UFC Live 6 メインカード結果 - 次の相手は誰だ!?クルーズ、ジョンソンを相手に王座を防衛

UFC Live 6 メインカードの結果は以下の通り
10月1日、ワシントンD.C.-土曜部の夜にベライゾン・センターで行われたUFC Liveのメインイベントに登場した過去9戦を全勝している135ポンドのドミニク・クルーズは、熱戦ながらもほぼ完封という内容でデメトリオス・ジョンソンを下し、バンタム級の頂点のレベルの高さを見せ付けた。
試合後インタビューはこちら

「誰でも連れて来い!」2010年にブライアン・ボウルズジョセフ・ベナヴィデス、そしてスコット・ヨルゲンセンに勝利した後の7月にユライア・フェイバーにも勝利しているクルーズは語った。

判定は50-54が二名、1名が49-46でクルーズ。2度目のタイトル防衛に成功した。

「この試合に全力を注いできたしタフな試合だったよ。」クルーズは語った。「あいつはとんでもないペースで仕掛けてきた、だからいなさざるを得なかったよ。」

この勝利でクルーズは19勝1敗、ジョンソンは14勝2敗となった。

ストルーヴ vs. ベイリー

ステファン・ストルーヴパット・ベイリーの1フィートの身長差は試合に大きく作用したが、2ラウンドに試合を決めたのは身長差ではなくストルーヴのサブミッション・テクニックだった。
試合後インタビューはこちら

この勝利でストルーヴは26勝5敗、ベイリーは6勝4敗となった。

ジョンソン vs. ブレンネマン

5月の試合でダン・ハーディを相手にそのレスリング力を存分に見せつけた期待のファイター、アンソニー・ジョンソンは1ラウンドでチャーリー・ブレンネマンノックアウトで葬った。
試合後インタビューはこちら

「皆俺のダン・ハーディとの試合のことを話していた。だから前に出てガンガンやらなきゃいけない、って分かったんだ。」

この勝利でジョンソンは10勝3敗に戦績を伸ばし、ブレンネマンは14勝3敗となった。

ワイマン vs. ダンジグ

ライト級マット・ワイマンマック・ダンジグの今回の一戦は前回のように途中で中断されることは無く、ファンは15分間の濃密な攻防を存分に楽しんだ。互いにアクションを仕掛けあった、TUF卒業生同士のこの一戦をものにしたのはワイマン。僅差ながらも3-0での判定勝利を挙げた。
試合後インタビューはこちら

ジャッジの判定は3者ともに29-28で2010年には1ラウンド、ダンジグに物議をかもしたサブミッションで勝利しているワイマンを再び勝者にした。

この勝利でワイマンは14勝6敗、ダンジグは21勝9敗1分けとなった。


メディア

最新
UFC復帰を決めたニック・ディアスがUFC.comの独占インタビューに応じた。ニックがアンデウソン・シウバとのスーパーファイトの可能性、どのように格闘技にかかわる様になったのかなど、様々なことについて語る。
2014/07/28
アンソニー“ランブル”ジョンソンがUFCファイトナイト・サンノゼ大会で鮮烈な勝利を納める。試合後にジョー・ローガンのインタビューに答えるジョンソンの言葉を聞いてみよう。
2014/07/26
ライトヘビー級の有望ファイター、ライアン“ダース”ベイダーがUFC 144で対戦したランペイジ・ジャクソンをその動きとスピードで圧倒。ベイダーはUFCファイトナイト・バンゴー大会でオーヴィンス・サンプルーと対戦。
2014/07/28
元オリンピック・レスラーのサラ・マクマンのトレーニング・キャンプにアルティメット・インサイダーが潜入。日本時間8月17日に開催されるUFCファイトナイト・バンゴー大会のオクタゴンで行われるマクマンの次戦をお見逃し無く!
2014/07/27