンスキーと戦うことができたのは僕にとっては凄いことなんだ。オーストラリアでの出来事に僕の心臓は爆発したね。クリストフ戦記がハッピー・エンドを迎えることができたことは素晴らしいことだよ。」

ボナーはUFC 110でのソジンスキー戦で、ヘッドバットによるカットの後にドクター・ストップにるTKOとなったことに異議を唱えたが、ボナーの訴えは却下された。そのことによりボナーは3連敗となり、ファンとメディアのやかましい引退説に耐えなくてはならなかった。

「引退するというのはありえなかったし、今はこの試合に向けて良い感じで望めている。ワン・キックス・ジムでトレーニングを行っていて、馬のように食事をしているから気分は最高だよ。最高の状態だと感じているよ。」ボナーは語った。「インターネットにある全ての”ステファンは終わり説”につい目を通してしまったけど、僕はまだ終わってないよ。」

では再びTUFのフィナーレでかつての自分に戻り、ライト・ヘビー級タイトルを目指して戦い始める事をボナーが公言するのは単なる偶然なのか、それとも何か意図があってのことなのか?結局ボナーは7年前にTUFのフィナーレで行ったUFC伝承でいまだに語り継がれるフォレスト・グリフィンとの最高の試合を行い、MMA勢力図の中に自分の位置を確立した同じ場所に戻ってきたのだ。

彼の対戦相手にとって、それは完全に金網の反対側の話だ。ミルコ・クロコップの弟子、ポクラヤックにとって、ボナー戦は彼のポジションを確立するためのもので、ボナーはポクラヤックのUFCでの踏み台にはなるまいと決心している。

「彼はハードなパンチを振ってくるしスタミナもあるからスタンドでやりあうのは得策ではない。彼の上からのグラウンド・ゲームはそれほどではないけどガードは素晴らしいものを持っている。これまでガードを取っている彼に多くのダメージを与えることができた選手を見たことがない。でも今の僕は全てのエリアで彼と戦う準備ができている。僕はよりより打撃を持っている。関節技でも僕の方が優れている。レスリングでも僕の方が優れているだろう。僕のキャンプは本当にうまくハマっているんだ。僕はトレーニングに集中し、うまく機能するなかなか良いゲーム・プランも持っている。」ボナーは語った。

ボナーはファイターであることを愛しているが、戦い以外の場所にも人生はあると言い、彼はクリエイティブであることも愛している。彼の会社、NGaugeはボナーのクリエイティビティの発信基地だ。Ngaugeは高いクオリティーのアートワークへの試みから始まり、ボナーと彼のパートナーはMMA関連クロージングを展開することが次なる大きな目標のようだ。

「トラッシュ・トーキングをする若い奴ら、ジョシュ・コスチェックの口からあふれ続ける言葉にインスパイアーされたTシャツなんだ。」ボナーは語った。「ジョシュはポール・デイリーを相当挑発して、ポールは試合後にジョシュを殴ってしまった。そしてカナダの観客を味方にすることができたのに、こんどは彼らのホッケーチームとGSPを侮辱したんだ。僕は爆笑してそして思ったんだ、”トラッシュ・トーキングTシャツはどうだろう”ってね。それでアイディアが生まれたんだ。僕は土曜日には”American Whacko(アメリカの痴れモノ)”シャツを着てゆくよ。」とボナーは言う。

ボナーは彼の新たな商品は男性客、女性客、そして子供達にも浸透していると語るが、それは彼にとってお金の問題ではなく創造性の発信の問題なのだと語る。

「ずっと戦っているだけでなく、戦うこと以外にも考えたり話たりすることがあるというのは良いことだよ。」ボナーは語る。「つまり、僕は試合のためにトレーニングをして、そして試合をして、さらに試合の話をひたすらしているような奴らを知っている。もちろんそれはかまわないよ、彼らのことだから。僕は自分の脳みそを違った方向で、クリエイティブな形で使いたいんだ。」

「戦うことは簡単ではないね。」彼は続ける。「毎日欠かさずトレーニングをするのは大変なことだ。心が荒れてしまうよ。ボロボロになってアザができて。でも毎朝おきてジムに行かなきゃいけないんだ。トレーニングをしなくてはいけないんだ。もし人生に他に何も無かったら、少なくとも僕は気が狂ってしまうよ。」

33
歳になるボナーは結婚して2年になる妻のアンドレアと子供を持つことも考えるが現在の彼らは8月あらたに家族になったポメラニアンとパグスリーのことで手がいっぱいだ。

「僕達は犬達の世話をすることで凄く良い練習をしているよ。彼れらはそれぞれに手がかかる。」ステファンは語る。「パグスリーは3匹の子供がいて、ハムスターみたいな見た目だったものがちゃんとした犬に成長してゆく様子を見るのは楽しいよ。」彼は語る。

ボナーが試合以外のことをより興味を持って語るからといって、彼が試合に集中していないと騙されてはいけない。

「いやいや、絶対にそれは無いよ。」ボナーは言った。「イゴールと戦う準備はできている。僕はなにか詩的な正義感を感じている。これまでに無く飢えているんだ。試合は戦争になるだろう、楽しみにしていてくれ。」

Watch Past Fights

メディア

最新
Top lightweights Donald "Cowboy" Cerrone and Jim Miller stand and bang inside the Octagon at Fight Night Atlantic City. Cerrone looks to face rising lightweight Myles Jury in the co-main event at UFC 182 in Las Vegas, Nevada.
2014/12/22
UFCミニッツホストのリサ・フォイルスがUFNバルエリ大会の激闘を振り返り、2015年に二人の元ライトヘビー級王者がオクタゴンに復帰することを報告。
2014/12/22
バルエリ大会で大勝したヘナン・バラオとリョート・マチダが、試合内容を語る。
2014/12/21
元UFCバンタム級王者のヘナン・バラオがバルエリ大会でミッチ・ゲイグノンを相手に記録した勝利について、さらにT.J. ディラシャウの保持するタイトルへの挑戦を希望した。
2014/12/20