UFC®は契約前にパフォーマンス向上薬物のスクリーニング検査を行なうポリシーを発表

UFC®は契約前にパフォーマンス向上薬物のスクリーニング検査を行なうポリシーを発表。

UFC
及びSTRIKEFORCE®との全ての潜在的な契約選手は2012年1月1日に開始される契約前ドラッグテストの対象に。

アスリート達の健康と安全への取り組みを続けるジ・アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ®は全てのUFC®STRIKEFORCE®の潜在的契約ファイター達にパフォーマンス向上薬物のスクリーニング検査を科すことを本日発表した。2012年1月1日から始まるこの検査により、全てのアスリートたちは世界最高のMMAオーガニゼーションとの本契約を結ぶ前にこの検査を受けることになる。

UFC
STRIKEFORCEは既に試合前の選手に対して最高のレギュレーションとアスレチック・コミッションと連携し、選手の健康と安全を守るために邁進してきた。この取り組みにはロングヒットを誇るスポーツ・リアリティショーのジ・アルティメット・ファイター®に出演する際に既にパフォーマンス向上ドラッグのテストを受けている、全てのファイター達も含まれている。

全ての現UFC及びSTRIKEFORCEの契約ファイターたちは引き続きアスレチック・コミッションのルールとレギュレーションに添った形で試合前、そしてアトランダムにパフォーマンス向上ドラッグのスクリーニング検査を受けることになる。

「我々はアスリート達の健康と安全を守るための取り組みを行ないます。我々はこの事を大変シリアスに捉えています。」UFC会長兼CEOのロレンゾ・フェルティータは語った。「我々はこれまでも我々のアスリート達を守るためにアスレチック・コミッションと緊密に連携を取ってきましたが、この取り組みをさらに一歩推し進めることに致します。我々はUFCSTRIKEFORCEと契約する可能性のあるいかなるファイター達も、契約を締結する前に検査を致します。このことが我々がこのスポーツにパフォーマンス向上ドラッグを望んでいないと言うことを示すのです。」

この事前スクリーニングポリシーはオーガニゼーションがそのアスリート達の生活を充実させるために行なってきた取り組みをさらに堅牢なものにすることになる。昨年の5月には350名近くのUFC及びSTRIKEFORCEとの個人契約を結んでいるアスリートたちが特別な損害保険の保障を受けることができるようになる、と言う前代未聞のポリシーをアナウンスしている。この損害保険によりトレーニング中の負傷や自動車事故などのようなトレーニング以外での事故による負傷が補償される。

「我々のアスリート達の健康と安全は我々の最優先事項だ。」UFCプレジデント、デイナ・ホワイトは語った。「他のスポーツではパフォーマンス向上ドラッグの問題を見聞きしてきたが、UFCSTRIKEFORCEにその問題を入り込ませないために我々ができることは何でもやる。我々のアスリートたちは既にアスレチック・コミッションによる全てのスポーツの中で最も高い水準のテストを受けてきている。我々のパフォーマンス向上ドラッグに対するテストに関する新たなポリシーはアスリート達に平等な競技条件をもたらすことを我々がいかに重視しているかと言うことを示すことに他ならない。」


メディア

最新
アイスリング・ダリーのもとをコナー・マクレガーがサプライズ訪問。選手達はハーレー・ダビッドソンのトレーニングキャンプ見学に。そしてランキング5位のアイスリング・ダリーが、ランキング4位のジェシカ・ペンネと準決勝進出を賭けて激突。
2014/11/24
6年ぶりに空位となったウェルター級ベルトを賭けて、二人のトップコンテンダー、ジョニー・ヘンドリックスとロビー・ロウラーが死力を尽くして闘った。両者はUFC 181で再びベルトを賭けて激突する。
2014/11/24
ホストのリサ・フォイルズが週末のオースティン大会を振り返り、そして12月6日のUFC 181におけるヘンドリックス対ロウラーの待望の再戦の見所をご紹介。
2014/11/24
フランキー・エドガー、エジソン・バルボーザ、そしてペイジ・ヴァンザント達のUFNオースティン大会の試合後記者会見での発言を聞いてみよう。
2014/11/23