UFCファイトナイト・ロシア:モダフェリがアントニーナ・シェフチェンコに判定勝ち!

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ロシア:ロクサン・モダフェリ vs. アントニーナ・シェフチェンコ【ロシア・サンクトペテルブルグ/2019年4月20日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ロシア:ロクサン・モダフェリ vs. アントニーナ・シェフチェンコ【ロシア・サンクトペテルブルグ/2019年4月20日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
現地時間2019年4月20日(土)、ロシア・サンクトペテルブルグのユビレイニ・スポーツ・コンプレックスを舞台にUFCファイトナイト・ロシアが開催され、セミメインイベントのライト級マッチはイスラム・マカチェフがアルマン・ツァルキヤンに判定勝ちした。

また、女子フライ級ランキング7位のロクサン・モダフェリは現女子フライ級王者ワレンチナ・シェフチェンコの姉アントニーナと対戦し、3ラウンドを戦ってスプリット判定ながら勝利を手に入れている。

なお、ライトヘビー級マッチとして予定されていたイヴァン・シュトルコフとデビン・クラークの一戦は、シュトルコフの体調不良によりカードから除外され、中止となった。


【セミメインイベント】
ライト級マッチ 5分3ラウンド
○イスラム・マカチェフ vs. アルマン・ツァルキヤン●
判定3-0(30-27、30-27、29-28)


イスラム・マカチェフ

「ものすごい応援してもらえたからロシアで戦えてうれしかった。特に試合中、観客のみんなが自分の名前を呼ぶ声が聞こえて、あれは忘れられない。今回の相手はまったく驚きがなかった。特に何もなし。でも、力を発揮しきれなかった。トップ15にいる人で、ランク落ちを怖がっているヤツがいたら、そいつと戦いたい。ランカーたちはその中で戦い合っているから、負けようがランク落ちすることがない。俺はそういうヤツラに対してビビるなと思うし、トップ15にいない相手とも戦えと主張している」


【メインカード】
ヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○セルゲイ・パブロビッチ vs. マルセロ・ゴルム●
1ラウンド(1分06秒)KO


セルゲイ・パブロビッチ

「もちろん、今はとてもうれしい。地元でみんながいい試合をしているしね。サンクトペテルブルグでMMAの試合に臨むのは今回が3回目で3勝目。昨年、モスクワでの敗戦についてはこれで終わりになっていることを願う。(初黒星を喫した)オーフレイム戦の後、うまくやってこられたし、トレーニングセッションを変更した。俺はただのファイターで、戦って勝つことしかできない。俺の勝利やそれ以外のことで活躍したと主張するのが俺の仕事じゃない。それはジャーナリストに任せるよ。今はとにかくリラックスして、何も考えたくない」


女子フライ級マッチ 5分3ラウンド
○ロクサン・モダフェリ vs. アントニーナ・シェフチェンコ●
判定2-1(29-28、28-29、29-28)


ロクサン・モダフェリ

「試合はコーチが言っていた通りになったので、コーチのゲームプランにしたがいました。アントニーナがかなりすごいと言われていたことは知っているけど、それはチャンピオンになった彼女の妹の存在が大きいと思う。対戦相手としてアントニーナを見た時、妹ほど心配はないと思いました。妹とはいずれ戦いたいですね。自分自身を誇りに思うし、今回のキャンプはサウスポーを想定してトレーニングをしたので特別なものになりました。いつもソーシャルメディアで対戦相手を指名しても、その人とやれないんです。なので、サイボーグと言ったのは冗談ですよ。実現しないと思ったから彼女を挙げたんです。マッチメーカーが組んでくれる相手となら誰とでも戦う。誰かの悪口を言えと言われればそうする。テキストを送ってくれれば、お気に入りのスーパーヒーローの格好にドレスアップして行きます」


ミドル級マッチ 5分3ラウンド
○クリストフ・ヨトゥコ vs. アレン・アメドフスキー●
判定3-0(30-25、30-26、30-26)


クリストフ・ヨトゥコ

「キャリアの中で何度もものすごく厳しい時期があった。ケガも多いし、不調もあった。3連敗もした。本当にきつかった。今年のはじめ、ハードトレーニングをスタートしたんだ。キャンプではいろんなことを変えて、メンタルコーチとも取り組んでいる。数カ月、タイに行ってアメリカン・トップ・チームにも行った。今回は勝って自分の戦略をやり遂げるために来た。試合に全力を投じて勝てたからうれしい。時に、一歩前に進むために二歩下がる必要がある。とにかく自分のことに集中した。これが俺の人生だし、自分がやりたいと思っていること。UFCにいるためにすべてをかけている。ベストな人たちとトレーニングするためにアメリカに引っ越しもした。ずっとUFCにいたいと思っている」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY