UFCファイトナイト・チェコ:サントスがブラホビッチをKO!

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・チェコ:ヤン・ブラホビッチ vs. チアゴ・サントス【チェコ・プラハ/2019年2月23日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・チェコ:ヤン・ブラホビッチ vs. チアゴ・サントス【チェコ・プラハ/2019年2月23日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2月24日(日)、チェコ・プラハにあるO2アリーナでUFCファイトナイト・チェコが開催され、メインイベントでライトヘビー級3試合目に挑んだチアゴ・サントスがランキング4位につけるヤン・ブラホビッチをノックアウトし、階級転向後に躍進を続けるサントスが2019年のタイトル挑戦者になる可能性が見えてきた。

試合序盤は要所でジャブを決めるブラホビッチが有効打を多く稼いでいたが、対するサントスもケリで応酬しながらワンツーを放っていく。第1ラウンド残り1分を切ってブラホビッチがテイクダウンを狙うも、サントスが退けている。

第2ラウンドもブラホビッチの方がプレッシャーをかけている様子で、相手の打撃をうまくかわしながら自らの拳を当てていった。サントスも攻めの姿勢を貫くが、大きく外すシーンも多く、思うような攻撃を組み立てられていない。

しかしながら、次のラウンドが始まってすぐ、ブラホビッチが前進しながら打撃を繰り出したところ、サントスが下がりながらも放った強力なパンチがクリーンヒットし、ブラホビッチが膝から崩れ落ちる。追撃のパウンドを浴びせるサントスに対し、ブラホビッチが防戦一方となったところでレフェリーが試合を止めた。

ライトヘビー級ランキング6位につけるサントスは今回の勝利を経て通算21勝6敗となり、オクタゴンで11回目のKO勝利はUFC史上2位タイだ。黒星を喫したブラホビッチは23勝8敗。

3月初旬に開催されるUFC 235のメインイベントではライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズとアンソニー・スミスが王座を争うことになっており、サントスは試合後のインタビューで「アンソニー・スミスが来るなら、また打ち負かしてやる。ジョン・ジョーンズが来るなら、そっちも俺が撃破する」とコメントした。

ライトヘビー級マッチ 5分5ラウンド
ヤン・ブラホビッチ vs. チアゴ・サントス
3ラウンド(0分39秒)TKO


チアゴ・サントス

「ありがとう、プラハ! 新しい経験を積みながら成長し続けていく。前回の試合は思い切りいくだけだったけど、今日はもう少し気楽に、経験を生かして戦わないといけなかった。細かいところを研究してきたんだ。最高のチームがついていてくれるからね。最高のチームがいると、ほしい結果を手に入れられる。次のタイトル挑戦者はファンが決める。アンソニー・スミスとジョン・ジョーンズの対戦を見にラスベガスに行くんだ。アンソニー・スミスが来るなら、また打ち負かしてやる。ジョン・ジョーンズが来るなら、そっちも俺が撃破する」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY