UFC on FUEL TV 試合後記者会見概要&ファイトナイト・ボーナス

UFC: ストルーブ vs. ミオシッチ、ファイトナイト・ボーナスは誰の手に…?
UFC® on FUEL TV試合後記者会見にUFC®プレジデントのデイナ・ホワイトと共に8人のファイターが出席した。出席したファイターはステファン・ストルーブスタイプ・ミオシッチマット・ワイマンダン・ハーディジミ・マヌワグンナー・ネルソンブラッド・ピケット、そしてロバート・ペラルタ。

イーヴス・ジャボウィンをKOで粉砕したピケットがノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得。“ワン・パンチ”はジャボウィンにアッパーカットを叩き込みキャンパスに沈めると、そのニックネームの由来を実演して見せた。この勝利でピケットはオクタゴン™戦績を2勝1敗と伸ばした。

これまで無敗を誇っていたポール・サスを1ラウンドにサブミッションでしとめたマット・ワイマンがサブミッション・オブ・ザ・ナイトを獲得した。序盤にサスのテイクダウンを食らったワイマンは、試合を決したアームバーにサスを捉えるまでに、下のポジションから幾度となくサブミッションを仕掛けていた。

ファイト・オブ・ザ・ナイトはメインイベントのストルーブとミオシッチが獲得。二人のヘビー級はほんの一瞬相手の様子を伺った後、すぐさま一進一退の、ほぼスタンドでの激闘を開始。2ラウンドに入り、圧倒的に身長で勝るストルーブが距離をつかむと無数のアッパーカットを繰り出しミオシッチを崩れ落ちさせた。レフリーのハーブ・ディーンがラウンド後半に割って入り、ストルーブのTKO勝利を宣告した。

ボーナスを獲得したファイターたちにはそれぞれ4万ドルが支給された。

試合後記者会見のハイライトはこちら

ジョンとケニーの解説で楽しむイベント・ハイライトはこちら

メディア

最新
大会終了後に行われる記者会見にライブ中継を通じて参加しよう。
2015/01/27
ニック・ディアス、アンデウソン・シウバ、ケルヴィン・ガストラム、タイロン・ウッドリー、アル・アィアキンタ、そしてジョー・ロウゾンがその他のファイター達と共にUFC 183の会見で語る。メディアデイのハイライトを見てみよう。
2015/01/29
イアン・マッコール対ジョン・リネカー、そしてエド・ハーマン対デレク・ブランソンは何れも一度は対戦が予定されながらも疾病により実現しなかったマッチメイク。4人のファイター達がその失われた時間を埋め合わせる為にUFC 183に出撃する。
2015/01/29
ネバダ州現地時間2015年1月29日にMGMグランドガーデン・ホテル&カジノで行われたUFC 183アルティメット・メディアデイの模様。(Photos by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)
2015/01/29