ギルバート・メレンデスがUFC on FOX 10のメインイベントの結末を予想

UFCライト級ファイターにしてFOX Sportsのコメンテーター、ギルバート・メレンデスがUFC on FOX 10のメインイベント、ベンソン・ヘンダーソン vs. ジョシュ・トムソンの行方を予想する。
結果について:

互いが競り合う試合になるだろうね。ベンソンが勝利すると見ているけれど、大きな差はつかない。ベンソンが彼のレスリングにこだわって、テイクダウンと四つの攻防に持ち込みトムソンを寝かせ続ける事に集中すれば、それは間違いなくうまく行くだろうし勝利に繋がるだろう。

トムソンにとって最も良い闘い方は距離を詰めてパンチの手数をー彼の方がパンチは重いからー出す事だけど、同時に相手のテイクダウンや、相手がそれにつきあってくれない事にも備える必用がある。キックを蹴り合う様な攻防に持ち込むべきではないね。ベンソンのキックは強力だし、奴は凄く戦略的だからね。競り合いになるとは思うけどレスリングの差がこの一戦の明暗を分ける事になるだろう。

判定:

試合が5ラウンドにもつれ込む可能性は極めて高いと思っている、トムソンがベンソンをノックアウトしない限りはね。ノックアウトに限って言えば、トムソンの方が高い可能性を持っているだろう。

トムソンが勝利するには:

勝負に行かなくてはならない。非常に高いレベルの試合だけど勝利し得る試合でもあると考えているよ。俺はベンソンが勝つと考えているけど、非常に僅差の試合になるだろうし、もしトムソンがしっかりとしたゲームプランを遂行する準備がきちんと出来ていれば、彼にも間違いなく勝機があるだろう。

トムソンにとって最高の戦略は:

彼は攻防をスタンドに保ち続けて、その上で攻撃を仕掛けるときはキックの距離ではなくパンチの距離まで潜り込んで激しい連打を仕掛けるのが良いだろう。彼には本当に素晴らしいスタンドの打撃があるのでその部分に関しては彼は成功することが出来ると思う。

タイトル挑戦権を賭けて闘う事:

二人ともトップファイターだから間違いなく凄いプレッシャーがあるだろう。ジョシュ・トムソンに負けたとしてもベンソンにとってそれほど悪い事ではないし、ベンソン・ヘンダーソンに負けたとしても、それはトムソンにとってそれほど酷い事でもない。この階級1位と4位の闘いなんだ。素晴らしいマッチアップだしエキサイティングな試合になるだろう。両者にとっては負けても失うものよりも得るものの方が大きいんだ。

メディア

最新
ドミニク・クルーズ、セザール・フェレイラ、ギルバート・バーンズが今週末に開催されるUFNバルエリ大会に併せて開催されたファンイベントに集結したファンのサイン攻めとフォトセッションに応じる。
2014/12/18
UFC Fight Night Barueri Media Day and Open Workouts at Allianz Parque on December 18, 2014 in Sao Paulo, Brazil. (Photos by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)
2014年は乱気流に飲み込まれた元UFCバンタム級王者のヘナン・バラオ。バラオはバルエリ大会のミッチ・ゲイグノン戦で仕切り直しをする計画だ。ゲイグノン戦に備えるバラオのトレーニング・キャンプの様子を見てみよう。
2014/12/18
UFCミニッツのホスト、リサ・フォイルズがデレク・ブランソン vs. エド・ハーマン、マーク・ムニョスの対戦相手情報、そしてデイナのダウンロードの最新エディションに関する情報を解説。
2014/12/18