TUF 13のコーチを発表!

MMA界の巨人がTUFで復活!でも今回は試合ではなくコーチとして競い合う!

UFCプレジデント、デイナ・ホワイトは本日、前UFCヘビー級王者ブロック・レスナーとナンバーワン・コンテンダーであるジュニオール・ドス・サントスがSpike TVのリアリティー番組TUFシーズン13でコーチ役を務めることを発表した。

このシーズンは今月の後半から撮影が開始され、放映は330日に開始、そしてレスナーとドス・サントスはオクタゴンで拳を交えることになるが、その日時は6月に発表される。その試合の勝者は現在ローテーター・カフの断裂により戦線を離れている現王者、ケイン・ヴェラスケスと対戦することになる。

「この撮影はとても興味深い6週間になるだろう。」デイナは火曜日に行われた電話会談でメディアに語った。「この両者がコーチを勤め、そして試合をする。さらにその勝者はケイン・ヴェラスケスが負傷から完治したときに彼と対戦することになる。」

2005
年にSpikeで放送が開始されたTUFに登場するのはどちらのファイターにとっても今回が初めてのことだ。ヘビー級のファイターがコーチを勤めるのは2008年以来のことで、ドス・サントスの指導者、”ミノタウロ”ノゲイラが元王者フランク・ミアと対戦したとき以来のことだ。今回二人がコーチをするのはUFCとの契約を夢見る期待にあふれるウェルター級のファイター達だ。

近年最大のサクセスストーリーの一つとして、ブロック・レスナーのUFCでの戴冠はしばしば記事になってきた。ミネソタ大学時代にNCAAのディヴィジョン1でレスリング王者に輝いたレスナーは、スピードとパワーを伴った巨体で2008年にオクタゴンに登場した。そしてプロ戦績わずか4戦目にしてレスナーはランディ・クートゥアを破り、ヘビー級の王座に就いた。ミアとシェーン・カーウィンを相手にその王座を防衛した後、昨年の10月に行われたUFC 121でそのベルトをヴェラスケスに手渡すこととなった。王位奪回を決意したレスナーはドス・サントスを破り、再び最短距離でその目標に突き進むつもりだ。

「奴は元王者でタフな奴らを破って王座を防衛したんだ。」デイナはレスナーについて語った。「戦績がどうかに関係なく、奴が僅かな時間で成し遂げたことは、彼がMMAの世界で信じられない存在だって事を物語っているよ。彼は明らかに教えることのできる多くのものを持っているけど、彼の周りのスタッフたちも若手やこれからの奴らに教えることを沢山持っている、それが全てだよ。」

有望でありながらも無名だったブラジル人ファイター、ジュニオール・ドス・サントスが一夜にしてコンテンダーの仲間入りをしたのは2008年に非常に評価の高いベテランファイター、ファブリシオ・ヴェルドゥムを1ラウンドにノックアウトした時である。この目を見張るようなデビュー戦の後もステファン・ストルーヴ、ミルコ・クロコップ、ギルバート・アイヴル、そしてガブリエル・ゴンザガを仕留め、さらにロイ・ネルソンを3ラウンドの判定で破りヘビー級のタイトル挑戦権を獲得した。しかしドス・サントスはヴェラスケスの復帰を座して待つの事はなく、そのナンバーワン・コンテンダーの地位を賭けてレスナーとコーチとして対決し、そして今年の後半に試合をすることを選んだのだ。

「ジュニオール・ドス・サントスは若くてこれからの奴だ。」デイナはドス・サントスについて語った。「彼は相手を軒並みノックアウトし、”ビッグ・カントリー”(ロイ・ネルソン)3ラウンドの激闘の末退けた。俺は若い奴らにその役をやらせるのが好きなんだ、なぜってそれは彼らにとって良いことで、良い経験で、良いシェイプになるし、そしてもう一つ上のレベルに引き上げるからね。こんな奴を棚に長いことしまっておくのは馬鹿げている。彼の評価だって揚がるよ。」

メディア

最新
無敗のライト級、マイルズ・ジューリーがUFC Japan 2014大会での勝利を振り返る。15戦全勝の“フューリー”のアクションをUFCファイトパスで楽しもう!
2014/09/20
UFC Japan 2014大会で勝利したマーク・ハントがブライアン・スタンのインタビューに答え、本日誕生日を迎える2歳の娘を祝福。UFCファイトパスでUFC Japan 2014大会をもう一度楽しもう。
2014/09/20
UFC Japan 2014大会のヘッドライナー、マーク・ハントがミーガン・オリヴィのインタビューに答え、ロイ・ネルソン戦でのノックアウトを振り返る。UFCファイトパスでUFC Japan 2014大会をもう一度楽しもう。
2014/09/20
UFC Japan 2014大会でアミール・サドラーを下した秋山成勲が語る言葉を聞いてみよう。UFC Japan 2014大会をUFCファイトパスでもう一度楽しもう。
2014/09/20