TUF 17 フィナーレ大会試合後記者会見要約

ジ・アルティメット・ファイター 17 フィナーレ大会、ボーナスは果たして誰の手に…?
ジ・アルティメット・ファイター 17 フィナーレ大会の試合後記者会見にはUFC®プレジデント、デイナ・ホワイトと共に8人のファイターが出席した。出席したファイターはユライア・フェイバー、スコット・ヨルゲンセン、ケルヴィン・ガストラム、ユライア・ホール、キャット・ジンガーノ、ミーシャ・テイト、トラヴィス・ブロウニ、そしてブッバ・マクダニエル。

ホットな死闘を繰り広げたジンガーノとテイトがファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。序盤の2ラウンドはテイトが何度と無くジンガーノをテイクダウンし、積極的にサブミッションを狙うなど試合の主導権を支配していた。しかしジンガーノは2ラウンドからグラウンドでの展開で盛り返し始めると、3ラウンドでのTKOにつながる試合の流れを作り出した。この試合に勝利したジンガーノはTUF来シーズンのコーチの座と共に、王者ロンダ・ラウジーのもつタイトルへの挑戦権を獲得した。

1ラウンドに元トップ・コンテンダーのガブリエル・ゴンザガをフィニッシュしたブロウニがノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。ハイキックを失敗するも、ゴンザガのテイクダウンを受け止めた“ハパ”は金網に押し付けられながらもゴンザガの頭部に数発のヒジ打ちを叩き込むと、タフなブラジリアン・ファイターを失神させてしまった。

TUF卒業生のジャスティン・ローレンスを仕留めたダニエル・ピネダがサブミッション・オブ・ザ・ナイトを手にして帰路に着いた。試合の初っ端から相手をテイクダウンし主導権を握ったピネダはそのままキムラ・ロックを極め、1ラウンドの序盤に試合を決した。

ボーナスを獲得したファイター達にはそれぞれ5万ドルが支給された。

メディア

最新
インヴィクタFC 9公式計量を、日本時間11月1日朝の6時からライブで視聴しよう。
2014/10/27
ミドル級9位のコンテンダー、マイケル“ザ・カウント”ビスピンがUFCベテランのブライアン・スタントUFC 152で真っ向勝負。ビスピンはUFNシドニー大会でルーク・ロックホールドと対戦!
2014/10/31
かつてはテネシーのフットボールスター、現在はUFCライトヘビー級のコンテンダー、オヴィンス・サンプルーがニキータ・クリロフをヴォン・フルー・チョークで眠らせる!サンプルーはUFNウベルランジア大会でマウリシオ“ショーグン”フアと対戦。お楽しみに!
2014/10/31
UFCミニッツのホスト、リサ・フォイルズが10月31日金曜日の要チェックニュースを解説。
2014/10/30