フェイバーvs.ヨルゲンセン、TUF 17 フィナーレ大会のメインイベントの座を獲得

現地時間4月13日土曜日に開催されるTUF 17フィナーレの最新情報。
デメトリオス・ジョンソンの負傷によりジョンソン対ジョン・モラガ戦が消滅したため、4月13日にラスベガスで開催されるアルティメット・ファイター・フィナーレに新たなメインイベントが決定した。先日行われたUFC 157でアイヴァン・メンジヴァーに勝利し勢いに乗るユライア・フェイバーと、バンタム級のトップ戦線で長く活躍を続けるスコット・ヨルゲンセンとの激突が実現する。

マイティ・マウス、TUF 17 フィナーレ大会を欠場


2月27日更新
UFCフライ級王者のデメトリオス・ジョンソンが負傷し、4月13日の大会で試合を行うことができなくなったことが本日アナウンスされた。これによりジ・アルティメット・ファイターズ・シーズン17のフィナーレでのタイトルマッチが行われる望みは消滅してしまった。ジョンソンはジョン・モラガを相手に防戦を行うことが予定されていた。

新たなメインイベントは近日中に発表される見通しだ。

TUF 17 フィナーレのメインイベントはタイトルマッチに


2月11日更新
これまでTUFフィナーレと言えば、新たなアルティメット・ファイターのシーズン優勝者を決定する一戦がトリを勤めるのが常であったが、4月13日に予定されている今シーズンのその締めくくりのの一戦でUFCフライ級王者デメトリオス・ジョンソンが保持するタイトルを防衛するべくジョン・モラガと対戦。本物のUFC王座を賭けた一戦がトリを勤めることとなった。試合をするたびに大きな印象を残し、パウンド・フォー・パウンドとしてのランキングを上がり続けているジョンソンに対して、最近の2試合ではTKO勝利を収めるなど、オクタゴン内で目覚しい活躍を見せるモラガも、タイトル奪取のみならず、その連勝記録を9に伸ばすことも目論んでいる。

産声を上げたばかりのUFCの女子のディビジョンでは元Strikeforce王者のミーシャ・テイトと成長著しいキャット・ジンガーノが対戦。UFC史上2試合目となるこの一戦でも二人のトップアスリート同士による激突が実現した。

ガブリエル“ナパオン”ゴンザガとトラヴィス“ハパ”ブロウニという巨漢同士の激突も対戦カードに追加された。
さらにフェザー級ではコール・ミラーがバート・パラゼウスキと対戦。また同じく145ポンド級で打撃のスペシャリスト、ジャスティン・ロウレンスが円熟のベテラン、ダニエル・ピネダと対戦する。

上記の試合すべてが口頭での合意に至っている。大会開催地、チケット情報などを含む、フィナーレ大会に関するこの他の情報は近日中にjp.ufc.comで発表される予定だ。

メディア

最新
2015年1月に行われたUFC 182でジョン・ジョーンズ対ダニエル・コーミエ戦を見守った元ヘビー級王者ケイン・ヴェラスケスの様子
2016/06/27
UFCライト級王者ハファエル・ドス・アンジョスが語る戦士の条件
2016/06/27
UFCファイトナイト・スーフォールズの試合後に開かれる記者会見の模様
2016/07/13
アメリカ・サウスダコタ州スーフォールズで実施されるUFCファイトナイトの公式計量は日本時間7月13日(水)6時スタート!
2016/07/12