TUFシーズン27のコーチ役にミオシッチとコーミエ、7月に対戦!

TUF UFC PPV
UFC 226:ミオシッチ vs. コーミエ
UFC 226:ミオシッチ vs. コーミエ
待望のジ・アルティメット・ファイター(TUF)シーズン27の放送が決まった。コーチ役にはUFCヘビー級王者スティペ・ミオシッチとUFCライトヘビー級王者ダニエル・コーミエが務める。アメリカ時間4月18日(水)にスタートするシーズン27が終わるタイミングには第7回UFCインターナショナル・ファイト・ウイークが幕を開け、日本時間7月8日(日)にラスベガスのT-Mobileアリーナを舞台に開催されるUFC 226でミオシッチとコーミエが激突することも決定している。

ジ・アルティメット・ファイター:アンディフィーテッド(全勝無敗)と題したシーズン27はライト級とフェザー級から負け知らずのファイターたちが集結。各トーナメントの勝者が6試合のUFC契約を勝ち取る。『FS1』で12週間に渡って毎週水曜日に放送されるTUFシーズン27のフィナーレの日程は近日中に発表予定。

コーチとなるミオシッチとコーミエの2人はいずれも先ごろ行われたUFC 220で王座防衛を果たしたばかりだ。

オハイオ州出身のミオシッチは通算18勝2敗の記録を誇り、驚異的なパワーを持つフランシス・ガヌーに判定ながら圧勝して前人未到のヘビー級王座3連続防衛を成し遂げた。かつてのNCAAディビジョンIのレスリングで活躍し、クリーブランド・ゴールデン・グローブのボクシング王者だったミオシッチは2015年以降、6連勝して負けなしだ。“地球上最強の男”を決めるガヌーとの一戦はフルラウンドを戦って判定に持ち込まれたが、それ以前はジュニオール・ドス・サントス、アリスター・オーフレイム、ファブリシオ・ヴェウドゥム、アンドレイ・アルロフスキー、マーク・ハントを相手に連続KO勝利を挙げている。

一方、カリフォルニア州サンノゼ出身のコーミエは通算20勝1敗1ノーコンテスト。元オリンピック選手のコーミエはUFC 220でノックアウトアーティストと称されるヴォルカン・オーズデミアをTKOに下してチャンピオンベルトを守った。過去にはアンソニー・ジョンソン、アレクサンダー・グスタフソンらを挑戦者に迎えて防衛したこともある。ミオシッチ戦は2013年にロイ・ネルソンを打ち負かして以来となるヘビー級マッチだ。UFC参戦前のコーミエはStrikeforceヘビー級グランプリ決勝でジョシュ・バーネットを撃破している。次戦、コーミエはジョルジュ・サン・ピエール、コナー・マクレガー、B.J.ペン、ランディ・クートゥアに続く2階級制覇を目指す。

TUFシーズン27の参加選手は以下の通り(氏名、プロ戦績、年齢、出身地)。

【ライト級】
◆タイランド・クラーク|7勝0敗|28歳|テキサス州フォートワース
◆ジョー・ジャンネッティ|6勝0敗|22歳|マサチューセッツ州ノーウェル
◆ジョン・ガンサー|6勝0敗|32歳|オハイオ州クリーブランド
◆ホセ・マルティネスJr.|4勝0敗|27歳|オハイオ州ロレイン
◆ルイス・ペーニャ|4勝0敗|24歳|イタリア・ナポリ生まれ
◆リッチー・スマレン|3勝0敗1分|26歳|アイルランド・アークロー
◆マイク・トリザーノ|6勝0敗|25歳|ニュージャージー州ラムジー
◆アラン・スニガ|13勝0敗|25歳|コスタリカ・サンミゲル

【フェザー級】
◆ジェイ・クッチニエッロ|8勝0敗|31歳|スペイン・マラガ(アイルランド・ダブリン生まれ)
◆タイラー・ダイアモンド|9勝0敗|26歳|カリフォルニア州オーロビル
◆ブラッド・カトーナ|6勝0敗|25歳|アイルランド・ダブリン(カナダ・ウィニペグ生まれ)
◆ブライス・ミッチェル|9勝0敗|23歳|アーカンソー州キャボット
◆スーマン・モクタリアン|8勝0敗|25歳|オーストラリア・シドニー
◆ドゥラニ・ペリー|4勝0敗|31歳|テキサス州ヒューストン
◆カイラー・フィリップス|5勝0敗|22歳|アリゾナ州サプライズ
◆リッキー・スティール|5勝0敗|29歳|アイダホ州ボイシ
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY