UFC 149:パトリック欠場、エバーソールが代替出場へ

UFC 149 の最新ファイトカード、大会は日本時間7月22日にカナダのカルガリーで開催される。

さらなるファイトカードアップデートはこちら!!:
UFC on FUEL TV 2 - 4月15日
UFC 145 - 4月22日
UFC on FOX 3 - 5月6日
UFC on FUEL TV 3 - 5月16日
ストライクフォース・サンノゼ - 5月20日
UFC 146 - 5月27日
TUF Live Finale - 6月2日
UFC on FX 3 - 6月9日
UFC on FX 4 - 6月23日
UFC 147 - 7月24日
UFC 148 - 7月8日

 UFC 149出場予定の選手で、またも負傷者が出てしまった。このたび、クロード・パトリックの欠場が決定。代わりにジェイムズ・ヘッドと対戦するのはブライアン・エバーソール。日本時間6月23日に開催されたUFC on FXで印象的な勝利を挙げており、短期間での連戦に臨むこととなった。

リドルがバハドゥルザダの代わりに出場7月1日更新
 ウェルター級のシアー・バハドゥルザダの負傷欠場が決まった。代わりにクリス・クレメンツと対戦するのはマシュー・リドルで合意している。

フェザー級に新たな変更6月26日更新
 ジョージ・ループがトレーニングで負傷したことにより、ダニエル・ピネダにチャンスが与えられた。ループに代わってカナダ期待のファイター、アントニオ・カルバーリョと対戦することで口頭合意に至っている。

 さらに、バンタム級のハードヒッター、フランシスコ・リベラが売出し中のカナダの若手、ローランド・デロームと対戦することも決まっている。

ノゲイラ欠場、ジョーダンがコンゴと対戦6月16日更新
 ヘビー級のレジェンド、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのUFC 149欠場が決まった。代わりに出場するのは ショーン・ジョーダン。キャリア最大ともいえる舞台で、シーク・コンゴと対戦する。

 ジョーダンはここ5試合で4勝と好調で、3月にUFCデビューを飾ると、オリ・トンプソン相手に2ラウンドTKO勝ちを収めた。一方のコンゴは、連敗は避けたいところ。

アルドvsコクが中止、代わりはフェイバーvsバラオに!6月9日更新
 ジョゼ・アルドの負傷により、今大会のメインイベントであるアルドvsエリック・コクが中止となってしまった。代わりに、UFC 148のユライア・フェイバーvsヘナン・バラオのバンタム級暫定王者決定戦がUFC 149にスライドしている。

 元WEC王者のフェイバーはバンタム級で現在3勝1敗。相手のバラオはMMA史上最長となる27戦無敗を誇っており、UFCでもコール・エスコベドブラッド・ピケットスコット・ヨルゲンセンを下し、瞬く間にバンタム級のトップにまで上り詰めている。

ビスピン欠場、ロンバード参戦 ショーグンはFOXへスライド6月6日更新
 ケガ人の続出により、UFC 149とUFC on FOXの間でファイターの交換が行なわれた。

 UFC 149ではイギリスのミドル級ファイター、マイケル・ビスピンが負傷によりティム・ボッシュ戦を欠場することが決定。代わりに出場が決まったのは、FOXでブライアン・スタンとのメインイベントに出場するはずだったヘクター・ロンバード。スタンの欠場により、対戦相手の決定待ちとなっていた。

 一方、チアゴ・シウバの欠場により、対戦相手を探していたマウリシオ・"ショーグン"・フアは、逆にUFC 149からFOXにスライドすることが決定。FOXではブランドン・ヴェラと共にメインイベントを務める。

二人のチアゴの欠場が決定6月4日更新
 UFCのトップファイターである二人のチアゴが負傷してしまった。チアゴ・アウベスシアー・バハドゥルザダ戦を欠場。さらにチアゴ・シウバマウリシオ・"ショーグン"・フア戦を欠場することとなった。

 アウベスの代わりにバハドゥルザダと対戦するのはクリス・クレメンツ。カナダ・オンタリオ州ロンドン出身のクレメンツは、4月に行われたUFC 145のデビュー戦を勝利で飾っている。

 このほか、バンタム級のビビアーノ・フェルナンデスがカナダのホープ、ローランド・デロームとオクタゴン・デビュー戦を迎える。また、ウェルター級のジェイムズ・ヘッドクロード・パトリックの対戦も決まった。

アルド、ショーグンらの出場決定!5月9日更新
 日本時間5月10日にカルガリーで行われるイベントで、長い間噂になっていた数々のカードが実現した。

 UFCフェザー級王者のジョゼ・アルドエリック・コクと対戦。この惑星で最強のパウンド・フォー・パウンドの一人と目されているアルドはUFC無敗で、目下14連勝中。2005年以来負けていない。一方、22歳のコクはキャリアで1敗しかしておらず、現在4連勝中。その二つでノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞と、波に乗っている。

 さらに、元ライトヘビー級王者のマウリシオ・“ショーグン”・フアチアゴ・シウバによるブラジル人対決も決まった。

 ミドル級10傑に入るティム・ボッシュマイケル・ビスピンの対戦も決定。ライアン・ジモーアンソニー・ペロシュの試合も発表されている。

秋山の欠場が決定! バハドゥルザダが代替え出場へ5月8日更新

 4月のデビュー戦で42秒でのKOを記録したシアー・バハドゥルザダが、UFC 149で第2戦目を戦うことが決定した。今回、日本の秋山成勲の欠場が決定。同選手の代わりに、バハドゥルザダはチアゴ・アウベスと顔を合わせることとなった。

ノゲイラとコンゴが7月に激突4月25日更新
 カルガリーで行われる夏のイベントで、ビッグなヘビー級カードが実現した。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラシーク・コンゴと戦うことで口頭合意に至っている。

UFC 149、秋山がチアゴ・アウベスと対戦!4月10日更新
 夏のカルガリーの大会で、ウェルター級で最もエキサイティングなファイター二人の対戦が決まった。柔道黒帯の秋山成勲がブラジリアン柔術茶帯のチアゴ・アウベスと激突。両者は寝技を得意としながら、スタンディングの攻防も大好きときている。試合は白熱すること必至!!

 また、ジョージ・ループアントニオ・カルバーリョ のフェザー級マッチも合意に至っている。

カルガリー大会の対戦カード続々決定4月9日更新
 日本時間7月22日にカルガリーで開催されるUFC 149の対戦カードが続々と決定している。

 王者ジョゼ・アルドのタイトルマッチ(対戦相手未定)をメインイベントとする今大会では、まずはミドル級でニック・リングコート・マクギーが対戦。両者はTUF 11以来のライバルで、同シリーズではリングのマクギーに対する判定勝ちが不当だったとして議論を呼んだ。このあと、両者には再戦の機会があったが、リングが怪我で欠場、最終的にはマクギーがシーズンを制した。

 バンタム級のブライアン・キャラウェイはカナダ人のミッチ・ゲイグノンと対戦。さらにライト級ではアントン・クイヴァネン とカナダのミッチ・クラークが上昇をかけて激突する。

メディア

最新
Welcome to the first installment of the UFC Minute! Host Lisa Foiles reviews some of the UFC's biggest stories and looks ahead at what is in store for the rest of the day.
2014/07/30
At UFC 125, Brad Tavares lets his hands and knees fly against Phil Baroni, looking to make it a quick night in the Octagon. See Tavares take on Tim Boetsch at UFC Fight Night Bangor.
2014/07/29
UFC復帰を決めたニック・ディアスがUFC.comの独占インタビューに応じた。ニックがアンデウソン・シウバとのスーパーファイトの可能性、どのように格闘技にかかわる様になったのかなど、様々なことについて語る。
2014/07/28
アンソニー“ランブル”ジョンソンがUFCファイトナイト・サンノゼ大会で鮮烈な勝利を納める。試合後にジョー・ローガンのインタビューに答えるジョンソンの言葉を聞いてみよう。
2014/07/26