ダンヘンが怪我で欠場!! UFC151大会が消滅

ダン・ヘンダーソンの怪我による欠場に伴い、UFC151が中止に!!

 日本時間9月2日にラスベガスで開催が予定されていたUFC 151のメインイベントでジョン・ジョーンズとライトヘビー級のタイトル戦を闘うことになっていたダン・ヘンダーソンが膝の怪我のため試合を欠場すること、および大会の中止が会長のデイナ・ホワイトより発表された。

 「大会自体を中止する今回の出来事は、もしかすると自分がUFCの会長に就任してからの11年間で最悪の出来事かもしれない」「彼(ダン・ヘンダーソン)は、膝に怪我を負いながらも、トレーニングを続けようと何人かの医者に診てもらったが、どうすることもできなかった」とデイナ会長は語った。

 一方、試合を欠場することになってしまったダン・ヘンダーソンは、「悲しいし、不運だ」「トレーニング中に怪我をしてしまい、試合を欠場するというとてもつらい決断をせざるを得なかった」「でも、幸運なことに現段階では手術の必要はないから、1日でも早く復帰するため、膝のリハビリに専念するよ。そして、万全の状態で俺が戦えるようにサポートしてくれるファンやコーチ、チームメイトには、本当に感謝をしている」「また、今回の欠場の決断に理解を示してくれたデイナとロレンツォ(UFCのCEO)にも感謝したい」と声明を発表した。

 ダン・ヘンダーソンの欠場に伴い、チェール・ソネンがジョン・ジョーンズとの戦いに名乗りを挙げたが、ジョーンズが受け入れなかったため実現はならなかった。ジョーンズは日本時間9月23日に開催されるUFC 152トロント大会でリョート・マチダと対戦することが決まった。

メディア

最新
UFC復帰を決めたニック・ディアスがUFC.comの独占インタビューに応じた。ニックがアンデウソン・シウバとのスーパーファイトの可能性、どのように格闘技にかかわる様になったのかなど、様々なことについて語る。
2014/07/28
アンソニー“ランブル”ジョンソンがUFCファイトナイト・サンノゼ大会で鮮烈な勝利を納める。試合後にジョー・ローガンのインタビューに答えるジョンソンの言葉を聞いてみよう。
2014/07/26
ライトヘビー級の有望ファイター、ライアン“ダース”ベイダーがUFC 144で対戦したランペイジ・ジャクソンをその動きとスピードで圧倒。ベイダーはUFCファイトナイト・バンゴー大会でオーヴィンス・サンプルーと対戦。
2014/07/28
元オリンピック・レスラーのサラ・マクマンのトレーニング・キャンプにアルティメット・インサイダーが潜入。日本時間8月17日に開催されるUFCファイトナイト・バンゴー大会のオクタゴンで行われるマクマンの次戦をお見逃し無く!
2014/07/27