UFC Live 6 プレリム結果 - ハルクの一撃・イーストン、KOで勝利

UFC Live 6 プレリミナリーファイトの結果は以下の通り
10月1日、ワシントンD.C.-土曜の夜にワシントンD.C.にあるベライゾンセンターで行なわれたUFC Liveのプレリミナリー・ファイトで、ワシントン在住のマイク”ザ・ハルク”イーストンは10年越しの悲願であるUFC参戦を果たし、2ラウンドにバイロン・ブラッドワースを粉砕、バンタム級でのデビュー戦をスピード感溢れる戦いぶりで制した。
試合後インタビューはこちら

力強い表情でオクタゴンに入ったイーストンは、豊富な運動量で動き続けたが、明確に優位な状態にはわずかに届かない、と言った状態ながらも地元の大声援に加えて2度の的確な打撃で1ラウンドは獲得したと思われた。

2ラウンドになるとさらに攻撃の圧力を強めながら、イーストンは数度のローキックをブラッドワースに叩き込んだ。ラウンド終盤が近づくと、両者は金網際で組みあい、強打を浴びることは比較的稀なこのエリアでイーストンは強烈な一連の右ヒザ蹴りを繰り出しあ。最初に頭部を、そして次にボディを襲ったこのヒザ蹴りでブラッドワースは傷つきキャンバスに崩れ落ちた。イーストンがこれにパウンドで追撃を加えたところでレフリーのケヴィン・モーホールが試合をストップ、時間は2ラウンド4分52秒であった。

イーストンはこの勝利で戦績を11勝1敗と伸ばし、ブラッドワースは6勝2敗となった。

エドワーズ vs. オリベイラ

ライト級のベテランファイター、イーヴス・エドワーズは6月にサム・スタウトを相手に喫した敗北から復活、2ラウンドにブラジルのハファエロ・オリベイラを多彩な打撃で下して勝利を手にした。
試合後インタビューはこちら

エドワーズはこれで41勝17敗1分け、オリベイラは14勝5敗となった。

サス vs. ジョンソン

無敗のリバプールのタップアウト・キング、ポール・サスはライト級の一戦で、TUFシーズン12のファイナリスト、マイケル・ジョンソンを1ラウンドにヒールホールドで下し、UFC戦績を2戦2勝と伸ばした。
試合後インタビューはこちら

サスはこのヒールホールドによる勝利でその無敗記録を12勝に伸ばした。

グラント vs. ローラー

カナダのTJ グラントシェーン・ローラーとのスタンド、グランドの入り乱れるどちらに転ぶか分からない好勝負を3ラウンドにアームばーで勝利、155ポンドへの階級変更を成功させたようだ。
試合後インタビューはこちら

「アームバーにはやられた。」この敗北で10勝5敗となったローラーは語った。「逃げようとしたんだけどガッチリ極まっていた。それでレフリーが止めたんだ。」

「ローラーは”アー!”って感じの声を出したのさ。レフリーは声を出してもいいけど、声を出したら試合を止めるぞ、って試合前に俺たちに説明していたんだ。」戦績を17勝5敗に伸ばしたグラントは語った。

ニアー vs. ワジンスキー

ウェルター級のベテランファイター、ジョシュ・ニアーは2ラウンドにキース・ワジンスキーをヒジで切り裂きUFCでの復帰戦を印象に残る勝利で飾った。
試合後インタビューはこちら

「ヒジはいつも練習してるのさ。」ジョシュ・ニアーはこれで32勝10敗1分け、ワジンスキーはこの敗北で28勝12敗1分けとなった。

ワトソン vs. サンドヴァル

バンタム級のニューカマー同士の一戦で、無敗のジョセフ・サンドヴァルを1ラウンドに打撃で下したワレル・ワトソンはUFCのファンに鮮烈な印象を残した。
試合後インタビューはこちら

この勝利でワトソンは9勝2敗、サンドヴァルは6勝1敗となった。

メディア

最新
【今週のラインナップ】 ■アイルランド出身、コナー・マグレガーの生い立ち ■アイスランドに育まれたグンナー・ネルソンの資質 ■故郷のベルギーを離れ闘う、タレック・サフィジーヌの決意 ■マイケル・ビスピンがイギリスの格闘技を語る
UFC 125のオクタゴンでフィル・バローニと対戦したブラッド・タヴァレスはその拳とヒザを自在に繰り出し見事な秒殺勝利を披露。UFCファイトナイト・バンゴー大会でティム・ボーシュと闘うタヴァレスの次戦をお見逃し無く!
2014/07/29
今週のMetroPCS ムーブ・オブ・ザ・ウィークではオーヴィンス・サンプルーがニキータ・クリロフの一瞬のミスを見逃さずに1ラウンドにサブミッション勝利へと繋げた一連のムーブに注目。
2014/07/30
UFCミニッツ創刊号へようこそ!ホストのリサ・フォイルスがUFCに関連するビッグな話題のいくつかをレビュー。さらに今後の話題のいくつかを先取りする。
2014/07/30