リー、衝撃的な1Rノックアウトでフランクリンを下す - UFC on FUEL TV 6 メインイベント結果

UFC on FUEL TV、メインイベントの結果は以下の通り…。
衝撃的にしてショッキング。マカオのコタイ・アリーナで開催されたUFC on FUEL TVのメインイベントで、カン・リーは元ミドル級王者、リッチ・フランクリンをたった一発の右のパンチで葬り、目を見張るような方法で中国で初めて開催されたUFCを締めくくった。

「この試合は俺の人生最大の試合だったんだ」リーは語った。

二人のサウスポーはグローブをあわせてから向かい合った。リーは数発のキックを命中させたが、フランクリンも顔面へのパンチで応戦した。リーは切れのある動きでスピニング・バックキックを繰り出したが、これは出入りを繰り返しながらリーにパンチを命中させるフランクリンを捕らえることはできなかった。しかし突然、驚異的な精度のリーの右の鋭いパンチがフランクリンのアゴを捕らえるとフランクリンはキャンバスに突っ伏すように崩れ落ち、会場は衝撃に包まれた。レフリーのマーク・ゴッダードが即座に試合のストップを宣告し、2分17秒、ベトナム生まれのリーはそのMMAキャリアで最大の勝利をその手におさめた。

「フランクリンはあのパンチを俺に放ち続けて、そのため俺はキックのタイミングをつかむことができなかった」リーは語った。「彼は手数を繰り出し続け、カウンターのパンチを叩き込むために俺がキックを放つのを待っていた。だから俺は逆に右のパンチで迎え撃つために待っていたんだ、神に感謝するよ。」

この勝利で40歳のリーは戦績を9勝2敗と伸ばし、フランクリンは29勝7敗1ノーコンテストとなった。

「家に帰って計画表の前に戻らなくてはならなくなるだろう。コーチ達としっかりと話し合って賢い決断をするつもりだ」38歳のフランクリンは将来について尋ねられて答えた。

フランクリンの試合後インタビューはこちら

メディア

最新
カナダ初のアルティメット・ファイターとなったチャド・ラプリスが感想を述べる。
2014/04/16
新たにアルティメット・ファイターの称号を手にしたエリアス・テオドロウがケベックのファンと“人生で最高の瞬間”を分かち合う。勝利を手にし、自身の感情の激しい変化を隠せないカナディアン・ファイターのインタビューを見てみよう。
2014/04/16
UFCプレジデントのデイナ・ホワイトが試合後ボーナスの獲得ファイターをアナウンス。またティム・ケネディ、サラ・カフマン、パトリック・コーテ、そしてエリアス・テオドロウがジ・アルティメット・ファイター・ネイションズ・フィナーレ大会で披露した自身のパフォーマンスを振り返る。
2014/04/16
UFCプレジデントのデイナ・ホワイトがケベック・シティで開催されたアルティメット・ファイター・フィナーレ大会の終了後にメディアの質問に応じ、ジーナ・カラーノ、ミノタウロの勝利、UFCのメキシコでの開催、そしてなぜUFC 715でロンダ・ラウジーがアレクシス・デイヴィスと対戦するのか等について語る。
2014/04/16