UFC153:アンデウソン・シウバがライトヘビー級参戦!

ブラジルで日本時間10月14日に開催されるUFC 153の最新情報。さらなるファイトカードは下記のリンクからチェック!

UFC on FUEL TV 4 - 7月12日
UFC 149 - 7月22日
UFC on FOX 4 - 8月5日
UFC 150 - 8月12日
UFC 151 - 9月2日
UFC on FUEL TV 5/UFC ノッティンガム - 9月30日

※日付はすべて日本時間

 すでにライトヘビー級で2勝しているミドル級王者アンデウソン・シウバが、いま一度階級を上げて試合に臨むことが分かった。対戦相手はTUF出身のステファン・ボナーに決定。

 この大会ではジョゼ・アルドフランク・エドガーの“スーパーマッチ”が予定されていたが、アルドの負傷によりあえなく中止に。しかし、代わりに新たな“スーパーマッチ”が組まれることとなった。

 また、同じく負傷したクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンの代わりには、ファビオ・マルドナードの出場が決定。グローバー・テイシェイラとコメインイベントを戦うことになる。

 このほか、この大会ではMMAのレジェンドであるアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラデイヴ・ハーマンと対戦することも決まった。

アルド、ランペイジが負傷欠場9月11日更新
 UFC 153に激震が走った。フェザー級王者であるジョゼ・アルドが、足を負傷したことにより、フランク・エドガーとのタイトル防衛戦を欠場することが決定。フランク・エドガーがライト級から階級を下げての“スーパーマッチ”は、あえなく中止となってしまった。また、同大会ではクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンのラストマッチも開催される予定だったが、この元UFCライトヘビー級王者も欠場が決定。グローバー・テイシェイラは対戦相手を探すこととなった。

エドガー、階級を下げてアルドに挑戦!8月30日更新
 フェザー級に階級を落とすことを決断したフランク・エドガーが、いきなりタイトルに挑戦することになった。

 エドガーは10月に開催されるUFC 153で王者ジョゼ・アルドに挑戦。アルドはエリック・コクと対戦予定だったが、同選手の負傷により対戦相手が空位となっていた。

 この世紀のビッグマッチについて、デイナ・ホワイト代表は「このファイトは単なるタイトルマッチにとどまらず、ファンにとってはドリームマッチだ。アルドとエドガーは、どちらもパウンド・フォー・パウンドの候補だからね」と語った。

ベウフォート対ベルチャー戦が中止になり、デイビス対プラド戦が追加!!8月21日更新
 UFC151中止がリオで開催のUFC153にも影響。UFC153でアラン・ベルチャーと対戦予定だったビトー・ベウフォートがUFC152のメインカードでジョン・ジョーンズと対戦するため、ベウフォートとベルチャー戦がキャンセルになった。また、この試合のキャンセルが発表された後、ベルチャーはケガを負っており、どちらにせよ大会を欠場していたと発表した。

  これに伴い、UFC on FOX4でノーコンテスト(サミングによる負傷)になっていたヴァグネル・プラド対フィル・デイビス戦が新たな対戦カードとして追加された。

UFC153の全カードが日本時間8月24日から始まるチケット発売に先駆けて発表!8月21日更新
 現在マサチューセッツに在住し、そこでトレーニングを行っているブラジル人ヘビー級ファイターのガブリエル・ゴンザーガが地元ブラジルに凱旋。UFC初登場の“ノックアウトアーティスト”ジェロニモ・ドス・サントスと対戦する。

 TUFブラジルでミドル級ファイターとして参戦していたフランシスコ・ドライナルドが階級を本来の階級であるライト級に戻し、UFCに過去16回参戦のベテランファイター、グレイゾン・チバウを迎え撃つ。

 ルイス・カーニはリオデジャネイロで開催される大会の初勝利を賭けて、TUF11出身のクリス・カモッツィと激突する。

ブラジルの才能溢れる3選手がリオデジャネイロで開催されるUFC153に登場!!7月31日更新
 UFCウェルター級のホープと目されるエリック・“インディオ”・シウバが彼のキャリアで最も過酷な相手トップ5のジョン・フィッチを迎え撃つ。同じくウェルター級の“ブラジリアン柔術マスター”デミアン・マイアはリック・ストーリーと対戦。

 TUF14の勝者ディエゴ・ブランダオは過去に1度の負けしかないジョーイ・“レイジング・ウォリアー”・ガンビーノと対戦。フェザー級の荒くれ者2人の間で行われるKO決着必至の試合に注目が集まる。

ベウフォートvsベルチャーが追加7月25日更新
 ミドル級のトップランカー2人が、ブラジルで戦争に突入する。SNS上でお互いにカード実現を熱望していたビトー・ベウフォートアラン・ベルチャーによる一戦が、実現する運びとなった。

 また、TUFブラジルを制したフェザー級のロニー・マリアーノ・ベゼーラが、サム・シシリアと対戦することが決まった。“ジェイソン”の異名をとるロニーは、「“13日”は俺にとって特別な日。観客を楽しませることができればいいね」とコメントした。

 また、同じくTUF出身のセルジオ・モラエスとレネ・フォルテの出場も決まっている。対戦相手は後日発表される。

アルドとコク、10月に激突へ7月19日更新
  パウンド・フォー・パウンドの一人、ジョゼ・アルドがフェザー級タイトル防衛に向けて、リオのオクタゴンに立つ。相手は柔術黒帯で、打撃も滅法強いエリック・コク。ドラマチックなKO劇で知られ、史上最年少での王座戴冠を狙う。

 なお、この一戦は当初、UFC 149で実現するはずだったが、アルドのケガにより延期となっていた。

 一方、ライト級ではブラジリアン柔術のエース、クリスティアーノ・マルセロがスウェーデンのレザ・マダディと対戦することが決まっている。

TUFブラジル王者が出場へ!7月18日更新
 UFブラジルの最初の王者であるセザール・“ムタンテ”フェレイラとロニー・“ジェイソン”・マリアーノ・ベゼーラがUFC 153に出場することが濃厚となった。フェレイラはメディカルチェックにパスしたら出場するといい、態度をいったん保留。一方の“ジェイソン”は即座に了承した。対戦相手はまだ決まっていない。

ランペイジがブラジル襲来7月9日更新
 元王者、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンの次の対戦相手が決まった。ブラジルで10月に開催されるUFC 153で、グローバー・テイシェイラと対戦。テイシェイラはデビュー戦となったUFC 146でカイル・キングスベリーを下し、連勝を狙っている。

メディア

最新
Welcome to the first installment of the UFC Minute! Host Lisa Foiles reviews some of the UFC's biggest stories and looks ahead at what is in store for the rest of the day.
2014/07/30
At UFC 125, Brad Tavares lets his hands and knees fly against Phil Baroni, looking to make it a quick night in the Octagon. See Tavares take on Tim Boetsch at UFC Fight Night Bangor.
2014/07/29
UFC復帰を決めたニック・ディアスがUFC.comの独占インタビューに応じた。ニックがアンデウソン・シウバとのスーパーファイトの可能性、どのように格闘技にかかわる様になったのかなど、様々なことについて語る。
2014/07/28
アンソニー“ランブル”ジョンソンがUFCファイトナイト・サンノゼ大会で鮮烈な勝利を納める。試合後にジョー・ローガンのインタビューに答えるジョンソンの言葉を聞いてみよう。
2014/07/26