UFC 167:試合後記者会見

UFC 167の終了後、試合後記者会見が行われた。ポストファイト・ボーナスは果たして誰の手に...?
UFC 167の試合後会見にはUFC®プレジデントのデイナ・ホワイトとともに、ジョニー・ヘンドリックスチェール・ソネンタイロン・ウッドリーラシャド・エヴァンスロビー・ロウラージェイソン・ハイアリ・バゴティノフ、そしてジョルジュ・サンピエールが出席した。 

会見に先立ち、デイナは2014年の大会に関するいくつかのアナウンスを行った。1月15日のアトランタ大会のメインイベントではルーク・ロックホールドコスタ・フィリッポウ、そしてシカゴで開催されるUFC on FOX大会ではベンソン・ヘンダーソンジョシュ・トムソンが行われる事が明らかになった。 

また、テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインセンターでUFC 171が開催される事も明かされた。

話題の中心となっている判定決着に終わったメインイベントで行われたウェルター級タイトルマッチを闘ったサンピエールとヘンドリックスがファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。王者とNo. 1コンテンダーは一進一退の激闘を演じ、試合終了後にGSPは裂傷を縫合する必用に迫られた。試合はヘンドリックスがその大半を支配していたが、ジャッジはスプリット判定でサンピエールを勝者として支持した。

1ラウンドでジョシュ・コスチェックをKOしたタイロン・ウッドリーがノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。ラウンドを通じて何度も強打を相手に叩き込んだウッドリーだったが、経験豊富なコスチェックにトドメを刺した一撃はパワフルな左だった。

エヴァン・ダナムを仕留めたドナルド・セラーニがサブミッション・オブ・ザ・ナイトを獲得した。合計24発もの有効打を互いに相手に叩き込んだ両者だったが、セラーニは試合をグラウンドに持ち込むと見事なチョークで終止符を打った。

ボーナスを獲得したファイター達にはそれぞれ5万ドルが支給された。

メディア

最新
「バッド・ブラッド:ジョン・ジョーンズ vs. ダニエル・コーミエ」は、ジョン・ジョーンズ vs. ダニエル・コーミエという、格闘技史上最高に燃え上がる遺恨をドキュメント。この30分スペシャル番組は、12/28にFS1にて9pm/6pm ETPTから放映予定。
2014/12/27
ミドル級史上4番目の勝利数を誇るネイト・マーコートは、ジェイムズ・テフナを腕十字で下すことでさらに1勝を加えた。ラスベガスで行われるUFC 182にて、マーコートはブラッド・タヴァレスと闘う。
2014/12/26
無敗のライト級コンテンダーのマイルズ "フュリー" ジューリーが、ベテランの五味隆典とUFC日本大会で激突した。未だ無敗のジューリーは、ラスベガスで行われるUFC 182のセミファイナルにて、ドナルド "カウボーイ" セラーニと対戦!
2014/12/26
「バッド・ブラッド:ジョン・ジョーンズ vs. ダニエル・コーミエ」は、ジョン・ジョーンズ vs. ダニエル・コーミエという、格闘技史上最高に燃え上がる遺恨をドキュメント。この30分スペシャル番組は、12/28にFS1にて9pm/6pm ETPTから放映予定。
2014/12/26