福田力の意外な師匠

UFC 127で似本人ミドル級ファイター、福田力はTUF11卒業生のニック・リングを相手にUFCデビュー戦を迎える。

フィル・バローニは単に福田力の親しい友人でありトレーニング・パートナーであるだけではない。バローニは内職で福田の英語教師をむしろ誇りを持って行ってきた。

最近UFC.comのインタビューを福田が受けた際に通訳の手を借りていたことに関して”ニューヨーク・バッドアス”はまったく必要の無いことだ、と主張する。 

「彼の英語は素晴らしいよ!彼は俺のナンバーワンの(英語の)生徒だ。」バローニは情熱的に、いたってまじめに語った。「数人他にも教えたことがあったんだけどね。」

UFC 127
で行われるニック・レンツとのミドル級の一戦に関するインタビューで、30歳の福田はUFC.comに対して日本語以外では口を開こうとしなかった。インタビューアーだった私が知らなかったことは何だったのか、好奇心に駆られて私はバローニに彼の相棒の英語について語るように懇願してみた。

「彼はニューヨーク・アクセントだな。」バローニは語った。「さらに彼は俺が使う言葉は何でも使うぜ。」

たとえばどんな?

「“Fugetaboutit”(forget about it)」バローニは一例を述べた。

他には?

「”#$%& it”

隣のワイフをよそに、バローニはしばらくの間、かつて彼が行ったレッスンを思い浮かべていた。すぐに福田の急速に成長する第二言語に埋め込まれた二つのバローニ語が飛び出してきた。

Yeah, right”nice, playa’, nice.”だな。

英語のレッスンの話はともかく、福田(174)は現在7連勝、その中にはUFCライトヘビー級王者、マウリシオ”ショーグン”フアの兄、ムリーロ”ニンジャ"フアを相手に演じた判定勝利も含まれている。福田の豪胆さを測る物差しは、福田が2004年に迎えたジョー・ドーク戦を相手にしたデビュー戦を振り返ると良いだろう。福田はこのとき00敗、ドーク戦はなんと255敗だった。

バローニはその夜、福田のコーナーの一人として傍にいた。

「彼の試合はすごかった。」バローニは回想する。「彼はもともとはレスラーで、ドークセンはブラジリアン柔術のブラックベルトだった。ドークセンはリキをサブミッションに捕らえたんだけど、リキはそこから脱出したんだ。観客は熱狂したよ。彼はものすごいハートとガッツを見せたぜ。正しいトレーニングとそしてチャンスに恵まれれば彼はスターになるって確信したね。」

トレーニングの大半を日本で行っている福田は岡見勇信、秋山成勲らと頻繁にスパーリングを行っている。また、福田は時折バローニとカリフォルニア州サンノゼのアメリカン・キックボクシング・アカデミーやラスベガスのエクストリーム・クートゥアを訪れる。

「アメリカのジムは日本のジムと比べると全てが巨大でトレーニングのための良い環境があります。」福田は通訳の石井氏を通じて述べた。「アメリカの選手達は日本の選手達と比べると、成功するためにより真剣で全力を注いでいます。」

福田が指摘したその熱心さこそ、この数年の彼の戦い方を向上させたものに他ならない。

「これまで以上にやってきました。」大学レスリングで試合をし、そして法科の学位も取得した福田は続けた。「以前より一層ハードに、全力を注いでいます。」

アメリカ滞在中にヨガやMTV、レゲエ音楽やブリトーに対する見識を深めた福田は日本人選手のオクタゴンの中での苦戦を、減量の不足、一本やKOにこだわりすぎると言った戦略の不足に原因があるのではないかと推測する。福田はジ・アルティメット・ファイター、シーズン11の登場ファイター、100敗のプロ戦績を誇るリングと向かい合うとき、本来の実力を発揮できるだろうと確信している。

ベテランUFCファイター、バローニはそのUFCデビュー戦が目と鼻の先に迫ったよき友の武者震いを感じると言う。

「彼はかなりナーバスなっているね。大きなチャンスだからね。やるかやられるかだよ。」バローニは語った。「俺は彼に楽しみながら戦えって言ったんだ。笑いながら出てって、プレッシャーを感じちゃだめだよって。UFCまでたどり着けるのは一握りのファイターだけだ。俺も以前はカチカチに緊張して実力を出し切れなかった。起こるべきことが起こるだけだ。結果はなるようになるよ。」

Watch Past Fights

メディア

最新
UFCカウントダウンがUFC 179に参戦するトップファイター達のキャンプに潜入。無敗のライト級、ディエゴ・フェレイラが上り調子のベネイル・ダリウシュ戦に備える。
2014/10/19
UFCカウントダウンがUFC 179に参戦するトップファイター達のキャンプに潜入。タイトル戦で敗北を喫したグローヴァー・テイシェイラがフィル“Mr.ワンダフル”デイヴィスを相手に復活を目指す。
2014/10/16
カウントダウンがUFC 179に参戦するトップファイター達のキャンプに潜入。フェザー級王者ジョゼ・アルドがチーム・アルファメイルの宿敵チャド・メンデスを母国で迎撃。再戦での雪辱を晴らし、王座の奪還を誓うメンデスに対し、王者の勝利への自信は揺らがない。
2014/10/19
UFCのオクタゴンガール、アリアニーがCBSニュースのダイアン・タウゾンのインタビューにラスベガスで応じ、自信の人生とキャリアについて語る。
2014/10/19