負傷のデル・ロザリオに代わり、ナパォンがUFC 162に参戦!

現地時間7月6日にネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催されるUFC 162の最新情報。
下記の対戦カードはすべて口頭での合意に至っておりますが、諸事情により変更される可能性がございます。あらかじめご了承ください。
ヘビー級のシェーン・デル・ロザリオがトレーニング中に負傷し、UFC 162で予定されていたデイヴ・ハーマンとの試合を欠場する事になった。ミノタウロ・ノゲイラにサブミッションで仕留められるも、その戦前には"柔術は俺には効かないよ”と豪語していたハーマンの新たな相手はブラジリアン柔術黒帯4段のガブリエル・ゴンザガとなった。

*更新:コリアン・ゾンビことジョン・チャンソンがUFC163において、アンソニー・ペティスの代役でジョゼ・アルドの王者挑戦が決定したことを受けて、当初UFC162で予定されていたチャンソンvsヒカルド・ラマスの一戦は中止となった。

マクデッシー負傷欠場、代役はオリヴェイラに−UFC 162


5月30日更新
ライト級のストライカー、ジョン・マクデッシーが負傷し、UFC 162で予定されていたエジソン・バルボーザとの試合から欠場することになった。マクデッシーの代役を務めるのはハファエロ“トラクター”オリヴェイラ。オリヴェイラは先日のUFC 148でヨイスランディ・イズケルドに判定で勝利しているファイターだ。

TUFスマッシュズ優勝者、ノーマン・パークがUFC 162に参戦!


4月24日更新
対戦相手の負傷欠場により、UFC on FOX 7のカードから姿を消した“ストーミン”ノーマン・パークに新たな試合がスケジュールされた。TUFスマッシュズ優勝者のパークが対戦するのは徳留一樹。徳留は先日のオクタゴンデビューを堅実な判定勝利で成功させているファイターだ。

マクデッシー、バルボーザの一戦が充実のUFC 162に追加!


4月12日更新
才能豊かなストライカー、ジョン“ザ・ブル”マクデッシーとエジソン・バルボーザが強豪ひしめくライト級という階級で、その歩を進めるべくUFC 162での対戦に合意した。両者はともにもっとも最近の試合では印象的な勝利を挙げて、UFC 162での試合に臨む。

ハーマン vs. デル・ロザリオがUFC 162のラインナップに追加


4月11日更新
UFC 162に(文字通り)大きな追加!ヘビー級のデイヴ・ハーマンとシェーン・デル・ロザリオが対戦に合意、ヘビー級のストライカー同士の一戦が決定した。この試合での両者は共に勝利戦線への復帰を胸に喫しているもの同士の対戦となる。

>

UFC 162にスリリングなフェザー級の2試合が追加される


3月28日更新
すでに充実しているUFC 162の対戦カードに、エキサイティングなフェザー級の試合が2試合、さらに追加されることになった。元UFCライト級王者のフランキー・エドガーが145ポンド級に2度目の登場、危険なサブミッション・アーティスト、チャールズ“ドゥ・ブロンクス”オリベイラと対戦することが決定した。

連勝街道をひた走るカブ・スワンソンが同級のストライカー、デニス・シヴァーと対戦。その印象的な連勝記録の更新を狙う。この対戦は本来2月に行われたUFC on FUEL Tv大会で組まれたものだったがシヴァーが負傷により欠場し、スワンソンはダスティン・ポアリエと対戦した。

“コリアン・ゾンビ”がUFC 162に出現!


3月13日更新
“ザ・コリアン・ゾンビ”ことジョン・チャンソンが7月6日に戦線復帰、フライ級では無敗を守り、瞬く間にナンバー2コンテンダーの座に着いたヒカルド・ラマスと対戦する。この試合の勝者がタイトルに挑戦する可能性が濃厚な、どちらのファイターにとっても落とせない一戦となる。

リーベンがUFC 162に出場!


3月13日更新
この夏注目のUFC大会にいくつかの対戦カードが追加。一層の充実を見せている。

クリス“ザ・クリップラー”リーベンが戦線復帰。現在8勝1敗のアンドリュー“ハイライト”クレイグと7月にラスベガスで開催されるUFC 162で対戦する。

また、Strikeforceからの参入組み、ウェルター級のブライアン・メランコンがセス“ザ・ポーリッシュ・ピストーラ”バジンスキを相手にオクタゴンデビューを果たす。

予定されていハファエル“フェイジャオン”カヴァウカンチ対チアゴ・シウバの一戦はキャンセル。この試合の代わりとなる一戦が近日中にアナウンスされる予定だ。

スパイダーvsワイドマン、他数試合が夏のフラッグシップ大会に決定


3月6日更新
毎年恒例、これで4度目となる7月のUFCウィークエンド。今年は現地時間7月6日にネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催される。この一大イベントにすでに4試合が決定した。

メインイベントではミドル級正統王者、アンデウソン“スパイダー”シウバが登場し、クリス“ジ・オール・アメリカン”ワイドマンを相手にそのベルトを賭けた防衛戦を行う。シウバの前回の防衛戦は2012年の夏にラスベガスで行われたチェール・ソネン戦で、シウバはこの試合を2ラウンドTKOで勝利しベルトの防衛に成功している。

注目のStrikeforceミドル級のホジャー・グレイシーとティム・ケネディがUFC 162でUFCデビュー。互いを相手に迎えた落とせない一戦だ。またミドル級のティム“ザ・バーバリアン”ボーシュとトップ10にランクされているマーク“ザ・フィリピーノ・レッキング・マシーン”ムニョスの激突も決定した。

さらに二人の危険なブラジルのライトヘビー級、ハファエル“フェイジャオン”カヴァウカンチとチアゴ・シウバがトップ10入りをかけて激突する。

チケット情報など、この他の情報は近日中にUFC.comを通じて発表される予定です。

メディア

最新
無敗のライト級、マイルズ・ジューリーがUFC Japan 2014大会での勝利を振り返る。15戦全勝の“フューリー”のアクションをUFCファイトパスで楽しもう!
2014/09/20
UFC Japan 2014大会で勝利したマーク・ハントがブライアン・スタンのインタビューに答え、本日誕生日を迎える2歳の娘を祝福。UFCファイトパスでUFC Japan 2014大会をもう一度楽しもう。
2014/09/20
UFC Japan 2014大会のヘッドライナー、マーク・ハントがミーガン・オリヴィのインタビューに答え、ロイ・ネルソン戦でのノックアウトを振り返る。UFCファイトパスでUFC Japan 2014大会をもう一度楽しもう。
2014/09/20
UFC Japan 2014大会でアミール・サドラーを下した秋山成勲が語る言葉を聞いてみよう。UFC Japan 2014大会をUFCファイトパスでもう一度楽しもう。
2014/09/20