タフな相手イゲを倒して歓喜するアルセ

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 220:ダン・イゲ vs. フリオ・アルセ【アメリカ・マサチューセッツ州ボストン/2018年1月20日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 220:ダン・イゲ vs. フリオ・アルセ【アメリカ・マサチューセッツ州ボストン/2018年1月20日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間1月21日(日)、アメリカ・マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンを舞台にUFC 220が開催され、フェザー級のダン・イゲとフリオ・アルセが対戦した。

開始直後は少し距離を取って出方を見ていたが、アルセがミドルキックを放とうとしたところ、イゼが足を捕らえて組み付き、テイクダウンを狙っていく。ラウンド終盤にはアルセの右フックでイゲがダウンしかけるも何とか持ちこたえる。ただ、そのままケージ際に追い込んだアルセが連打でさらにイゲにダメージを与えた。

第2ラウンド序盤はアルセが積極的に前に出ようとしたものの、少し持ち直したイゲも有効打を得ている。イゼの打撃をかわしながらスキを突いて前に出るアルセに対し、イゼは足元から崩しにかかるが、アルセに打ち込まれてペースが落ちた。

最後の5分間はアルセが早々にコンビネーション技でフィニッシュを狙い、数発のパンチを食らわせるも、イゼが持ちこたえて応戦。アルセがボディに打ち込んで果敢に攻める一方で、イゼはテイクダウンのチャンスを狙ってタックルを仕掛けていくが、アルセがうまく退けてスタンディングでの打ち合いが続いた。顔面に打撃を浴びて流血も見られるイゼだが、時折スピード感のあるフックを繰り出して逆転の機会を待つ。それでも、アルセが要所でジャブをヒットさせるなど優勢を保ち、ユナニマス判定で勝利を収めた。

フェザー級マッチ 5分3ラウンド
●ダン・イゲ vs. フリオ・アルセ○
判定3-0(27-30、27-30、28-29)

フリオ・アルセ


「信じられない。コンテンダーシリーズ出身の2人がここで戦えるなんて。試合はタフだった。気持ちも興奮もすごかったから、とにかく落ち着く必要があったんだ。ダニー(イゲ)は本当に手強いヤツだからね。これ以上はないという出来だ。最高だった。今は戻って試合を見直して、それから判断する。この試合から成長したい。ファイターはたくさんいるから、次に用意してくれる相手は誰でもいい。とにかくうれしい。デビューできたし、初戦を勝利で終えられた。ここにいられるだけでワクワクする。コロンビアの家族に勝利を伝えたい」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY