バラオ vs. ディラシャウ、UFC 173のヘッドラインに決定

正規バンタム級王者バラオがラスベガス現地時間5月24日土曜日に
開催されるUFC® 173で挑戦者ディラシャウを相手に防衛戦を敢行


その他の対戦カード:
ロビー・ロウラー vs. ジェイク・エレンバーガー

UFC® 173:バラオ vs. ディラシャウのチケットは
 MGM グランド・ガーデン・アリーナで
4月11日金曜日から販売開始
ラスベガス – UFC®バンタム級王者のヘナン・バラオが世界最高のパウンド・フォー・パウンドの称号を手に入れるべく爆発力のある危険な相手TJ ディラシャウを挑戦者に迎え、現地時間5月24日土曜日(日本時間翌25日)にMGMグランド・ガーデン・アリーナで防衛戦に臨む。

バラオ(34勝1敗1ノーコンテスト、ブラジル リオデジャネイロ在住)はこれまで35戦無敗と言う驚異的な戦績を築き上げており、その中で闘ったタイトル戦ではユライア・フェイバー (2戦2勝)、マイケル・マクドナルド、そしてエディ・ワインランドと言った数多の強豪達を退けている。いまやブラジルの英雄となったバラオが新たに迎える挑戦者、TJ ディラシャウ(10勝2敗、カリフォルニア州サクラメント在住)はダイナミックで高いフィニッシュ能力を持つファイターで、その王位にとって深刻な脅威となるだろう。さらに自身のチームメイトであり師匠でもあるフェイバーの雪辱を晴らすべく、ディラシャウが強いモチベーションと共にこのタイトル戦に臨むであろう事も見所の一つになるだろう。

「ヘナン・バラオは35戦無敗で現在パウンド・フォー・パウンド・ランキングの第3位に着けている。」UFCプレジデントのデイナ・ホワイトは語った。「彼には豊かな才能とファンが愛してやまない相手をフィニッシュする本能があるんだ!彼は世界最高のパウンド・フォー・パウンドへの道のりを歩んでいるところだ。これは凄い試合になるぞ!ディラシャウはこれまでに無い程好調で攻撃的なビーストだ。バラオのフィニッシュを狙うだろうし、その無敗記録に終止符を打ちにくるだろう。」

また現ウェルター級王者ジョニー・ヘンドリックスに僅差の判定負けを喫したハード・パンチャーの人気者、ロビー・ロウラー(22勝10敗1ノーコンテスト、フロリダ州ココナツクリーク在住、現在ランキング1位)がオクタゴン®に復帰、同級の豪腕コンテンダージェイク・エレンバーガー(29勝7敗、カリフォルニア州レイクフォレスと在住、ランキング5位)と対戦する。

UFC 173 決定対戦カード:
•    バンタム級7位、水垣偉弥(19勝7敗2分け) vs. 同10位フランシスコ・リヴェラ(10勝2敗1ノーコンテスト)
•    元WECライト級王者ジェイミー・ヴァーナー(21勝9敗1分け2ノーコンテスト)vs. オールラウンダーのジェイムズ・クラウス(20勝5敗)
•    ジ・アルティメット・ファイター 15優勝者、マイケル・キエーザ(10勝1敗) vs. ブラジルのサブミッション・スペシャリスト、フランシスコ・ドライナルド(16勝7敗〕
•    ジ・アルティメット・ファイター 13優勝者トニー・ファーグソン (15勝3敗) vs. 日本の空手家、菊野克紀(22勝5敗2分け)
•    ジ・アルティメット・ファイター 18優勝者クリス・ホールドワース(6勝0敗) vs. ミルウォーキーのチコ・カムス(14勝4敗)
•    ニューヨークのアル・イアキンタ(8勝2敗1分け) vs. カナダのライト級ミッチ・クラーク(10勝2敗)
•    ラスベガス在住のアンソニー・ンジョカーニ(17勝7敗) vs. 強打を誇るライト級ヴィンク・ピチェル(8勝1敗)
•    強打のストライカー、サム・シシリア(12勝4敗) vs. 韓国のフェザー級、チェ・ドゥホ(11勝1敗)
•    英国のウェルター級ダニー・ミッチェル(14勝5敗1分け) vs. ニューカマーのリ・ジンリァン(8勝2敗)

BUD LIGHT®の提供で開催されるUFC®173:バラオ vs. ディラシャウのチケットは米国太平洋時間4月11日午前10時(日本時間翌午前2時)から販売が開始され、価格はそれぞれ$750、$500、$325、$200、$125、そして$75となっております。チケットはチケットマスターwww.ticketmaster.comでお買い求め頂けます。チケットのご購入はお一人様につき8枚までとさせて頂きます。主要なクレジットカードによるお電話での購入はチケットマスター (800) 745-3000までお電話下さい。またチケットはMGMグランドのボックスオフィスでのご購入も可能となっておりますので併せてご利用下さい。

UFCファイトクラブの会員様には米国太平洋時間4月10日水曜日午前10時(日本時間翌午前2時)からwww.ufcfightclub.comを通じたチケット先行販売をご利用頂けます。同じくUFCニュースレターの定期購読者様には米国太平洋時間4月11日木曜日(日本時間翌午前2時)からインターネット特別先行販売をご利用頂けます。この先行販売のご利用にはjp.UFC.comを通じてUFCニュースレターの定期購読にご登録下さい。

UFC®173:バラオ vs. ディラシャウは米国現地時間5月24日土曜日10 p.m. ET/7 p.m. PT(日本時間翌午前11時)よりUFC.TV、iN DEMAND、DirecTV、DISH Network、Avail-TVN、そしてカナダ国内ではBellTV、Shaw Communications、Sasktel、そしてViewer’s Choice Canada によるライブ中継でお楽しみ頂けます。なお、番組の希望小売価格はスタンダード画質放送が$44.99 US/$49.99 CAN、ハイデフィニション画質放送が$54.99 US/$59.99 CANとなっております。

この他の情報、最新ニュースはjp.UFC.comをご覧下さい。対戦カードはやむを得ぬ事情により変更する可能性があることをあらかじめご了承下さい。  

メディア

最新
Top lightweights Donald "Cowboy" Cerrone and Jim Miller stand and bang inside the Octagon at Fight Night Atlantic City. Cerrone looks to face rising lightweight Myles Jury in the co-main event at UFC 182 in Las Vegas, Nevada.
2014/12/22
UFCミニッツホストのリサ・フォイルスがUFNバルエリ大会の激闘を振り返り、2015年に二人の元ライトヘビー級王者がオクタゴンに復帰することを報告。
2014/12/22
バルエリ大会で大勝したヘナン・バラオとリョート・マチダが、試合内容を語る。
2014/12/21
元UFCバンタム級王者のヘナン・バラオがバルエリ大会でミッチ・ゲイグノンを相手に記録した勝利について、さらにT.J. ディラシャウの保持するタイトルへの挑戦を希望した。
2014/12/20