アルド vs. ペティス、8月に実現!

UFCフェザー級王者、ジョゼ・アルドはすでにフランキー・エドガーやケニー・フロリアンと言うライト級からの侵略者達からその王座を防衛してきた。しかし8月3日、このブラジルの爆撃機は元WECライト級王者にして現UFCコンテンダーのアンソニー“ショータイム”ペティスを挑戦者に迎え、再び145ポンド級の王座を賭けて防衛戦を行うことが決定した。

アルドは先週末に開催されたUFC 156でフランキー・エドガーを相手にタイトルの防衛に成功し、その防衛記録を4度に伸ばしたばかりだ。ペティスはジョー・ロウゾン、ドナルド・セラーニをノックアウトで下し、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを両試合で獲得するなど155ポンド級で3連勝を記録している。

「この二人はMMA界最高の驚異的な、重力すら拒絶するほどのアスリートなんだ。」デイナ・ホワイトは今朝の朝刊でこの試合が決定したことの第一報を報じたUSA Today誌に語った。
USA Todayの該当記事はこちら
 
この垂涎の一戦が行われる大会の開催地は近日発表される予定だ。

メディア

最新
UFC Minute host Lisa Foiles runs down all that went down at UFC 186 on Saturday night.
2015/04/27
UFC 186でシェーン・キャンプベルを倒したジョン・マクデッシーがUFC通信員のミーガン・オリヴィのインタビューを受ける。
2015/04/26
ブラジルの有望株トーマス・アルメイダは、UFC186にてイーヴス・ジャボウィンを1ラウンドで仕留めた。UFC通信員のミーガン・オリヴィが、アルメイダに試合後インタビュー。
2015/04/26
UFCフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンは、UFC186にて堀口恭司を5ラウンド腕十字で下して6度目のタイトル防衛に成功した。ジョンソンが、UFC通信員のミーガン・オリヴィにその闘いを振り返る。
2015/04/26