【注目株】UFC 230:アダム・ウィチョレク

UFC PPV
UFCファイトナイト・アリゾナ:アルジャン・シン・ブラー vs. アダム・ウィチョレク【アメリカ・アリゾナ州グレンデール/2018年4月14日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・アリゾナ:アルジャン・シン・ブラー vs. アダム・ウィチョレク【アメリカ・アリゾナ州グレンデール/2018年4月14日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
オクタゴンで2勝目、そして他の舞台を含めて9連勝を決めたとき、しかもそれがオモプラッタによるわずか2人目のフィニッシュだったとすれば、自然とそのファイターには注目が集まり、ヘビー級で見るべき選手であるとの評価がなされるだろう。

4月に珍しいショルダーロックによってアルジャ・シン・ブラーからタップを奪ったウィチョレクは、その前戦にあたるデビュー戦でアンソニー・ハミルトンからユナニマス判定での勝利を挙げていた。ウィチョレクが敗北を喫したのはプロ2戦目のみであり、そのときの対戦相手はUFCでトップ10に入るマルチン・ティブラだ。ブラーが先日行われたUFCファイトナイト・モンクトンで白星を手にしたことからさらに株を上げたウィチョレクは、今週末にマディソン・スクエア・ガーデンでマルコス・ホジェリオ・デ・リマと相まみえる。“ペザン”ことホジェリオ・デ・リマを相手に3勝目を決めることができれば、2019年を迎えるにあたってウィチョレクがトップクラスの才能とみなされることは間違いない。

他の多くの階級よりヘビー級の方が頭角を現しやすいとはよく言われるが、これから数年で存在感を示していくポテンシャルを持つウィチョレクが今週末の試合に勝てば、今年タイ・トゥイバサが通ったのと同じ道筋をたどることも可能だろう。

トゥイバサがオクタゴン3戦目で果たしたほどのステップアップはまだだが、ウィチョレクは来年に向けてより良い位置につけるべく、ショートノーティスでベテランのライバルに挑む。
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY