UFC 174:試合後記者会見

UFC 174でポストファイト・ボーナスは果たして誰の手に...?
UFC 174の試合後記者会見にはUFCカナダのオペレーション・ディレクター、ティム・ライトとともにローリー・マクドナルドデメトリオス・ジョンソンライアン・ベイダーアリ・バガウティノフオーヴィンス・サンプルー、そしてアンドレイ・アルロフスキーが出席した。

3ラウンドの激闘を演じたバン・テヒョンとカナダのウェルター級、ケイジャン・ジョンソンがファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。合計有効打数は40発にとどまったテヒョンはそれでもジョンソンと何度となく繰り広げた乱打戦で優勢に立ち、3ラウンドにジョンソンをノックアウトし試合に勝利した。また、高い評価を受けたその闘いぶりにより、バンは5万ドルのパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトも獲得した。

また、もう一つのパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトはダニエル・サラフィアンを1ラウンドにフィニッシュしプレリムを盛り上げた国本起一が獲得した。

メディア

最新
今回のMetroPCSムーブ・オブ・ザ・ウィークではUFC 175でアレックス・キャセレスを相手にユライア・フェイバーが見せたサブミッションをフィーチャー。
2014/11/26
インヴィクタFC 9大会のメインイベントでミシェリー“ザ・カラテ・ホッティ”ウォーターソンが挑戦者の玉田育子と対戦。ウォーターソンはUFCファイトパスを通じてライブ中継されるインヴィクタFC 10でブラジルのサブミッションの名手、エルシア・チブルシオを相手にタイトル防衛戦に臨む。
2014/11/28
フェザー級ランキング13位のチャールズ・オリヴェイラが日沖発をサブミッションで下した最初の男になると共に高いテクニックを持つ新生代ブラジリアンの強さを見せつける。オリヴェイrはUFN:ア・チャンピオン・ウィル・ビ・クラウンド大会でランキング10位のジェレミー・スティーブンスと対戦。
2014/11/28