ライト級ファイターたちがFUELの呼びかけに応じる

2月15日にネブラスカ州オマハで行なわれ、初めてFUEL TVでの放送が行なわれるUFCの最新対戦カード情報。

この他の対戦カード情報は下記のリンクから:
UFC 140
TUF 14 フィナーレ
UFC 141
UFC 142
FX 1
UFC 143
UFC 144
FX 2

来月にデビューを控える2人のライト級ファイターが、UFCのなかでも最もタフな階級でチャンスを得ることになった。2月15日にオマハで行われるFUELのイベントで、アントン・クイバネンはジャスティン・サラスと対戦する。フィンランド人のクイヴァネンはその16勝のうち半分をサブミッションで制しており、現在9連勝中。コロラド出身で9勝3敗のサラス相手に、連勝記録を10に伸ばすことを狙っている。

なお、当初は無敗のカリフォルニア人、C.J.キースがクイヴァネンと対戦する予定であった。ところが、キースが契約を結んだその日、彼は不幸なニュースに見舞われ、試合を放棄することを余議なくされてしまっていた。

同日にはミドル級の試合も予定され、ショーン・ローフェラーがバディ・ロバーツと対戦する。ロバーツは11勝2敗のベテランで、アルバカーキーのジャクソン・ジムでトレーニングをしている。一方のローフェラーは6連勝中。

また、T.J.ディラショウは昨季のTUF決勝からUFCのバンタム級に挑み、狡猾なウォーレル・ワトソンと対戦する。

同イベントでは2人の偉大なグラップラーが対戦する。TUF 12の勝者である ジョナサン・ブルーキンスワグナー・ホシャと対戦。当初ホシャはマイク・ブラウンと対戦する予定だったが、ブラウンはケガにより欠場が決まった。

このほか、8勝0敗のフィル・デ・フライズと7勝0敗のスタイプ・ミオシックと2人の無敗のヘビー級ファイターが激突。“エルサルバドルの誇り”ことバンタム級のアイヴァン・メンジヴァーは昨季のTUFでも顔を合わせたジョン“プリンス”アルバートと対戦する。

ライトヘビー級で印象的なUFCデビューを飾ったロニー・マルケスはミドル級に階級を下げ、アーロン・“A-トレイン”シンプソンと対戦。

また、ヘビー級では6フィート4インチ、242ポンドのデイブ・ハーマンが6フィート11インチ、235ポンドのステファン“摩天楼”ストルーヴと対戦することで口頭合意に達している。

なお、メインイベントはTOP5にランクするジェイク“ザ・ジャガーノート”エレンバーガーとTUF優勝者のディエゴ“ザ・ドリーム”サンチェスがウェルター級3ラウンド契約で対戦する。両者は口頭での合意に至っている。

メディア

最新
ドミニク・クルーズ、セザール・フェレイラ、ギルバート・バーンズが今週末に開催されるUFNバルエリ大会に併せて開催されたファンイベントに集結したファンのサイン攻めとフォトセッションに応じる。
2014/12/18
UFC Fight Night Barueri Media Day and Open Workouts at Allianz Parque on December 18, 2014 in Sao Paulo, Brazil. (Photos by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)
2014年は乱気流に飲み込まれた元UFCバンタム級王者のヘナン・バラオ。バラオはバルエリ大会のミッチ・ゲイグノン戦で仕切り直しをする計画だ。ゲイグノン戦に備えるバラオのトレーニング・キャンプの様子を見てみよう。
2014/12/18
UFCミニッツのホスト、リサ・フォイルズがデレク・ブランソン vs. エド・ハーマン、マーク・ムニョスの対戦相手情報、そしてデイナのダウンロードの最新エディションに関する情報を解説。
2014/12/18