UFC 167:試合後記者会見

UFC 167の終了後、試合後記者会見が行われた。ポストファイト・ボーナスは果たして誰の手に...?
UFC 167の試合後会見にはUFC®プレジデントのデイナ・ホワイトとともに、ジョニー・ヘンドリックスチェール・ソネンタイロン・ウッドリーラシャド・エヴァンスロビー・ロウラージェイソン・ハイアリ・バゴティノフ、そしてジョルジュ・サンピエールが出席した。 

会見に先立ち、デイナは2014年の大会に関するいくつかのアナウンスを行った。1月15日のアトランタ大会のメインイベントではルーク・ロックホールドコスタ・フィリッポウ、そしてシカゴで開催されるUFC on FOX大会ではベンソン・ヘンダーソンジョシュ・トムソンが行われる事が明らかになった。 

また、テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインセンターでUFC 171が開催される事も明かされた。

話題の中心となっている判定決着に終わったメインイベントで行われたウェルター級タイトルマッチを闘ったサンピエールとヘンドリックスがファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。王者とNo. 1コンテンダーは一進一退の激闘を演じ、試合終了後にGSPは裂傷を縫合する必用に迫られた。試合はヘンドリックスがその大半を支配していたが、ジャッジはスプリット判定でサンピエールを勝者として支持した。

1ラウンドでジョシュ・コスチェックをKOしたタイロン・ウッドリーがノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。ラウンドを通じて何度も強打を相手に叩き込んだウッドリーだったが、経験豊富なコスチェックにトドメを刺した一撃はパワフルな左だった。

エヴァン・ダナムを仕留めたドナルド・セラーニがサブミッション・オブ・ザ・ナイトを獲得した。合計24発もの有効打を互いに相手に叩き込んだ両者だったが、セラーニは試合をグラウンドに持ち込むと見事なチョークで終止符を打った。

ボーナスを獲得したファイター達にはそれぞれ5万ドルが支給された。

メディア

最新
ウェルター級王者ジョニー・ヘンドリックスが経験豊富なベテランUFCファイター、ロビー・ロウラーを相手にUFC史上もっとも楽しみなタイトルリマッチの一戦に臨む。さらにアンソニー・ペティスがギルバート・メレンデスを挑戦者に迎えライト級タイトルの防衛戦を行う。日本時間12月7日に開催されるUFC 181をお楽しみに。
2014/11/22
UFC welterweight champion Johny Hendricks speaks to UFC correspondent Megan Olivi about his upcoming title defense against No. 1 contender Robbie Lawler at UFC 181.
2014/11/22
フランキー・エドガーの素顔を紹介。元ライト級王者のエドガーが、ニュージャージーで育ったこと、地元のブルーカラー(労働者)環境が自分を強くしてくれたことについて語る。
2014/11/19
UFC weigh-in at The Frank Erwin Center on November 21, 2014 in Austin, Texas. (Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)
2014/11/21