UFC152:予期せぬ形でハミルvsホレットが復活

日本時間9月23日に、トロントで行われるUFC152大会の最新情報

最新のファイトカードはコチラ!
UFC 149 - 7月21日
UFC on FOX 4 - 8月4日
UFC 150 - 8月11日
UFC on FUEL TV 5/UFC Nottingham - 9月29日
UFC 151 - 9月1日
153 - 10月13日

 ベテランのマット・ハミルの対戦相手がまたも変更となった。しかし、これには予期せぬユニークな結末が待っていた。当初ロジャー・ホレットと対戦予定だったハミルだが、ホレットの欠場に伴い、対戦相手がウラジミール・マティシェンコに変更。しかし、今度はマティシェンコが負傷。新たに対戦相手を探すことになっていたが、ここに来てホレットに対して復帰に向けたゴーサインが出たため、当初のカードであるハミルvsホレットが復活する形となった。

試合カードの追加と変更が発表8月24日更新
 UFC151で行われる予定だったチャーリー・ブレネマンカイル・ノーク戦が日本時間9月23日(日)にトロントで開催されるUFC152に移動。また、UFC152に参戦予定だったブレネマンのチームメートのダン・ミラーがUFC152には出場しないことが決定した(ミラーの息子の腎臓移植手術の日程が決まったため)。そのためミラーと対戦予定だったショーン・ピアソンランス・ベノイストと対戦することになった。

ジョーンズとベウフォートがUFC152で対戦することが決定8月23日更新
 日本時間9月23日にトロントで開催されるUFC 152で、ジョン・ジョーンズはライトヘビー級王座防衛をかけてビトー・ベウフォートと戦うことになった。ジョーンズは負傷したダン・ヘンダーソンに代わってリョート・マチダと対戦すると発表されたばかりであった。

 当初、UFC 151でヘンダーソンと対戦する予定だったジョーンズ。ところが、ヘンダーソンのひざの負傷による欠場が決定。ミドル級から階級を変更するチェール・ソネンが代替えのオファーを受け、一時はジョーンズvsソネンがメインイベントとして開催されるとの情報が流れた。しかし、このソネンとの対戦を王者ジョーンズが拒否。事態は暗礁に乗り上げることとなった。

 そして現地時間8月23日の朝、デイナ・ホワイト会長はジョーンズがリョート・マチダと対戦すると発表した。さらにメインカードがUFC 151からUFC 152に移動すると発表。これに伴って、UFC 151が消滅したとも発表していた。ところが今度はマチダがジョーンズとの対戦を拒否。同じブラジル人のビトー・ベウフォートにチャンスを明け渡すこととなっている。

ハミルがマティシェンコと対戦へ8月20日更新
 マット・ハミルの復帰戦は、ロジャー・ホレットの欠場に伴い、カード変更を余儀なくされた。新しい対戦相手はウラジミール・マティシェンコ。どちらも最後の試合で新星アレクサンダー・グスタフソンに敗れており、再起をかける一戦となる。

マクドナルドがペンとの試合を欠場8月4日更新
 BJ・ペンローリー・マクドナルドによる好カードの開催が中止となった。デイナ・ホワイト会長によれば、マクドナルドがスパーリング中に右目の上を38針縫う怪我を負ったため、復帰が11月下旬になるという。

ハミルが復帰、カードが続々決定8月3日更新
 ライトヘビー級のマット・ハミルがカナダのロジャー・ホレットと対戦することで合意し、UFC復帰を飾ることとなった。また、ウェルター級のベテラン二人、ダン・ミラーショーン・ピアソンが対戦することが決定。フェザー級ではカブ・スワンソンチャールズ・オリベイラが顔を合わせ、さらにバンタム級ではミッチ・ゲイグノンワレル・ワトソンと対戦する。

さらなるファイトカードが発表 7月24日更新
 トロントのUFCファンにとって、嬉しい知らせが二つ届いた。フェザー級のジミー・ヘッテスマーカス・ブリメージの対戦が実現。無敗のヘッテスは獰猛なスタイルですでにフェザー級の有力候補に名乗りをあげているが、ブリメージのパワーには手を焼くはずだ。

 また、ウェルター級では連勝中の二人が激突。シメオン・“はにかみ”・ソーレンセンがセス・バジンスキと対戦することで口頭合意に至った。

ヴィニー・マガリャエスがUFC復帰7月18日更新
 目下5連勝中のサブミッションの魔術師、ヴィニー・マガリャエスがUFCに復帰することで口頭合意した。対戦相手は危険極まりないストライカー、イゴール・ポクライェク。異なる特徴をもつ両者の対決に注目が集まる。

9月に開催されるトロント大会の対戦カードが決定!!7月13日更新
 今年3月から、4人のファイターの間で争われてきたUFC初のフライ級王者のタイトル。最後に残ったのは、ジョセフ・ベナビデスデメトリオス・ジョンソンの2人。この2人の天才的ファイターが初のフライ級王者を賭け、日本時間9月23日にトロントで開催されるUFC152で激突する。

 加えて、ミドル級のトップテンファイター“オールアメリカン”ブライアン・スタンと悪童ブリティッシュのマイケル・ビスピンが、タイトル戦に近づくための重要な一戦をこの大会で戦う。

 また、2011年の10月にニック・ディアスに敗れ、引退をほのめかしていた元2階級王者BJ・ペンが、新たなモチベーションを携え、現在3連勝中のカナダ人ファイター、ローリー・マクドナルドと対戦する。



メディア

最新
In conjunction with Breast Cancer Awareness month, the all-women cast of The Ultimate Fighter took time away from their training to better understand the disease and how methods for early detection can make all the difference in the fight.
2014/10/22
2012年にジョゼ・アルドに喫した失意の敗北からMMAアスリートとしての成長を余儀なくされたチャド・メンデス。キャリア唯一の敗北から多くを学んだチーム・アルファメイルのファイターがUFC 179で実現するアルドとの再戦へ万全の準備ととも臨む。
2014/10/22
UFC Minute host Lisa Foiles updates fans on Cain Velasquez' injury, the return of The Ultimate Fighter, and today's all-new Dana Download.
2014/10/22
地元リオでフェザー級王者として防衛戦にそなえるジョゼ・アルド。アルドの挑戦者チャド・メンデスと同級の急成長株コナー・マグレガーへ向けた言葉は鋭い。一方米国ではメンデスはネイト・ディアスと共にトレーニングを積んでいた。
2014/10/21