リーベン、UFC 138後に1年のサスペンド

リーベン、UFC 138のドラッグ・テストで陽性、1年間のサスペンドを受ける。
ジ・アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ®(UFC®)のオーナーであるZuffa社は本日、ミドル級のファイター、クリス・リーベンが11月5日に英国バーミンガムで行なわれたUFC 138でのマーク・ムニョス戦での敗戦の後のドラッグ・テストでオキシコドンおよびオキシモルホンの陽性反応が検出された、と言う情報をリリースした。

この結果、リーベンは1年間のサスペンションを宣告された。

「俺はクリスの事が好きだしちゃんとやって欲しいと思っているけど、彼の行いが原因で1年間のサスペンションを彼は受けることになった。」UFCプレジデント、デイナ・ホワイトは語った。「もし専門的な助けが必要なら、我々は彼の為に彼のところに行くよ。我々は彼にはオクタゴンの中だけでなく、彼の個人的な人生でも成功してもらいたいと願っているからね。」

「このサスペンションを心底受け入れているということを知ってもらいたい。そしてUFCや友人、家族、そしてMMAと言うスポーツそのもに迷惑をかけてしまったことを謝罪したい。」リーベンは語った。「俺は俺自身が時として最大の敵なんだと言うことを学んでいる。こんなことをしていては俺はオクタゴンでも自分の人生でも成功することはできない。来年は本当に心を入れ替えて俺の人生とキャリアをしっかりと起動に乗せることに集中するつもりだ。ジ・アルティメット・ファイターのころから俺を支えてくれたUFCとファンの皆には本当に申し訳ないことをした。」

UFC® 138で試合を行なった他の19人のファイターたちはそれぞれ試合後のドラッグ・テストをクリアーしている。

メディア

最新
UFCファイトナイト・ナッシュビル出場選手が公式計量を終えてフェイスオフ!
2017/04/21
日本時間4月22日(土)に行われたUFCファイトナイト・ナッシュビルの公式計量の模様
2017/04/21
UFCファイトナイト・ナッシュビルの本番を前に行われた公開練習の模様
2017/04/20
ニックネームである”ライオンハート”が自分そのものを表していると明かすディエゴ・サンチェス
2017/04/19