GSP vs. ディアス、3月16日、モントリオールのウェルター級トリプルヘッダーで実現。

ジョルジュ・サンピエールとニック・ディアスが3月16日、ウェルター級トリプルヘッダーで因縁の対決!
UFCのウェルター級、TOP 10のうち6人のファイターがモントリオール大会に登場。カーロス・コンディットローリー・マクドナルドと対戦。ジョニー・ヘンドリックスは<ジェイク・エレンバーガーと対戦。そしてアレッシオ・サカラパトリック・コーテとの再戦に望む。

UFC® 158: サンピエール vs ディアスはモントリオールのベルセンターで開催。チケットの発売は北米時間1月19日土曜日から。

ネバダ州ラスベガス-18ヶ月に及んだ負傷による戦線離脱から見事な復活をとげ王座を統一したUFC®ウェルター級王者のジョルジュ・サンピエールが2013年3月16日にモントリオールのベルセンターに帰ってくる。対戦相手は元STRIKEFORCE®覆うじゃのニック・ディアスだ。サンピエール(23勝2敗)は現在170ポンド級の頂点に君臨し、10連勝を記録しているが、激しく、そして予想不可能なディアスを置いて他、この王者によりモチベーションを与えることのできる対戦相手は居ないだろう。

「ジョルジュ・サンピエールがニックディアス戦を要求してきた。彼には彼らの間に遣り残しがあることが分かっているからね。そしてディアスは同意してくれた。」UFCプレジデントのデイナ・ホワイトは語った。

謙虚な31歳のサンピエールはすでにカーロス・コンディット、マット・ヒューズ(二度)、ジョン・フィッチBJ ペン(二度)、ジョシュ・コスチェック(二度)そしてジェイク・シールズたちを撃破してきたが、ストックトンからやってきたこのサウスポーよりも彼にやる気を起こさせる対戦相手は他に居ないだろう。本来この試合はUFC® 137で行われる予定であったがサンピエールの膝の負傷も含む一連の出来事によりこれまで実現されることはなかった。

「次に僕が誰と試合をするべきか、と言うことに関して多くの議論があったけれど、僕自身にとって選択肢は一つだ。」サンピエールは語った。「因縁をつけてきたのは彼の方だ。でも僕自身も待ちきれないよ。」

STRIKEFORCE®で長期にわたりウェルター級王者として君臨したニック・ディアスはその頂点に上り詰めるまでにKJ ヌーン、エヴァンゲリスタ・サントス、そしてポール・デイリーらを粉砕してきた。そしてカーロス・コンディットに敗北しその暫定王位を失い、懲罰的な1年間のサスペンションを宣告される前には元2冠王のBJ ペンを相手に圧倒的な勝利を収めている。しかしディアスはついに彼が熱望してきたこの試合のチャンスを手に入れた。

「こいつ俺がやりたかった試合だ。」ディアスは語った。「俺は金網に入ってモントリオールのど真ん中でジョージ・サンピエールをぶちのめして、俺こそが世界最高のウェルター級だと言うことを見せてやる。」

UFC® 158:サンピエール vs. ディアスの一般向けチケットは北米時間1月19日午前10時ETより販売開始。UFC® 158のチケット販売、チケット価格、そして対戦カードなどの情報は来月にアナウンスされる予定だ。

対戦カードは諸事情により変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください。

Ultimate Fighting Championship®について


アクション満載の見逃せない大会で、世界各地の巨大アリーナやスタジアムを満員札止めにしてきたことで世界的に有名なUFC®は、世界トップの総合格闘技(MMA)団体です。所有・運営はZuffa, LLC、ラスベガス本社と、ロンドン・トロント・北京の現地オフィスから、UFCは年間30大会以上を開催し、世界最大のペイ・パー・ビューイベントプロバイダーとなっています。2012年、UFCはFOX Sports Media Group と画期的な7年間の放送契約を締結、一気にメインストリームの座にのぼりました。この契約により、FOXネットワークでの年間4回の大会生中継、FOX傘下のFXおよびFUEL TVでの大会中継と長時間の番組放映を行うこととなりました。もちろん、テレビ史上最長寿のスポーツリアリティショー、The Ultimate Fighter®もFXで放送されます。

FOX中継に加え、UFCの番組は世界145の国と地域で、ほぼ8 億世帯に向けて、30言語で放送されています。さらにUFCのコンテンツは、米国ではJoe Hand Promitions、 カナダ(英語版)ではPremium Sports Broadcasting Inc.、オーストラリアではMain Event 、ケベック(仏語版)ではInterboxによって、バーおよびレストラン向けに配信されております。UFCはまた、何百万ものファンと、自社ウェブサイトUFC.comや、ソーシャルメディアサイトFacebookおよびTwitterでつながっています。UFCのデイナ・ホワイト社長のTwitterフォロワー数は200万人、スポーツ業界で最もアクセスしやすく、最もフォローされている社長であるとされています。付帯事業としては、ベストセラーDVD、国際的に配給されている雑誌、世界中にライブ中継やビデオオンデマンドを提供しているUFC.TV、THQ社が配給するベストセラーテレビゲームUFC Undisputed®、現在EA社が開発中の新しいゲーム、UFC GYM®、UFC Fight Clubのアフィニティ・プログラム、UFC Fan Expo®、UFCブランドのアパレルやトレーディングカードがあります。

メディア

最新
UFC復帰を決めたニック・ディアスがUFC.comの独占インタビューに応じた。ニックがアンデウソン・シウバとのスーパーファイトの可能性、どのように格闘技にかかわる様になったのかなど、様々なことについて語る。
2014/07/28
アンソニー“ランブル”ジョンソンがUFCファイトナイト・サンノゼ大会で鮮烈な勝利を納める。試合後にジョー・ローガンのインタビューに答えるジョンソンの言葉を聞いてみよう。
2014/07/26
ライトヘビー級の有望ファイター、ライアン“ダース”ベイダーがUFC 144で対戦したランペイジ・ジャクソンをその動きとスピードで圧倒。ベイダーはUFCファイトナイト・バンゴー大会でオーヴィンス・サンプルーと対戦。
2014/07/28
元オリンピック・レスラーのサラ・マクマンのトレーニング・キャンプにアルティメット・インサイダーが潜入。日本時間8月17日に開催されるUFCファイトナイト・バンゴー大会のオクタゴンで行われるマクマンの次戦をお見逃し無く!
2014/07/27