UFC日本大会、最高峰の対戦カードの数々と共に日本再上陸!

緊急リリース 
2012年12月13日

3月3日、UFC®が世界レベルの対戦カードで日本に再上陸

メインイベントはライトヘビー級戦
ヴァンダレイ・シウバ vs. ブライアン・スタン

さらに

ステファン “スカイスクレイパー” ストルーブ vs. マーク・ハント
五味隆典 vs. ディエゴ・サンチェス
キム・ドンヒュン vs. シアー・バハドゥルザダ
東京発 –3月3日(日)の Ultimate Fighting Championship® さいたまスーパーアリーナ大会では、UFCおよびPRIDEの元チャンピオン、ヴァンダレイ シウバがオクタゴンに登場、元米国海軍所属、トップタイトルコンテンダーのブライアン・スタンと、5ラウンドのライトヘビー級戦に臨みます。

愛称「ジ・アックス・マーダラー」、ブラジル出身のシウバは、アグレッシブなファイトスタイルで知られており、ほとんどの試合が打撃によるKOもしくはレフリーストップで決しています。シウバはPRIDE FC史上、勝利数・KO数・王座防衛回数・連勝数で最多記録を保持しています。シウバの日本での試合は2006年以来となります。一方、東京の横田空軍基地で生まれたスタンは、海軍での活躍を認められ、シルバースター賞を受賞しています。WECでタイトルを獲得したり、クリス レーベンやジョルジュ サンチアゴ、アレッシオ・サカラといった強敵を倒すなど、すでに多くの実績を上げている選手です。

ダブルメインイベントでは、タイトルコンテンダーのステファン「スカイスクレイパー」ストルーブが、マーク ハントと対決、こちらはUFCヘビー級での支配権をめぐる重要な一戦になります。日本での試合を待望していたストルーブ、身長はUFC最大の213センチ、このところ4連勝中で、うち2度の「サブミッション オブ ザ ナイト」と1度の「ファイト オブ ザ ナイト」を獲得しています。ハントは、そのウォリアースピリットとKOパワーで、日本では長年にわたって最も人気のある選手のひとりです。ハントは3連勝中で、2012年2月のUFC144日本大会にも登場、シーク・コンゴにKO勝ちしています。

このほかメインカードでは日本のヒーロー、元PRIDE王者の五味隆典とディエゴ サンチェスのライト級戦、韓国のキムドンヒュンとKOスペシャリストのシアー・バハドゥルザダのウエルター級有望選手同士の対戦も行われます。

「日本らしさもたっぷりの、世界クラスの対戦カードで戻ってくることができ、うれしく思います」と、UFCアジアのマネージングディレクター、マーク フィッシャーは述べています。「PRIDEの元チャンピオン、各階級のタイトルコンテンダー、そして地元の未来のスター選手を取りそろえたことで、昔からの格闘技ファンも、新しいファンも、みなさんに喜んでいただけると確信しています。

このほか本日発表になった対戦カードは、日本の福田力とブラッド タバレスのミドル級戦、日本のバンタム級戦士水垣偉弥とブライアン キャラウェイ、そして2名のコリアンファイター、ウエルター級のイム ヒョンギュとバンタム級のカン ギョンホがUFCデビュー、対戦相手はそれぞれ、マルセロ ギラマエスとアレックス「ブルース リーロイ」カセレスです。

さらに、日本の徳留一樹が、クリスチアーノ マルセロとのライト級戦でUFCデビューを飾ります。

UFC® JAPAN 2013 前売り券はUFC Japan Fan Club会員向けに、http://www.ufcfanclub.jp にて発売中です。価格は100,000円 (VIP席)、 34,000円 (RS席)、 19,000円 (SS席)、 9,800円 (S席) 、5,800円 (A席)です。UFC Japan Fan Club http://www.ufcjapanfanclub.jp の会費は6,000円です。さらに全国のローソン各店でも発売中です。チケットのお求めは、ローソン店舗もしくはl-tike.comまでお越し下さい。

一般向けの発売開始は今のところ1月中旬を予定しております。UFC Mobile加入者およびエンターテインメントとスポーツのビッグイベントに特化したオンラインチケットサイトTicket Boardのユーザー向けに、それぞれ http://ufcm.jp/pc/index.html および http://tickebo.jpにて前売り券を販売いたします。全国8,649店舗のファミリーマートで配布されているプレイガイド誌イープラスの読者の皆様は、12月21日(金)からhttp://eplus.jp/sys/web/sports/battle/index.htmlで前売り券をご購入いただけます。

UFC® JAPAN 2013 は日本および世界中で複数のUFC放送パートナーでライブ中継されます。北米では3月3日(日) FUEL TV で放映されます。

詳しい情報や最新ニュースは jp.ufc.com をご覧下さい。試合は変更の可能性があります。

Ultimate Fighting Championship®について

アクション満載の見逃せない大会で、世界各地の巨大アリーナやスタジアムを満員札止めにしてきたことで世界的に有名なUFC®は、世界トップの総合格闘技(MMA)団体です。所有・運営はZuffa, LLC、ラスベガス本社と、ロンドン・トロント・北京の現地オフィスから、UFCは年間30大会以上を開催し、世界最大のペイ・パー・ビューイベントプロバイダーとなっています。2012年、UFCはFOX Sports Media Group と画期的な7年間の放送契約を締結、一気にメインストリームの座にのぼりました。この契約により、FOXネットワークでの年間4回の大会生中継、FOX傘下のFXおよびFUEL TVでの大会中継と長時間の番組放映を行うこととなりました。もちろん、テレビ史上最長寿のスポーツリアリティショー、The Ultimate Fighter®もFXで放送されます。

FOX中継に加え、UFCの番組は世界145の国と地域で、ほぼ8 億世帯に向けて、30言語で放送されています。さらにUFCのコンテンツは、米国ではJoe Hand Promitions、 カナダ(英語版)ではPremium Sports Broadcasting Inc.、オーストラリアではMain Event 、ケベック(仏語版)ではInterboxによって、バーおよびレストラン向けに配信されております。UFCはまた、何百万ものファンと、自社ウェブサイトUFC.comや、ソーシャルメディアサイトFacebookおよびTwitterでつながっています。UFCのデイナ・ホワイト社長のTwitterフォロワー数は200万人、スポーツ業界で最もアクセスしやすく、最もフォローされている社長であるとされています。付帯事業としては、ベストセラーDVD、国際的に配給されている雑誌、世界中にライブ中継やビデオオンデマンドを提供しているUFC.TV、THQ社が配給するベストセラーテレビゲームUFC Undisputed®、現在EA社が開発中の新しいゲーム、UFC GYM®、UFC Fight Clubのアフィニティ・プログラム、UFC Fan Expo®、UFCブランドのアパレルやトレーディングカードがあります。

### 報道関係連絡先:

UFC Japan 広報室
Sunny Side Up Inc.: Yuya Saiki, Ryosuke Kato, Masato Kokubo
Email: Telephone: 03-6894-3201
Fax: 03-6894-3201

UFC
Ryo Ishibashi
Email: rishibashi@ufc.com

メディア

最新
UFC 172ではライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズが七度目の王座の防衛を狙う。またアンソニー・ジョンソンがオクタゴンに復帰。果たしてUFCライトヘビー級の勢力図はどのように書き換えられるのか...?日本時間4月27日に開催されるUFC 172(日本国内ではWOWOWがライブ中継を担当)を見逃すな!
2014/04/21
UFC 172が迫る中、UFCレポーターのミーガン・オリヴィがUFCレジェンドのチャック・リデルにインタビュー。ジ・アイスマンは自身のキャリアを振り返り、グローヴァー・テイシェイラとUFCライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズの一戦を予想。インタビューのノーカット映像はファイトパスでお楽しみ下さい!
2014/04/23
エリミネーション・ラウンドをフリーパスで通過したアイルランドのキャサル・ペンドレッドがすぐさまメキシコのヘクター・ウルビーナと対戦。米国時間水曜日10pm/7pm ETPTにFOX Sports 1でどちらのファイターが勝利するのかを見届けよう。
2014/04/22
Hector Urbina and coaches from Team Edgar watch film in preparation for his prelim fight with Cathal Pendred. Despite having only 17 seconds of Octagon footage to work with, coach Edgar helps Urbina work out the kinks.
2014/04/23