福田力:真価を問われるマカオ決戦へ

「前回よりもスキルが向上してると感じているし、試合が待ちきれません」福田力

UFC middleweight Riki Fukuda 11月10日の試合を日本からあまり遠くないマカオで戦うことは、UFCミドル級のファイターである福田力にとっては絶好の機会だと思うかもしれない。オーストラリアやアメリカで戦う際に悩まされる、長旅による疲れを回避できるからだ。

 ところが、東京在住の福田は10日のトム・デブラス戦に向け、日本を離れる決断を下した。すでに5年以上の付き合いがある北カリフォルニアのAKA(アメリカンキックボクシングアカデミー)でキャンプを行うことを決定したのだ。

 福田は「AKAは最高のトレーニング機関で、僕にとって最高のパートナーとコーチがいます。UFCで戦うので、試合に向けて最大限の努力をすることは義務だと思っています」とコメントしている。

 UFCでのキャリアを1勝2敗でスタートした福田にとって、デブラスとの一戦は非常に重要な試合となる。そんな対決を前にアメリカでキャンプをするのは、本当に適切なタイミングだったと言えるだろうか?日本でトレーニングする方が楽なのでは?しかし、福田の見方は違った。

 「日本ではジム間の移動時間や適切なトレーニング相手を探すのに、余計な時間をくってしまう。東京の満員電車で移動するのは大変ですし、多くの時間と労力を要しますしね。でも、AKAでは一カ所で集中することが出来るし、練習に必要な場所も十分にある。パートナーもいますし。それに、同じ階級の様々なタイプの選手と戦うことが出来ます」と語っている。

 31歳の福田にとって、ミドル級のトップを狙うのであれば、リスクをとるタイミングは今しかないと言える。それと同時に、家族や友人とこそ離れ離れになるものの、AKAのメンバーと友情を育む上ではまたとない機会となるだろう。

 福田は「家族や友人と離れることは、喧噪から逃れ集中できるという点ではいいけど、寂しい部分もありますね。でも、より良いパフォーマンスを見せる為、より良いファイターになる為にはそれも必要なことです。僕は今、ジョン・フィッチの家に住んでいて、ジョンと奥さん、そしてAKAのメンバーには色々と助けられています。本当に感謝してます」と語っている。

 UFCで1勝2敗の福田にとって、4試合目は真価の問われる一戦となる。福田の初の敗戦となったニック・リング戦は2011年最悪の判定の1つとされており、彼は敗北にふさわしくなかった。福田は第2戦ではスティーブ・キャントウェルを相手に圧倒的な勝利を収めている。そして、コンスタンティノス・フィリッポウ戦では本調子にはほど遠かった。戦績に新たな惜敗が一つ加わるより、白星が加わった方がいいのは説明するまでもない。

 「今のところ、これまで経験したことのないようなプレッシャーはありませんね。前回よりもスキルが向上してると感じているし、試合が待ちきれません」

 対戦相手のデブラスはこの一戦でミドル級デビューを果たす。アグレッシブな両者の一戦は見どころ十分な試合となるだろう。

 なお、穏やかで試合前の舌戦とは無縁な福田にとって、対戦相手に敬意を払われることは珍しいことではない。

 「デブラスが僕のハードワークを評価してくれているのは、とても光栄なことです。僕も彼のことをリスペクトしている。デブラスはライトヘビー級からミドル級に転向してきた選手で、フィジカル的には僕を上回ります。それにグラウンドでも強い。ヒカルド・アルメイダに師事していて、柔術も黒帯です。リング・オブ・コンバットではライトヘビー級とヘビー級でタイトルも獲っている。力のあるファイターです」とデブラスについてコメントしてる。

 謙虚な福田だが、最後には野心をのぞかせる一幕も。「今現在のUFCミドル級において、自分のランクが低いことは理解しています。でも、数年の内にUFCのチャンピオンになる自信はあります。まずは、マカオで必ず勝利したい。そして2013年を飛躍の年にしたいですね」と必勝を誓った。

Watch Past Fights

メディア

最新
Top lightweights Donald "Cowboy" Cerrone and Jim Miller stand and bang inside the Octagon at Fight Night Atlantic City. Cerrone looks to face rising lightweight Myles Jury in the co-main event at UFC 182 in Las Vegas, Nevada.
2014/12/22
UFCミニッツホストのリサ・フォイルスがUFNバルエリ大会の激闘を振り返り、2015年に二人の元ライトヘビー級王者がオクタゴンに復帰することを報告。
2014/12/22
バルエリ大会で大勝したヘナン・バラオとリョート・マチダが、試合内容を語る。
2014/12/21
元UFCバンタム級王者のヘナン・バラオがバルエリ大会でミッチ・ゲイグノンを相手に記録した勝利について、さらにT.J. ディラシャウの保持するタイトルへの挑戦を希望した。
2014/12/20