UFC、TVバンクとひかりTVとパートナーシップ契約を締結

あるてぃめっと・ファイティング・チャンピオンシップ® が日本のTVバンクとひかりTVとデジタルメディア・パートナーシップ契約を締結。
 
3人の日本人ファイターの獲得に続く新たなパートナーシップ契約の締結は日本でのUFCの存在感を増すこととなる。
日本、東京-世界のMMAをリードするジ・アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ®はその日本展開を加速させる二つの合意に関するアナウンスを行った。 アナウンスのあった合同記者会見は秋山成勲が主宰するクラウド道場で行われ、UFC®のシニア・エグゼクティブ、TVバンクおよびNTTぷららから関係者が出席した。デジタル・コンテンツの配信に関する合意は日本のMMAファン層にとって非常に広範囲なUFCコンテンツへのアクセスを可能にするものだ。 始めにUFC®の役員がTVバンクとの合意内容について発表を行い、この合意により主要携帯電話三社-NTT Docomo、KDDI AU、そしえSoftbank-の全てでUFCモバイルサイトがアクセスできるようになることが明かされた。TVバンクとの合意によりUFC®は着信音、壁紙、試合映像配信、そしてそれ以外にも日本のUFCファンのために製作されたエキサイティングなコンテンツを提供することとなる。 大半のニュースや特集は無料で提供され、一部のプレミアム・コンテンツは有料となる。このパートナーシップの締結により日本の主要デジタル・メディア・カンパニーであるSoftbankの関連会社であるTVバンクは日本におけるUFCオンライン・コンテンツの最大の配信元となることになる。 日本のUFCファンのための第二のアナウンスはUFC役員がNTTぷららによって運営されるインターネット・プロトコル・テレビジョン・ネットワーク(IPTV)であるひかりTVとの合意を公式に認めたことだ。このデジタル・ネットワークによりニア・ライブ中継やPRIDE®ライブラリーを含むクラシックライブラリーであるUFCアーカイブスへのアクセスが可能になる。ひかりTVは現在急速な会員の獲得に成功しており、現時点での日本国内での会員は130万人にものぼる。 ひかりTVでのUFC公式モバイルサイト、そしてUFC/PRIDEコンテンツ配信は2011年2月1日より開始される。 「本日は我々のメディア・プラットフォームを拡大し、日本のファンにこれまで以上にUFCコンテンツをお届けするためのとても重要な一歩を踏み出した日であります。」UFCエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼アジア・マネージング・ディレクターであるマーク・フィッシャーは語った。「我々はUFCを視聴したいと願う全てのファンに最高のアクセスを提供するとともに、同時に新たなファンを獲得してゆきたいと願っております。」 TV バンクの中川具隆社長とNTT ぷららの坂東浩二社長もこの合同記者会見の場でその第一歩について語った。 「UFCの知名度は世界中で日々向上しており、我々はそのUFCの日本における成長を助けることのできるパートナーの一員となることを喜ばしく思います。」TV バンクの中川社長は語った。「我々はソフトバンクの関連会社ではありますが、NTT docomo様やKDDI Au様といったほかのネットワークの方々ともお話をさせていただいております。我々の計画はコンテンツを独占することではなく、UFCのブランドネームとこのスポーツの日本での認知をより広めるものでございます。もちろん、海外で活躍する日本の選手達の試合を観戦する方法をファンの皆様に提供できることを大変喜ばしく思っております。我々の最終的な目標はUFCの日本上陸をどのような形であれお手伝いすることでございます。」 NTTぷららの坂東社長も同意した。 「UFCは世界中で人気を博しているスポーツで、我々はこの機会に興奮しております。」坂東社長は語った。「我々のスポーツ・プログラムの中にはすでに日本の野球と日本のサッカーがございますが、UFCのコンテンツは間違いなく私どものスポーツ・プログラムを充実させるものです。」 UFCの日本での存在感は3人のエキサイティングなファイター達がそのイベントに登場することでほんの数週間後にはますます増大することになる。絶大な人気を誇る山本”KID”徳郁は2月5日に行われる UFC 126®: シウバvs. ベウフォートでUFCデビューを飾り、そしてフェザー級の小見川道大は同日にUFC復帰を果たす。またミドル級の福田力はオーストラリアのシドニーで2月27日に行われる UFC® 127: ペン vs. フィッチからUFCに参戦する。 この三人が現在UFCミドル級で活躍する秋山成勲と岡見勇信に加わり、2011年はこの誇り高き日本の戦士達がオクタゴン™を彩ることとなる予定だ。 「日本の皆さんにとって今ほどUFCファンになるのに適しているときはありませんでした。」フィッシャーは語った。「WOWOWとのパートナーシップとともに、今回発表された二つの合意は我々のメディア・パートナーシップの拡大を継続させ、顧客の拡大を継続させます。更にUFCは最終的にはこの10年以来始めての日本でのUFCのライブ・イベントの開催に向けての勢いを明確に作り上げているのです。」 月曜に行われた記者会見でポーズをとる日本人UFCファイター達:写真左から、福田力、山本”KID”norifumi、秋山成勲、小見川道大、岡見勇信

メディア

最新
ジ・アルティメット・ファイター・ブラジル 3、第7話のオクタゴン・フォトギャラリー。
2014/04/19
UFC 172に登場する世界最高の4人のライトヘビー級ファイター達が同級の勢力図を巡って激突する。UFC 172へのカウントダウンでは同大会に参戦するファイター達に密着取材を敢行。圧倒的な強さでライトヘビー級に君臨する王者ジョン・ジョーンズはこれまでで最も危険な挑戦者、グローヴァー・テイシェイラとの一戦に備える。
2014/04/17
元Strikeforceミドル級王者のルーク・ロックホールドがボルティモアで開催されるUFC 172でティム“ザ・バーバリアン”ボーシュと対戦。ビッグイベントでの決戦を控えた両陣営の奥深くにカウントダウンが皆さんをご招待。
2014/04/17
レスリングのナショナル王者、フィル“Mr.ワンダフル”デイヴィスが適正階級に階級を変更しオクタゴンに復帰する連勝中のアンソニー・ジョンソンと対戦。日本時間4月27日に開催されるUFC 172で行われるデイヴィスとジョンソンの一戦を見逃すな。
2014/04/17