UFC 246:ホルムがユナニマス判定でペニントンを下す

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 246:ホリー・ホルム vs. ラケル・ペニントン【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2020年1月18日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 246:ホリー・ホルム vs. ラケル・ペニントン【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2020年1月18日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間1月19日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナを舞台にUFC 246が開催され、セミメインイベントで対戦したホリー・ホルムとラケル・ペニントンの女子バンタム級マッチはフルラウンドにもつれ込むも、終始、試合をコントロールしたホルムがユナニマス判定で白星を手に入れている。

【セミメインイベント】
女子バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○ホリー・ホルム vs. ラケル・ペニントン●
判定3-0(29-28、30-27、30-27)


ホリー・ホルム

「勝利を決められて本当に良い気分。常にもっと多くを求めているし、完璧を求めている。もっともっとやれるって分かっているから。勝ててうれしいし、1年をこの形でスタートできて本当に満足している。彼女はどこをとっても根性が座っているし、経験もたくさん積んでいて、どれを武器にしても戦えるから、最初の試合はあまり見たくなかった。もっとはっきり圧倒したかったのは間違いないし、それができたと思っている。支配できた気がしているけど、十分にダメージを与えられなかったから、そこをやっていきたい。ダメージを与えること。言い訳は好きじゃない。今回のキャンプはいろんなことがあった。でも、コーチが本当に素晴らしくて、私がやるときはいつも一緒に取り組んでくれた。だから結果を残せたと思っている。私の周りには心から支えてくれる人がたくさんいる。それに、みんなそれぞれ人生にはいろんなことがあるでしょ。今回はすごかった。自分ではどうしようもないこと。もう一度、タイトルに挑戦するためにはまだまだ自分の力を見せないといけない。常に大きなノックアウトを狙っているけど、まだ格闘家として学び、成長しているところだから、どこにどうつながっていくかはそのうち分かることよ」


【メインカード】
ヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○アレクセイ・オレイニク vs. モーリス・グリーン●
2ラウンド(4分38秒)サブミッション(アームバー)


アレクセイ・オレイニク

「2試合に負けていたから、今回の勝利は本当にうれしい。たとえ、本当に良いヤツが相手だったとしてもね。自分のメンタル的にも今回は勝利が必要だった。記録としてはさほどたいしたことはなかったかもしれないけどね。たぶん、向こうは俺のプランを分かっていたんじゃないかな。俺がレスリングを仕掛けるのを分かっていたみたいだし、かなりしっかりとディフェンスに備えていた。相手の守りを突破しないといけないのは分かっていたし、柔術のスキルを生かして一本を取りにいく必要があった。今回の勝利で自信を取り戻すことがメインだった。ランキングはそれほど関係ない。とにかく勝利が必要だった。本当に良い気分だし、パワフルだし、もう一度、自分を信じられる。休んでまた健康になったら、すぐにでも次の試合がしたい」


バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○ブライアン・ケレハー vs. オデー・オズボーン●
1ラウンド(2分49秒)サブミッション(ギロチンチョーク)


ブライアン・ケレハー

「勝利街道に戻れて最高の気分だ。俺の肩には相当のプレッシャーがのしかかっていたけど、それを気にせず、とにかく試合に集中した自分を誇りに思う。自分でも、それしか俺にできることはないと思っていたし、今日、結果を残さないといけないのも分かっていた。金曜日に、メインカードに昇格すると言われたけど、臆さず、何があろうとも、とにかく試合に出て集中するんだと言い聞かせた。遅い時間に戦えて満足だ。水分補給の時間が増えたし、俺にとってはいいことしかなかった。どんな勝利だってうれしい。特に、俺の立場になるとな。でも、向こうはかなり売出しをかけられていて、コンテンダーシリーズから大きな期待を背負っていた。ケレハーのポジションは、とか言われて、まだここにいるべきなのか、とか、そういうふうに見られていんただろうから、自分がここでやれるってことを見せないといけなかった。4月18日、ブルックリンで次の試合ができれば最高だ。そうなるよう願っている。3カ月あるから完璧なスパンだろう。トップ15への返り咲きを狙っている。そのためにベストを尽くす」


ライト級マッチ 5分3ラウンド
●アンソニー・ペティス vs. ディエゴ・フェレイラ○
2ラウンド(1分46秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)


ディエゴ・フェレイラ

「最高だよ、肩の荷が下りた。これでようやく誕生日を楽しめるよ。35歳になるんだ。家族やチームと楽しく過ごす。今週はおもしろかったし、楽しめた。こういう、メディアとかいろんなことが自分にとってはまだ新しい。英語の練習になるし、たくさんの人たちに会えるから、メディアと話すのは好きだよ。だから楽しい。俺の夢はランキングに入ることだから、これでアンソニーのスポットをいただけるはずだし、トップ10に近づける。トップ5に入りたい。まだタイトルのことは気にしていないけど、トップ5入りしたいんだ。今は自分のことに集中したいし、テキサスに戻れば自分のジムがある。2人か3人ほどUFCにファイターを送り込みたい。UFCが次の対戦相手を連絡してきたら、喜んで受けるつもりだ」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY