私のお気に入りの試合: ミーシャ・テイトがペティスxベンソンを語る

現地時間4月13日のTUF 17フィナーレで行われるミーシャ・テイトとキャット・ジンガーノの女子バンタム級の一戦は、ロンダ・ラウジーへの次期挑戦者を決定するだけでなく、次のシーズンのTUFでラウジーの対抗チームのコーチを決定する一戦でもある。

オクタゴンデビューに備える元Strikeforce女子バンタム級王者、“カップケーキ”は彼女がより良いファイターになるきっかけを与えてくれたWEC 53で実現し、アンソニーが最後の一瞬で、今や“ショータイム・キック”として知られる驚きの攻撃でベンソンからベルトを奪い取った、ベンソン・ヘンダーソンvs.アンソニー・ペティスを振り返る。

無料試合映像はこちら
ベンソン・ヘンダーソンとアンソニー“ショータイム”ペティスとの一戦は素晴らしいものだった。その試合は“このラウンドはこっちが取った”とかを論じる必要などないものだった。“この二人が繰り広げることにただ畏怖の念を覚え、そして私も彼らのようにならなくてはいけない”と感じる一戦だった。試合映像はこちら(無料試合映像)

TVを見ていて覚えていることは二人の驚異的なペース。アンソニーは言葉にならない変幻自在のスタイルで、ベンソンは規律正しく、決して疲労する様子を見せなかった。

私は自分のルーツをいつもベンソンに見出す。実際に彼は私のホームタウンの出身なので。彼は自分にうぬぼれるような人物ではない。彼はすべてにおいてとてもしっかりした、メンタルも肉体も、そしてその精神もしっかりした人物なの。その意味で、私は本当に彼のことを尊敬しているわ。

ベンソンの試合でのパフォーマンスにはいつも驚愕させられる。それを見慣れてしまうことなんてありえない。前回の試合から何を予想するべきかは分かっているつもりだけど、実際の彼は常にその一歩先を行っている。彼が疲れることも、そしてフィニッシュされることもありえないように見える。彼はスクランブルでも驚異的だし。

ベンソンの試合で私が楽しむことのひとつに、彼が勝っているのか負けているのか、本当のところは分からないと言う点がある。彼が本当に劣勢に見えることは決してなく、敗北を認めるそぶりを見せずに常にガンガン前に出続ける。最悪のポジションに陥ることすらあるけど、どういったわけかその流れをひっくり返してしまうの。本当に驚異的なアスリートね。

どんなことをしたって、彼は勝利のために戦い続けて、彼自身そのことを楽しむゆとりすら持っている。あれこそまさに私たちのあるべき姿だと思う。

ペティスも驚異的なファイターね。彼がどんな角度から飛び込んでくるかは誰にも分からない、だから全てに対応しなくてはならないの。彼はガードを固める相手を何人もフィニッシュしてきている。彼に対する簡単な攻略法なんて存在しない。彼のことも同様にあこがれているわ。

プレッシャーがかかる試合の中で、流れに任せるっていうのは簡単なことではないの。多くのファイターが心地よく感じるところにすがりつく-打撃で劣勢の選手がテイクダウンに飛び込むのを何度も見ているでしょ?でもアンソニーはそんなことはしない。相手に何をされていたって相手にハイキックを叩き込んでKOするために彼はどうやって相手を罠にはめるか、どうやって混乱させるかを考えているの。

自分にインスピレーションを与えてくれる試合を見れば、私の戦い方を良くしてくれる。彼らがあの試合で、あれ以上何かができたとは思えないわ。あの試合はまさに素晴らしいパフォーマンスだったと思うし、あれこそが全てのファイターたちが目指すべきレベルだと思う。

今私はフェニックスのMMA Lab(訳注:ヘンダーソンのチーム)にいる。土曜日はハードなMMAのスパーリングをしているけど、実践をシミュレートできるから素晴らしいトレーニングね。二人がスパーリングをして、残りの人たちは金網の周囲に座ってその様子を見るの。何人かの人たちがアドバイスを送ったりする。私のボーイフレンド(訳注:UFC選手の)ブライアン・キャラウェイ、(訳注:BJJ/MMAコーチ)ジョン・クラウチ、それからベンソンも大声を出しているわ。

どのファイターもできるだけ早く相手をフィニッシュしたいと願っていると思うけど、高いレベルのファイターを相手にそれを実際にやることは本当に難しいこと。25分間にわたって意思を貫き、肉体と感情をコントロールすのは並大抵のことではないわ。ファイターの一人としてファンもファイターも、あらゆる人間を夢中にさせる本当に驚異的なパフォーマンスを見せる人たちのことは本当に尊敬する。そのうちの一人になることが私にとって本当に達成したいゴールね。

メディア

最新
無敗のライト級、マイルズ・ジューリーがUFC Japan 2014大会での勝利を振り返る。15戦全勝の“フューリー”のアクションをUFCファイトパスで楽しもう!
2014/09/20
UFC Japan 2014大会で勝利したマーク・ハントがブライアン・スタンのインタビューに答え、本日誕生日を迎える2歳の娘を祝福。UFCファイトパスでUFC Japan 2014大会をもう一度楽しもう。
2014/09/20
UFC Japan 2014大会のヘッドライナー、マーク・ハントがミーガン・オリヴィのインタビューに答え、ロイ・ネルソン戦でのノックアウトを振り返る。UFCファイトパスでUFC Japan 2014大会をもう一度楽しもう。
2014/09/20
UFC Japan 2014大会でアミール・サドラーを下した秋山成勲が語る言葉を聞いてみよう。UFC Japan 2014大会をUFCファイトパスでもう一度楽しもう。
2014/09/20