UFC 167:試合後記者会見

UFC 167の終了後、試合後記者会見が行われた。ポストファイト・ボーナスは果たして誰の手に...?
UFC 167の試合後会見にはUFC®プレジデントのデイナ・ホワイトとともに、ジョニー・ヘンドリックスチェール・ソネンタイロン・ウッドリーラシャド・エヴァンスロビー・ロウラージェイソン・ハイアリ・バゴティノフ、そしてジョルジュ・サンピエールが出席した。 

会見に先立ち、デイナは2014年の大会に関するいくつかのアナウンスを行った。1月15日のアトランタ大会のメインイベントではルーク・ロックホールドコスタ・フィリッポウ、そしてシカゴで開催されるUFC on FOX大会ではベンソン・ヘンダーソンジョシュ・トムソンが行われる事が明らかになった。 

また、テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインセンターでUFC 171が開催される事も明かされた。

話題の中心となっている判定決着に終わったメインイベントで行われたウェルター級タイトルマッチを闘ったサンピエールとヘンドリックスがファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。王者とNo. 1コンテンダーは一進一退の激闘を演じ、試合終了後にGSPは裂傷を縫合する必用に迫られた。試合はヘンドリックスがその大半を支配していたが、ジャッジはスプリット判定でサンピエールを勝者として支持した。

1ラウンドでジョシュ・コスチェックをKOしたタイロン・ウッドリーがノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。ラウンドを通じて何度も強打を相手に叩き込んだウッドリーだったが、経験豊富なコスチェックにトドメを刺した一撃はパワフルな左だった。

エヴァン・ダナムを仕留めたドナルド・セラーニがサブミッション・オブ・ザ・ナイトを獲得した。合計24発もの有効打を互いに相手に叩き込んだ両者だったが、セラーニは試合をグラウンドに持ち込むと見事なチョークで終止符を打った。

ボーナスを獲得したファイター達にはそれぞれ5万ドルが支給された。

メディア

最新
【今週のラインナップ】 ■アイルランド出身、コナー・マグレガーの生い立ち ■アイスランドに育まれたグンナー・ネルソンの資質 ■故郷のベルギーを離れ闘う、タレック・サフィジーヌの決意 ■マイケル・ビスピンがイギリスの格闘技を語る
UFC 125のオクタゴンでフィル・バローニと対戦したブラッド・タヴァレスはその拳とヒザを自在に繰り出し見事な秒殺勝利を披露。UFCファイトナイト・バンゴー大会でティム・ボーシュと闘うタヴァレスの次戦をお見逃し無く!
2014/07/29
今週のMetroPCS ムーブ・オブ・ザ・ウィークではオーヴィンス・サンプルーがニキータ・クリロフの一瞬のミスを見逃さずに1ラウンドにサブミッション勝利へと繋げた一連のムーブに注目。
2014/07/30
UFCミニッツ創刊号へようこそ!ホストのリサ・フォイルスがUFCに関連するビッグな話題のいくつかをレビュー。さらに今後の話題のいくつかを先取りする。
2014/07/30