UFC on FUEL TV 試合後記者会見概要&ファイトナイト・ボーナス

UFC: ストルーブ vs. ミオシッチ、ファイトナイト・ボーナスは誰の手に…?
UFC® on FUEL TV試合後記者会見にUFC®プレジデントのデイナ・ホワイトと共に8人のファイターが出席した。出席したファイターはステファン・ストルーブスタイプ・ミオシッチマット・ワイマンダン・ハーディジミ・マヌワグンナー・ネルソンブラッド・ピケット、そしてロバート・ペラルタ。

イーヴス・ジャボウィンをKOで粉砕したピケットがノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得。“ワン・パンチ”はジャボウィンにアッパーカットを叩き込みキャンパスに沈めると、そのニックネームの由来を実演して見せた。この勝利でピケットはオクタゴン™戦績を2勝1敗と伸ばした。

これまで無敗を誇っていたポール・サスを1ラウンドにサブミッションでしとめたマット・ワイマンがサブミッション・オブ・ザ・ナイトを獲得した。序盤にサスのテイクダウンを食らったワイマンは、試合を決したアームバーにサスを捉えるまでに、下のポジションから幾度となくサブミッションを仕掛けていた。

ファイト・オブ・ザ・ナイトはメインイベントのストルーブとミオシッチが獲得。二人のヘビー級はほんの一瞬相手の様子を伺った後、すぐさま一進一退の、ほぼスタンドでの激闘を開始。2ラウンドに入り、圧倒的に身長で勝るストルーブが距離をつかむと無数のアッパーカットを繰り出しミオシッチを崩れ落ちさせた。レフリーのハーブ・ディーンがラウンド後半に割って入り、ストルーブのTKO勝利を宣告した。

ボーナスを獲得したファイターたちにはそれぞれ4万ドルが支給された。

試合後記者会見のハイライトはこちら

ジョンとケニーの解説で楽しむイベント・ハイライトはこちら

メディア

最新
チャック・リデルと唐揚げ大食いコンテストで闘い、GSPに、頭上に置いたバドワイザー・ライトの瓶を蹴り割ってもらい、ブルース・バッファーを自分専用のアナウンサーになってもらうにはどうすればいい? 答えは簡単。バドライト・リビングラインからの電話に出ればいいだけだ! (北米のみ)
2015/04/27
UFC ミニッツホストのリサ・フォイルズが、土曜夜のUFC 186のハイライトをお届け。
2015/04/27
UFC 186でシェーン・キャンプベルを倒したジョン・マクデッシーがUFC通信員のミーガン・オリヴィのインタビューを受ける。
2015/04/26
ブラジルの有望株トーマス・アルメイダは、UFC186にてイーヴス・ジャボウィンを1ラウンドで仕留めた。UFC通信員のミーガン・オリヴィが、アルメイダに試合後インタビュー。
2015/04/26