UFCシンガポール大会 試合後記者会見要約

UFC シンガポール:サフィジーヌ vs. リム大会でポストファイト・ボーナスは果たして誰の手に?
試合後記者会見ではUFCアジア方面マネージング・ディレクター、マーク・フィッシャーがそれぞれ5万ドルとなるポストファイト・ボーナスの行方をアナウンスした。

ラッセル・ドアンがサブミッション・オブ・ザ・ナイト、同級のマックス・ホロウェイがノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。また、5ラウンドの死闘となったメインイベントでのタレック・サフィジーヌリム・ヒョンギュの一戦がファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。なお、この試合はサフィジーヌが判定で勝利している。

会見にはホロウェイ、ドアンとともにシンガポール初のUFCファイター、ロイストン・ウィー、そして日本のMMAレジェンドの一人、川尻達也も出席した。ウィーと川尻は共にUFCデビュー戦で見事に勝利を納めている。メインイベンターのリムはコーナーマン達に支えられて会見の後半に姿を見せたものの、サフィジーヌは試合後のメディカル・チェックが終了しなかったため、会見には現れなかった。

無数のローキックを被弾し立ち上がることもままならなくなっていたリムは4ラウンド終了の時点でコーナーマンがタオルを投げることも考えた、と言うことを認めたが、メインイベントで試合を行えると言うのは素晴らしいチャンスだと考え、リムは試合をあきらめることが出来なかった。事実、最終ラウンド終盤の猛攻でリムはサフィジーヌをフィニッシュ寸前まで追い込んでみせた。

ちなみにボーナスを獲得したドアンは犬を買いたいと言う意向を明かした。

試合後会見のノーカット映像はこちらからどうぞ!

メディア

最新
大会終了後に行われる記者会見をライブ中継で楽しもう。
2015/02/23
ロンダ・ラウジーと挑戦者キャット・ジンガーノのメディアデイ後に行われた分割画面でのインタビューは緊迫感の漂う展開に...。その後のUFC 184項式軽量にはラケル・ペニントン、ホーリー・ホルム、そしてサルサを踊るジョシュ・コスチェック達が登場。
2015/02/27
日本時間2月28日土曜日午前7時からライトヘビー級ナンバーワン・コンテンダーのアンソニー“ランブル”ジョンソンをゲストに迎えて行われるUFC 184のQ&Aセッションをライブ中継を通じて楽しもう。
2015/02/27
山本"KID"徳郁が参戦するUFC 184:ラウジー vs. ジンガーノの公式計量に日本時間2月28日土曜日午前9時からライブ中継を通じて参加しよう!
2015/02/27